パリ空港屋根の崩壊
2004年5月23日

致命的なパリ空港屋根崩壊
5月23日に、役員は「パリのシャルル・ド・ゴール空港の新しい乗客ターミナルで、アーチ形屋根を持つ天井の大部分のセクションが崩壊した時に、3人の負傷者、最低5人の死者が出た。」と言った。
 コンクリートと金属の平板は、午前7時ごろに、座席がある待会い場所の上に、天井から砕けて落ちた。
 崩壊のため、トンネル似た長さ30メートルの50ヤードの穴を開けた。
役員は、「テロリスト攻撃を示すための何もない」と言った。De Mesnilは、「構造の問題を示すものは、過去に完全に何もなかった」と言った。
  大きな音はターミナルの天井のひびを大きくし、屋根に穴があいた時には、役員はエリアを空にしていた