バンクーバー写真
2004年5月13日

Katkamは、90度のスパンを取り巻き、カムが鋭く下を見て、撮影者よりほんの15度から見れる所の下の写真から分かるように、そして地平線上の空の15度を取り巻いている。
 従って、通常の夕方の写真で、このように、橋が灯される写真において見られうるように、カムから下に45度で、人はカムの下で、空の45度、地面の45度を見る。
 バンクーバー(右の写真)は、日没を示している写真において基づいて、昼光の減光された時である。
 従って、この写真で、金星が見える、それが地平線上で42度である!Skymapによると、この日付と時間の間、金星は18度にあるはずである、従って、予期されるより★★24度高い!