Mars/Moon Conjunction :火星/月の合
2004年2月25日

Spaceweatherはそのホームページ上で、2月25日の火星/月の合を特集せずに、広告しなかった。

2004年2月23日の月曜日の夕方、月は金星と非常に近い。
 金星は月から3から6つまで月幅である。南極大陸の近くで3つ、DC、およびカナダ近くで、6つ幅である。
 二晩後に、2004年2月25日の水曜日、月は、南アメリカだけの人々には、火星を完全に覆う。
 南アフリカの彼らは、星をすっかりカバーする食を見ないけれども、月が、火星の隣を通過するのを見るだろう。
ニュージーランドとオーストラリアは昼間である、従って、彼らはそれを見ない。
 北半球では、月は火星から1-2の月幅離れている。
 これは、地球が速度を落とし、軌道を変えたかどうかを知るのに使える。

逆転した軌道上の地球にとっての火星の位置は、太陽の中に失われる時に、昼間に早く昇る火星を示す、しかし、夕方、非常に早く、注目に値して、沈む 従って、合が見えない。
 軌道進行の時に地球によって見られる位置の火星は、2月25日に真夜中まで正常に沈まない。
 火星は、365日を持つ地球に比べて686日の軌道の期間を持っている。
従って、よりゆっくり動く。
地球がしたように、★火星の軌道は停止せず、逆転しなかった。

  1. 2月23日のポジションで地球によって見られる時の火星
  2. 10月23日のポジションで地球によって見られる火星、前に動く火星と共に、地球は逆転した。

従って、傷つけて、日に、リバースされた軌道の地球から失われる。
  私達は、2月23日の金星/月の合のSpaceweatherにおいて提供された写真から、何かを知ることが出来るかもしれないか?
 フランスから写真のうちの1つは、火星がであるはずの場所を含む空の広い視野を示す。
それはそこにあるか?
 下のSpaceweather図は、8つの長さの比率で金星の上で月のセンターへの金星のセンターから傷つける。 これは、フランスからの写真からとられた。
 金星/月の合からの8つの長さは、物体が、全然ない