ゼータ・トーク チャット Q&A 2011年2月26日

 シフトの準備で、私の家族と私は、オンタリオ州東部からオンタリオ州北部へ、まもなく移転する計画を立てています。 私が尋ねたい質問は、検索を使って答えを見つけることができなかった、カナダ軍に関する事です。
 私の妻は、幼い子供の頃から、シフト後に捕虜となるという夢やずっと続くであろう強力な軍の存在についての多くの他の夢を見ます。 ゼータ達は、カナダ軍が自国の住民をどのように扱うのか、コメントできますか?
  米国がどんな事でもするであろうと、私は充分理解していますが、カナダが捕虜か国境を越えてきた人々と同様に残酷であるか、確信がありません。 更に、戒厳令の影響、もしくは軍の野営地を避けるために、私達が避けておくべきオンタリオ州北部の都市か地域がありますか?

 世界中の軍の部隊の場合と同様に、ポール・シフトの間とシフト後に彼等は結束しないでしょう。 チュニジアと、エジプトとリビアでの反乱の間に示されているように―軍は、最高の地位を占める支配集団の側ではなく、民衆の側を指示する傾向があります。 徴集兵、徴募兵で軍が構成されてようと、志願兵の軍であろうと、これは同じであると証明されるでしょう。 兵士達は、エリート達ではなく、軍隊内の彼等の地位や、彼等の上官達からの命令機構の中で度々無頓着に扱われるので、莫大な富も権力も決して与えられません。 国民への攻撃命令は無視され、そのような命令が与えられると、結果として公然の反乱が起こることがあります。 従って、上層部の命令や推定上、軍の支配権を有する政治機構によって立てられた計画にも拘らず、軍の最高指令レベルは、そのような策略を試みるのに気が進まないでしょう。

 大抵の軍の部隊は、★地球の変化が深刻になる時に、兵士達が自宅へ戻るのに★無断離隊するので、大幅に削減されるでしょう。 残っている者達の内、彼等をシフト後の王達となるようにさせるかもしれない兵器を所有することを欲する者達の間で、序列があるでしょう。 私達が詳述しているように、悪意者に傾いている人々の間で、序列闘争が、関わりあった部隊の間に、結果として大量死を齎します。
  そうしている間に、善良なサバイバル・グループは組織化し、略奪者達に対する防御を固める時間があるでしょう。 戒厳令や市民を収容する収容所やそのような物の計画についての噂を広めている人々は、この全てを考慮に入れていません。 彼等は、実際に存在しない、軍内部の協力を想定しています!

 フィリピン海プレートと、サンダランド-ユーラシアの縁水域の合流地点は、結果としてフィリピン群島を構成する異なった特徴を生じました。 これらは、マグマの円弧、潜り込み現象地帯、衝突地帯及び辺境の盆地を含みます。
 地震の分布と火山活動を基にして、フィリピン群島は、地震の活動的なフィリピン変動帯と非地震性のパラワン微小大陸塊に分割されます。 フィリピンは、フィリピン海プレートが斜めにも潜り込んでいる、西方へ下がる東ルソン舟状海盆―フィリピン海溝によって東で跳ね返っています。
 NUVEL-1の測定値は、ルソンの北東地域で、フィリピン海プレートが1年間に凡そ7cmの割合で北西に移動していることを示しています。 然し、ミンダナオの南東では、プレートの動きが1年間に9センチメートルまで増加しています。 折り重なりが始まった時に、フィリピン諸島の下たのフィリピン海プレートのプレート移動の予期された割合を、私達は、ゼータ達に尋ねることができますか?

 問題は、どのようにフィリピン諸島内部の活断層が、あちらこちらの方向に少しずつ動くかではなく、起ころうとしている大規模なプレート移動の間、★島全体の構造に何が起こるかです。 家自体がM9の地震に遭遇したために、完全に倒壊しようとしている時に、どのようにしたらあなたの食器棚の皿の山が免れるだろうか、コップがスープ皿の上でぐらつくかどうか、あなたは尋ねているのです!
 心理的に、これは、より大規模な状況が圧倒している際に、状況への僅かばかりの制御を有する試みです。 地球が自転を停止しようという時に、まるでこれが母親にとり、唯一の懸念であり、カレンダーの日付を合わせることが最重要の事であるかのように、近付いている誕生パーティーの為に、母親が誕生日のケーキを焼く状態を、私達は描写しました。

 フィリピン諸島は、インドネシアを保持しているユーラシア・プレートの舌状部分に乗っています。 ★★東から押し潰され、同時に押し下げられ易いような状態です。 舌状部分の沈下の間に気付かれているように、★沈下は均一ではない。 プレートの先がアコーディオンのように折り重なっており、それである部分が沈下し、他の部分が上昇し、全てが捻じ曲げられ、粉砕されています
 フィリピン諸島のどの島が、どのような状況で、起こる複雑な活動によって、影響されるのか、正確に予測することは、私達にとってさえ不可能ではありません。
 フィリピン・プレートは、東から、それらの下へ突っ込まれています。 東からの圧力があり、それで諸島が捻じ曲げられ、突然、弱い地点が上昇するか落下して、混乱を引き起こします。 そしてそうしている間に、舌状部分がスマトラとジャワの湾曲部に滑り込むので、★諸島は、引き摺り下ろされています。

 私は、あなたの地図を使って、このシフト後の地球の3Dバージョンを作りました。 私を最も打ちのめした事は、「アフリカがシフト後に最もラッキーな大陸であるように見える」、ということでした。
 今日、何よりも最も不運な大陸であるのが皮肉です。 今日アフリカの人々は、自給自足してなければならないので、将来の為に最良の準備をしているように思えます。 政治的な反乱と上昇する海水/氷解する両極を回避するアフリカの幸運に関して、最も輝かしい日々がアフリカの将来にあるように思えるのですが? シフトを生き延びるそれらのアフリカの人々にとり、生活は、シフト後により良くなるのでしょうか? 又は、これは単純な考えですか? 私は、アフリカの大部分の人々にとり、最悪の状態にもなる生活を想像できません。
ビデオ:
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6NQHN5kPujo

 アフリカは、波の上になるでしょう、そして充分に余裕がない場合人々の、ポール・シフト後に★★移住の標的となるような状態でしょう。 アフリカではシフト後の生活に関して賛成者と反対者がいます。 今日、土地から生きていく全てのチャンスを旱魃が破壊しているそれらの国々を除いて、人口の大部分は、自給自足しています。
 「ポール・シフト後の最初の数年間に予想される、殆ど絶え間ない霧雨にも拘らず、アフリカの砂漠は、残るでしょう」と、私達は言及します。
 霧雨が砂漠での農耕を可能にしない地域で、沼沢地から発生して疫病となるエボラ・タイプのウイルスの蔓延を促進するでしょう。 アフリカには、同様に、大きなウイルスの感染源があり、憂鬱と衝撃のために地球のあらゆる場所に生じるように、それにより免疫機構が低下する際に、むしろより急速に死亡するAIDS感染者達がいます。 今日性行為を通して蔓延するウイルスについての注意の不足があるなら、★強姦がありふれた状態になるシフト後にとるべき予防手段さえより少ないでしょう。

 南アフリカのような、沿岸に沿った技術的発展の程度のそれらの国々は、ポール・シフトが近付くと、非常に人気が出ることを知るでしょう。 南アフリカは、特に、南米とアフリカの先端の間に★出現する新大陸の定住の為の出発場所と見られるでしょう。 その大陸は、おまけであり、移住は、結局、厳しく制限されるでしょう。 アフリカは、インドやアジアからの人々が自由に仕事をして移動する大陸になり、★自国の沈下する土地という現実が明らかになると、これらの地域からの莫大な数の移住者達で溢れるでしょう。 アフリカがこれらの移住者達を支援することができる程度に、これは、全てが有益になります。

2011年2月23日、モスクワ。 このビデオは、上空に見える物体の出現です。 ある瞬間(ビデオの1:50)に明るい光がぱっと輝きます。 二日前(2月21日に)、モスクワの他の住民がまさに同じ物体を描写しました。 金星よりも遥かに明るく、飛行機にしては明る過ぎます。 UFOですか? ゼータ達は、何か話すことができますか? ビデオ: http://www.youtube.com/watch?v=edcjJb16BWE&feature=player_embedded

 交替しているかのように、右から左へそして又後ろへと瞬いているこの三対の色のついた光は、観察している人々に、★テレパシーのメッセージを伝えている、人口過密地域の上空でのそのようなUFOの示威飛行の間、常道です。 これは、モスクワが受け取った最初のUFOの警告ではありません。 光は、右側のオレンジ色の光がより目だって傑出しており、均等に釣り合いを取られていません。
 モスクワは、私達が述べているように、ポール・シフトの間、★多くの方向から急襲されるでしょう。 黒海とカスピ海の流出地点から逆流する川の上流にあります。 モスクワの周辺地域は、シフト後に浸水し、モスクワの周囲の広大な海に取り残され、川の上流に長くうろつき過ぎた居住者達を閉じ込めるでしょう。 ★これらが、下方の人々に伝えられている警告です。

 ゼータ達は、この物体が何であるか言うことができますか? ミチオが暴露する時はいつでも、常に隠蔽工作に関連があるものですが、今回は誰にも分かりません。 これは、ニビルに関連するのですか? 人間の科学者達は、いつものように“無知”です。
 ビデオ:
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=B9HOme1TCUg

   [別の方から] これは、1年前に出現し、ナンシーのニュースレターで特集されました! http://www.zetatalk.com/newsletr/issue172.htm

   [更に別の方から] NASA、謎の宇宙の砕片を発見。 [2月3日] http://www.huffingtonpost.com/2010/02/03/asteroid-collision-sugges_n_446179.html 天文学者達が信じていることが正しいなら、NASAのハッブル天体望遠鏡の広角カメラ3は、2つの小惑星が地球から9千マイル離れた星域で互いに激しくぶつかった時に、偶然、正確に方向を合わせていました。
 科学者達は、科学者達が小惑星の衝突の平均速度であると信じている、時速11000マイル以上の速度で衝突が起こったと推測しています。 P/2010A2と名付けられた、唯一の小惑星は、衝突に耐えて、X-型破片のまさに範囲外で発光する画像に見られます。他の小惑星が完全に崩壊したと想定されています。 天文学者達は、これらのタイプの衝突がありふれたことだと、長い間、想定していましたが、今まで決して直接に記録されたことがありません。 独特のX型が、陽光の圧力によって尾の組成の中に掃き寄せられている破片によって作られていた間、X型崩壊パターンの接合点は、衝突が起こった位置を記すと考えられています。

この正確な画像は、1年前の2010年2月3日に世界に発表されました。 何故、今、“新しい”物として、発表されているのでしょう。 私達が当時説明したように、これは、SOHOとステレオ画像に出現していた惑星Xの多くの月の渦巻き旋回について早急に寄せ集められ回答でした。 ★説明は、小惑星が衝突して、一時的な塵の雲を生じているということでした。 今、私達が最近仄めかした、上空の徴候の予測において、彼等は、このハッブルの画像を物置から引き出してきて、偽情報の新たなキャンペーンの為に粉飾しています。 あなたが気付いたように、NASAの欠損と偽情報のキャンペーンは、摘発へと導いています。

 南米が回転する時に、パナマとコスタリカの圧搾は、回転の1時間かその位の間、中米を通して上方へ連続的な移動をするのでしょうか? 又は、初期の打撃と回転の後に、一つの大きな最初の強打があり、崩壊し続けているようなのでしょうか?

 南米の回転は、既に起こっている予備的な移動から明らかであるように、始まりから終わりまで、★瞬く間に起こらないでしょう。 北アンデスの断層線の地域は、★造山運動に遭遇しています。 コロンビア沿岸の沖合のカリブ・プレートは、2010年に沈下を記録しました、そしてパナマは、予備的な沈下の為に浸水して、それどころか、恐らく雨のために、125年の歴史で初めて安全装置を閉じなければなりませんでした。
 これがその推移と時期を合わせて進行するだろう点で、人はゆっくりとした速度を想定すべきではありません! アンデスに沿ったM8や9の地震によるトラウマは、絶えず、突然に襲ってくるでしょう、そして中米の粉砕は、同様に、心を苦しめるようになり、そして突然に特定の所在位置を襲うでしょう。 2つの山脈が共に密接に移動する時に、★渓谷に住む人々にとり、これは、身の毛のよだつトラウマ以外の何ものでもありえません。 同様に沈下に関して、それによって数百フィートの海抜を失う為にそれらの島々にとり、住民達が幸運であるなら、少しの警告もなく、住民達をボートに乗せることができます。

 コロラド州デンバーのローカル・ニュースで、昨夜、DIA(デンバー国際空港)で、飛行機が空港に向かって飛来し、着陸態勢に入る際に、「過去5年間の全てを合わせたよりも、多くのニアミスが昨年起こった」と、彼等は言いました。 「これが航空交通管制塔の先任職員の多くが退職していたという事実の為であった」と、 彼等は主張しました。
 現在其処で働く人々は、働く為に実際の管制塔来る前に、通常より長期間の訓練を受けたアカデミーよりも寧ろ、彼等は、実際の管制塔での“実地訓練”をより多く行っているので、通常“アカデミー”出身である人々よりも、遥かに少ない経験しかありません。
  彼等は、飛行機が空港に接近する際に、他の飛行機にぶつかることに関して、飛行機に誤った指示を与え、危険な状態に飛行機を配置する為に、これらの新参の管制塔職員を非難しています。 彼等は、天候等に関するDIAでの大気の状況が、時折、実際に何が起こっているのかを知るのを難しくしていると言っており、彼等には、現役か、退職してしまった管制官達が持っていた広範囲に亘る経験がありません。
 彼等は又、これがまだ退職する管制官達のピークではないので、恐らく悪化していくだろうと警告しました。
 私の質問は: これは、これらのニアミスの全てが起こっている理由が現実に存在するのか。 又は、これは、地球のぐらつきとコンピューターと/又はオートパイロットのコンパスと通常のコンパスの方向が、暫くの間逸脱していたことの結果なのですか。
   惑星Xが私達の地球のマグマを強く引き、その後、撥ね戻る際に、磁気の両極のつかの間の(又はどのような)変動に対しても充分早く訂正することができていない、飛行機のオートパイロットに関係があるのですか?
 その上、上記の幾つかが、飛行機と上空を安全に飛行する飛行機の能力に影響するのなら―実際に飛行するのに安全ではなくなる時について、何らかの情報を、あなた方は与えることができますか?
 更に、1日の特定の時間の着陸を避けて、この問題等を軽減する助けとなるだろう、パイロットが従うことができるか航空交通管制官達が従うことができる処置があるのですか、又はこの問題の役に立つ、彼等が従うことができる他の処置があるのですか?

 問題は、新しい管制官達の経験不足ではなく、彼等が安全の為に必要とされる“新しい”規則を理解するよりも、寧ろ手順に従って杓子定規にやっているためです。 書面にされているのではなく、昔気質の者達によって認められていた事実、★★コンパスは、もはや信頼できないです。 彼等が事実であると知っている事を伝える機会がないのなら、それで訓練を受けている者達は、躊躇します。

 1996年ZT: “私達が公表したように、南米での戦闘は、既に勝利し、アフリカは、悪意者の支配力から離れていっています。” 北アフリカでの最近の反乱後、今、上記のゼータ達の予測が明確に真実になっていっているのですか? 今、アフリカは、強固に善意者STOの支配下になっているのですか?

 [別の方から] http://edition.cnn.com/africa/ リビア、ベンガジ(ロイター)―2011年2月24日。 リビア人達は、ムアンマル・ガダフィの支配から国の東部の解放を祝い、ガダフィは、反乱を鎮圧すると断言し、水曜日に首都トリポリで支配力を行使しようとしていました。

1994年と1996年の事実から見ると、アフリカ大陸では善意者が勝利しましたが、これがまだ実情ではなかったと、★私達は最近認めました。
 南米とアフリカ量大陸の莫大な数のスパークされていない魂達のために(地球の他の地域では、★6人に1人が転生しているかスパークされた魂によって転生されていると考えることができるので)、戦闘は、転生している魂達の間での表決よりも、外部からの影響で展開しました。
 政府の要職に就いている人々が、独裁的で残酷で、自分達自身のために富を蓄積し、国民を飢えさせて残酷に扱っている場合、それによって、その国家への影響全体が悪意者であり、スパークされていない魂達を有するそれらの人間達は、政府の例に従うように強く影響され得るでしょう。
   然し、要職に就く者達か、国内の人々の間の相互作用とやり取りについての国民のイメージ全体が善意者の例を描いている場合、これは、そのような指向性の戦闘のどのような間でも、他の方向に国を傾けます。

 アルジェリアからエジプトへ、そして更に他の国々へ、北アフリカの国々全域に亘る抗議集会の始り。 「これが、スパークされていない、それ故に魂にとり、事実上、空虚な入れ物である、それらの人間の肉体に★ウォークインしている星の子供達の大部分よっている」と、私達は言及しました。
 突然、恐らく方向性も目的も感じていない若者である人間が、民主主義的な信念と非暴力的な手段に於いて、これを推し進める必要性の意識を感じます。 星の子供達によるウォークインによって自分達自身を発見していない人々でさえ、熱意と目的意識に捉えられ、そしてスパークされていない人間達も度々そうするように、まさに流れについていきます。
  星の子供達が使命を全うしており、スパークされていない人間には魂の使命がないので、両方のグループにとり、抑圧的な政治体制の支配での死は、問題ではありません。 従って、西側諸国は、驚いて立ち止まります。 専制君主がこれらの国々を支配していた何十年もの長い期間の後に、何が起こったのでしょうか?

 以前の統治者達が周知の自主的なものであり、充分に抑制されていたので、彼等は後悔しているのです。 ヨーロッパと米国の人々は、従って、デモ行進をしている取るに足らない人々の群集によって、民主主義の闘士として挑戦されています。

 「惑星Xが金星の近くに存在する」と、ゼータ達は言及しました。 金星が地球からどの位遠いのか、私は調べましたが、情報は、金星と地球の間の間隔が237,000,000マイルから162,000,000マイルまで、広範囲に亘って様々であると表示しています。 私の質問は、地球と金星が、今のところ、どれ位近いのか、私達に教えてくれますか?

 朝か夜の空をじっと見詰めている人々に、金星の公転軌道を同調させる為に、地球と太陽の間で、金星が度々側面から側面へと振り動かされる点で、状況がどれ程ダイナミックかを、私達は説明しました。 時折、私達と変容に従事している善意者の異星人達は、そのような公転軌道に同調させる為に★光線を曲げます。
 これらの公転軌道は、あなたが想定するように、静的ではありません! 「惑星Xが通過の時点で、地球からどの位の距離に存在するかを、私達が規定したので、地球と金星の間の距離を特定することによってポール・シフトのタイミングを計算できる」と、あなたは想像しています。
 地球の背後で、素粒子の流れの渦のカップの中で、闇の双子が圧迫されている間に、両星が共有する公転軌道を緩やかに動いており、金星がそのような推移の間、★地球のより近くに圧迫されるでしょう」と、私達は説明した。
   これらは、あなたの将来において、起こるだろう変わりやすい事柄のほんの幾つかに過ぎない。 軌道運動と軌道に関する人間の推定に執着することによって制御感覚を求めるより寧ろ、あなたは、安全な所在位置に移動し、菜園について学ぶことを充分に行っては如何ですか!

 インドネシアを保持している舌状部分の突然の屈曲が起こる瞬間に、インドネシアと他の影響される地域に、何が起こるのか、ゼータ達はコメントしてくれますか?
   海水が予測されたように、80フィートまで、そして他の影響を受ける地域では60/40/20フィーとまで、即座に上昇するだろうということでしょうか、それとも何らかの他の恐ろしい現象が起こり、膨大な犠牲者を生じるのでしょうか?

プレートのうねりが始まった時に、インドネシアを保持しているプレートの舌状部分の沈下が、私達が最初に予測したよりもゆっくりと進行した時に、私達が説明したように、これには、運動量があり、それによって沈下が特定の地点で起こるだけです。
 このうねりと傾きの間、スマトラとジャワの下でカールしているインド=オーストラリア・プレートの湾曲部が隆起する時に、この湾曲部の下の舌上部分の滑落が速度を上げますが、湾曲部が落下する時に、摩擦が増加し、これが再びゆっくりになります。
  それにも拘らず、沈下は、ナンシーが彼女のニュースレターで非常に注意深く指摘したように、急速に進行しています。 これは、継続し続ける傾向のある、私達が言及した運動量のために、変化しそうもありません。

 ★幾つかの地点で、私達が予測した沈下の深度に達するでしょう。 幾つかの地点で、既存の権力組織によって提供された口実―降雨と高潮―は、もはや民衆によって、どのような信用も与えられなくなるでしょう。
 ★ジャカルタとシンガポールの空港は、海面下になるでしょう。 これらの都市は、車ではなく、ボートが使用されるような状態で、自国の街路が水で満たされている状態になるでしょう。 これらの海水の排水も減少も発生しないのは、全ての人々にとり明らかとなるでしょう、そして国際メディアは、この問題に取り組むことを強いられるでしょう。
 迅速な行動を希望する人々にとり、私達のメッセージの正当性について家族や友人達を納得させることができるように、殆ど即座に世界に衝撃を与える突然の沈下は、これは、単に遅延されます。 然しながらこの遅延により、状況を調整する、より多くの時をインドネシアの人々に何とか都合でき、これは充分に効果を上げます。