ZetaTalk:ジェネシス
書き込み2004年9月11日


「あなたは、Sign of the Timesの中でこの無人宇宙観測船の末路をほのめかしたが、ゼータは口を挟んでくれますか?私はこれについてゼータからの返信を本当にもらいたい。」

かけがえのない貨物が、分析されるべきデータと粒子をぎっしり詰めて、時速193マイルで固い砂漠に落下して、戻った後で、インタビューをされているNASA職員の、頬が落ち込んだ顔をテレビで見て、人は次のように思うだろう。
 彼らは、愛する人を母を親友を失ったと、数十年の奉仕の後で高名な仕事から解雇されたと、離縁状を送達されたと、あるいは、致命的で苦痛な疾患に診断されて余命がわずかと聞かされたと。
 NASAは、主計官を通じて数千億ドルを間違って与えたほど十分に資金を蓄えており、さらにもうひとつの無人宇宙観測船が失敗したという理由で挫折はしなかった。
 彼らが挫折したのは、その無人宇宙観測船にあった情報は、惑星Xがどこにあり、その速度と軌道、そしてその尾部の構成物を分析するのに不可欠であったという理由からである。
 私達が何ヶ月か前に説明したように、惑星Xが2003年の春と夏の間に太陽の反対側にある間に、太陽に駆け寄ったため、観測所もハッブル望遠鏡とSOHOさえも役立たなかったので、支配層は、地球から惑星Xの軌道を見るのを試みるのに、 きあたりばったりで 進んで来ている。ハッブル望遠鏡は、鏡が太陽光でだめになるといけないので太陽の方を見ることができないし、SOHOは視領域に制限があり、常に太陽が中心にあるように予測されている。

一直線に進んでいる物体から速度について人は何を学ぶことができるか?
 横から見ることが必要とされる。その遠近を得るために送られた無人宇宙観測船は、これについては報道界でほとんど話されなかったけれども、いつものように壊れた。シャトル コロンビア号が宇宙ステーションで成功したときのように、そしてポールシフトの間に火星か月に逃げるという期待がエリートをほとんど浮わつかせていたように、彼らは、ジェネシスがとても長い間機能することを許されていたので、ジェネシスは攻撃を免れているはずだ と思った。
 そして、コロンビア号のときと同じように、この成功が最後の瞬間に彼らの手から取り去られるとき、挫折感はより辛らつであり、その教訓はより力をもって正しく理解され、メッセージは失われない。
 エリートは内太陽系内にある惑星Xの存在を民衆に知らせることをわざとぐずぐずしている。。彼らが恐れていることが、彼らをむしばむ。
 大衆が欺かれていたことに気付き始める時、何が起きるかについての不確かさ。そして、繁栄と安全と自給自足の本当の価値が、民衆が抵当や支払い計画や年金契約によって束縛されているものと比べられること。
 魔神が一度瓶の外に出てしまうと、人はそれを戻すことはできない。エリートは、ジェネシスが惑星Xの軌道と速度に関する情報の欠けているところを与えてくれるだろうという望みを、その情報があれば彼らは戒厳令のおよその日を一致して敷くことができるので、我慢して待っていた。
「世界評議会は、地球のエリートが非常に軽蔑して扱う一般市民と同じ運命をエリートが共有するように指示しており、ジェネシスは、その評議会の指揮下にある者達によって、明かに監視されていた。
 今、エリートは依然として目が見えない。彼らはテレビカメラの前に座り、かろうじて涙を抑えている。
 それほどまでに悲しんでいる。一般市民は知らされないままであったのに、彼らはこれから来ることを知っている。しかし、彼らは哀れまれるべき者達である。

#1098-時のサイン
ジェネシス宇宙カプセルの衝突[9月8日]http://money.cnn.com/2004/08/31/'そのパラシュートが、装備されることに失敗した後に、水曜日に、科学者に太陽系の起源への可能性手掛かりを約束したジェネシス宇宙カプセルが、地面で壊れた。
宇宙のサンプルが破壊されたかどうかにかかわらず、それは直ちに知られていなかった。
たとえカプセルがパラシュートで地面に当たっても、NASA役員は、もろいディスクは、原子は閉じこめられていると信じている。
ハリウッドスタントパイロットは、カプセルのパラシュートの止めをはずした-太陽風から収集した数十億の原子を含んでいるもろいディスクのセットを保持する冷蔵庫サイズのカプセルは、-パラシュートを開かずに砂漠のような地面にあたった。
カプセルは、宇宙探査の3年の後に、2億6000万ドルかかった6年プロジェクトの一部として戻った。

[注:多分、惑星Xの位置と尾部のスピードと構成についての情報を運ぶ。]