通過へのキー:Key to Path

本質的に、接近における太陽への直線は、大きくなく、軌道のラインからの逸脱の距離は、約3700万マイルである。
 それが太陽を通過する時、地球軌道平面を突き通す、それは線が本質的にまっすぐな所で、放物線状のカーブでのポイントに来なければなら ない。 ●接近して太陽に向かって本質的に直線である軌道ラインからの逸脱の距離は多くなく、約3700万マイルである。 この比較的わずかな距離は第12番惑星が求める鋭い角を認めるに十分である。 太陽がそれを聞く唯一の巨人なので第12番惑星の軌道のこのポイントが変えられる。 第12番惑星がそれが太陽系を去って外に旅行する時、この軌道の線を持続する。  物の図表で、2つの焦点の間の軌道があなたの体から外に伸ばされた腕であるかのように、★これは軌道の中でわずかな持ち上げをさせる、 そして過去の太陽軌道の部分はあなたの手であった。  もし、あなたがわずかに手首であなたの手を持ち上げて、21度(赤緯度ー訳注) に上げるなら、あなたは第12番惑星の軌道がこの時点でしていることを装うであろう。  第12番惑星がそれが再びあなたの太陽、2番目のパスを通り越すまで、この逸脱を持続する。それは、角度が初めから正しい時は、この 2番目の通過で、太陽から遠ざかることが必要であることを見いださない。
ZetaTalk:突入角度

Westovertonのミステリー・サークル 〈2003年7月31日に英国において発見された〉は、何が「鍵」であるかを示す。
 NASAの困難などの最近のZetaTalkの写真において言及されるように、太陽系内の惑星Xの通過を決定されてきている、惑星Xがオリオン/トーラス星座の方向から来た、太陽のまわりで右に動き、そして数週の間、 地球と太陽の間にあった。
 3月の下旬に北半球からの観察は、惑星Xが見つけられる太陽の右での日没を首尾良くなされた。
 夏至までに、オリオン/トーラスは、惑星Xが、写真に出現した左へ動く太陽と共に太陽の後にあった。
はっきりと、惑星Xは、 太陽に近づいた。
 秋分点までに、もし、惑星Xが直線に動き、後退している動きにいるならば、それはその軌道の地球を通過するはずで、しかし太陽の近くで、そして地球に向いて、それは写真で現れていた、。

従って、太陽を通過し、避ける時に、惑星Xは、明らかに、その軌道を変え、右に転向した。
ZetaTalkは、通過への21度の変化の上の言説を引用したことに、注意しなさい。
 これは、Westovertonの鍵となるミステリー・サークルが暗示しているものでないのか?
ミステリー・サークルが、夏至の少し後に、7月31日に英国で作られた、北半球の位置、観察者の目が、その位置を推定できる。秋分へのキーポイントの最初の足場、ポイントへの2番目の足場は何か?