惑星Xグリップにある地球軌道:憶測

惑星Xの周期的な通過の間の一時的な軌道の混乱は、伝説であり、そして運命を綴らない。回転の混乱と停止は伝説でもあり、運命を同様に綴らない。

一定の期間に、宇宙は現在の回る動きを持ち、そして他の期間に、それは逆方向に回転する。
 その時に、一般的に動物の大きい死滅があり、そして、人類の小しだけが残る。
プラトン著ーポリテイカス
ヨセフの古代の本より多くからコンパイルされたヨセフの本 は、「太陽はギベオンの上にじっと静止し、アジャロン谷の上の月も静止した」と言う。
 Sahagun、コロンバスの後の1世代後に南アメリカに来たスペインの学者は伝統を集め、それは先住民が、1つの宇宙の大災害の時に太陽が地平線の少し上までだけに昇り、動かずにとどまるだけで、月も又じっとしていた。
ベリコフスキー、衝突する世界

太陽系のすべての惑星は太陽のまわりを反時計まわりに公転する。従って、惑星Xの後退している軌道は、★右回りである。
 8月の惑星の集合体の写真に基づき、★★惑星Xの後退している軌道が逆転し、又は地球はその軌道で停止し、逆転した。
 惑星Xの質量が地球の23倍で、地球の4倍の直径であるので、後者はよりありそうである。下の写真は、イタリアとアメリカ南西、同等の緯度、および同じ日の時からである。
 それらは、ホワイトペルソナを追跡する時に、大きい整合性を示す 写真の中で惑星Xの本当の位置であると考えられる。
 惑星Xの後退している軌道は、8月11日から8月12日にの間の5時り位置から7時の位置に適切に動いたようで、そして、8月14日までに後ろに5時の位置に逆転する、8月17-19日までの1時の位置の後ろに居続ける。もし地球自身が、停止に向かい遅れるなら、至点ミステリー・サークルが、それがすることを暗示していたように、その軌道を反転したならば、地球から見られるようなこの表面的な反転は、また起こったであろう。

どうぞ、これがZetaTalkではなく、ナンシーの部分についての予備的な憶測であることに注意してください。このナンシーも、彼女の人の仲間とともに頭を掻いているチームメンバーである。