270度巻の憶測

「磁石の極がどのように向かい合うかと関係なく、磁石が並行に整列するのかどうか私は知らなかったので、私は私の仮説の簡単なテスト用に2本の棒磁石を用意した。
 私の筋書きでは、惑星Xが黄道で太陽と並行に整列する時、地球の極はひっくり返される。磁石の退け合う力と引き付け合う力は、磁石をその方向にさせることを、私は確かに知らなかった。ところで、私のテストは、そうなることを証明した。」
ポール

、太陽の周りの磁気の流れラインに沿ってそれが動くにつれ、現在、太陽の南極から片寄っていて、離れることに基づくゼータにより予測された270度の回転は、太陽と並んで接合するように、惑星Xが270の回転をするにつれ、こうに向き続けるだろう。
この270度の回転の間に地球が動きたくないので、ポール(人名)は、可能なシナリオを示すために、グラフィックスを提供した。特に、西からの日の出を描いている予言と民俗はかって地球の南極が北に向いていたかどうかのケースである。#978時のサインとLou Gentile が要約を示す 。