ZetaTalk:Shrouded Monster:覆われた怪物
書き込みー2004年8月17日


太陽の光を反射する近い抱擁したチリ雲により覆われた集合体が、独立した光が認識されることを可能にし、太陽から離れていたので、惑星Xは、2番目の太陽として、2003年夏と秋の間に、見られた。

 惑星Xが、太陽の南極に向かって32度から内部太陽系に侵入したポイントに接近し、12月25日のポイントに地球が動くにつれ、それはサイドから惑星Xが、見えた、それですべての方向に光を投げる覆われた集合体は、長い滞留、又は早い薄明、黄昏の金星や月に★反射する奇妙な光の源を除いて、視界から無くならない、明白な第二の太陽は、最早、認知できない。

 地球の軌道が停止して以来の数ヶ月の間に、視界は、太陽の光を捕らえて、太陽の前で踊る月の渦巻きに制限された、そしてそれらが、光のビーコン(指針)になるような渦巻きを通じて、それを漏斗状にする。
 ミステリー・サークルが、「地球の磁気の整列への太陽の支配的な影響が、現在、集合体がある地球と太陽の間の位置に動いた惑星Xにより代替される」と、ますます警告しているのか?
 惑星Xが太陽の前を通過するにつれ、それは太陽のギラツキの中で無くされる、その存在の間接的な証拠のみで、ー尾の 破砕物として地球にドシンと落ちる火球は、地球の大気の中に漂う、そして認知できる地球のぐらつきは、米国の東、カナダを早い秋にし、そして、アラスカと日本を極端な暑さにする、すべては同じ緯度だ、そして北半球で正常な夏でないように直接に太陽に過度に曝される北極で、極が溶ける、太陽光が少ない地点は、北極をその位置に置かない。
  もし、尾が、直接、地球への流れるポイントへ引き込む惑星Xと地球の間のダンスまで、空でのたうち回っている火のドラゴンとして出現するまで、怪物は、その近い抱いたチリ雲を通じての太陽のぎらぎらする光で、そのように覆われ続けそうである。

#1048-時のサイン

北極は[8月15日]に動揺するhttp://www.rense.com/general56/break.htmシベリアの極氷を横切る北東の通路は、開いた。エルズミア島と北とグリーンランドの北東の氷河の岸は、数日で崩壊する。
 グリーンランドエルズミア島の間の水路は、開いている。
そして、極の氷と接続し続けるグリーンランドの北の岸で、わずか約250マイル氷のみが、留まっている。
 そして、それは★壊れている。
極の氷の広大な広がりが、粉砕され、そして北極海を自由に浮く。
 氷の平方マイル(複数)のうちの数千は、10億の氷山に解体している縁で砕かれている。
巨大な裂け目は、クイーン・ビクトリア島の北の氷で形成されていた。
 等しく大きい引き裂きは、北極自身で突いているシベリアから上に達する。
 北のシベリアの岸のうちのすべてと同様な-アラスカ全体の北岸は、ずっとニューシベリア島に向こうに繋がる。
 エリザベス諸島の東の端のNorthwestr通過を妨げている最期の氷島が、解体している

[そして別のソースから]ここに米国海洋大気庁(NOAA)からの茶色の氷の写真がある
http://www.arctic.noaa.gov/npole/2004/images/noaa1-2004-0813-1451.jpg
注:汚い雪、雪の融解の合図。]