7月4日に
噂ミルメッセージ・ボードから回転している月

6月4日に、私だけでなく月は誤った位置にあったー 右回りに約12度。
 今朝、[7月4日]私が月の降下を追跡していたので、最終的に晴れ、暗い空は信じられないほど良い視野が、私に与えられたー地平線からの満月、約30度。驚いたことに、月はその軸において右回りに別の10-12度を回転する。

6月4日
現在、ここには、6月4日の朝に、私がそれを観察したように示される月の面の角張ったポジションを見せる修正された写真がある。
 どうぞ、それに気づいてください、ー私がノスリ判事と呼ぶ右の目印には4:00時である、ノスリの目は3:00時には死んでいる。
7月3日
ここに、メキシコ湾で、2004年7月3日の約06:30時間に、どのように今朝月が出現したかがある。
ノスリ判事下あごは6:00時のポジションにあり、目は4:00時のポジションにある。

それの私の大ざっぱな用意できている計測によると、約48時間で月が★41度回転したー最初と3番目の写真。
 これは月の通常の動作ではない!すべてのこれは、私にすべての天文学者は、何が起こっているかと驚かせたか?
猫はそれらの舌を得たか?強制される検閲?彼らは不信念により凍結されるか?彼らは恐れているか?

実に月の均衡が起こる、月は、その上、それ自身の回転において、わずかなぐらつきを持っている(★秤動)ことと、それが★緯度均衡と呼ばれる昇りと沈みから頭上を通過して現れるような月との関係で動いている観察者の機能と同じように。
 月の面の前後の動きは、★経度均衡である。

 月とそれの均衡を説明した情報は、「月の最大の緯度均衡は、約7度7分の緯度である」と説明する。
 月の面では、それは、時計の文字板の1/2時間のそれの動きより多くではない。
 それは約3+時間の動きで、約45度を説明出来ないどころではない。
 均衡自身の記事によると、「最大の緯度均衡は6度50分で、 黄道の月の面に関連する黄道の地球の面の傾きに起因する、そして空の観察者を横切る月の動きの間、毎日の眺めのため、50分の緯度均衡である。」
 これは最大7度7分の全体の緯度均衡を結果として生じる、そしてそれは、ほんの約半時間の間月の表面の目印の緯度の面での約3時間シフトであるようなものを私が指摘したようなものである。