3月26日の吹き払いのイタリアでの通過

イタリア

ここでは、太陽の高い円弧は、注目すべき高い位置によって図化された、それは正午ではない!
 このチャートでは、日の時間は、ピンク色である。
 太陽は、青の地平線の位置と共に、90°丁度の東、270°丁度の西、および南は180°で、東(右)から西(左)に追跡される。
 この図では、空の太陽の円弧は、逆様に描かれ、そして、この赤いラインは、予期されるような1時26分(13時26分)の正午ではなく、太陽が午後の間の★3時22分(15時22分)に最も高い。
 これはまた、太陽の緑色の角度により見られうる、1時26分(13時26分)から10時15分までの正午に予想される高度から +3時間前に進むのは、45°である、4時57分(16時57分)に+3時間前に進むのは、再び、45度で、そして予期されるような中点で、地球が東から西に回ることを示し、★しかし太陽が空で最も高いのは、午後の中頃である!
 高い円弧が、太陽の北極の傾きのためである。この遅い高いポイントは、★惑星X方向への地球の傾きに起因している。。

4月2日:★地球回転での困難さの反駁できない証拠。
 イタリアのミラノの正午ごろの6時間の間の太陽の位置。
 Skymapによれば、正午13時26分のUSNOは、太陽は13時26分DSTには方位 180度、高度50°の最も高いポイントであるはずで、時間で前後に行くことが、高い高度でないものをもたらす。