ZetaTalk:残ったチュパカブラ

ZetaTalk:残ったチュパカブラ:Chupacabra Remnants
2004年10月15日ー著


最初チュパカブラの報告が、明らかになった時に、私達が以下のように述べたー「これらの生き物は、古いドラゴン、又は吸血コウモリ 。類似していて、悪意者の新メンバーを増大させるために捜し、悪意者のET達により、人間が恐れるように、地球にもたらされた。
 恐怖、テロ、悪意者を増大させて、それから、若い魂をこの方向に追いやるために悪意者によって使用されたツールである。
 過去にこの終わりに使用されたばかな生き物で、それらが地球固有ではないので、伝染と不十分な栄養に苦しみ、地球に連れて来られて、村で放され、結局、死にたえる。
 死んだチュパカブラの最近の発見は何のためか、メリーランドとテキサスの若くて、飢えているのは、何を意味するのか?
 それは、それらの操作者が逃げたのを意味し、そしてチュパカブラのエピソードが始まった時にケースのように、もう、南アメリカ大陸で捕らえることを試みていない。
 世界の協議会は、それらを放した悪意エイリアンの操作者が本質的に許可を与えられない限り、チュパカブラにより人間が傷つけられないのを保証する、人間はいつも、境遇でコントロールされている。
従って、そうすることの失敗が、規則を守ることの失敗のため、地球を去るのを強制され、それらを荷造して送らせたので、これらのエイリアンが、戦争のそれらの犬に忠実に参加した。
しかし、もし、とにかく去るならば、環境のために心配しない、又は責任のどのような感覚も持っていない悪意者は、彼らの責任が生じたかもしれないすべてのチュパカブラの子供を収集するために、ほとんど偵察しないであろう。
従って、それらが際立ち、感染させられて、それらを見た人々を惑わし、地球の知られている種と同一ではないので、栄養不良に苦しみ、置き去りにされた。

ブラジル1997年8月3日、
とても不思議で、すべての攻撃が、安全ロックされた納屋、又は小屋、又は檻において、起こった。
プエルトリコ、 1999
不可解な生き物は、「グレイ」エイリアンとヤマアラシ、又はカンガルーのような、地球上の動物のうちの1つとして、後ろに走れる羽軸似の付属物と一飛びで木々を越せる強力な後ろ足の存在のため、最もうまく描写される。
チリe、5月11日、 2000
それは、高さが約1.5メートル、(4フィート)で、大きい猿似で、1対の翼と同様に長い腕の爪と口から突出している大きな牙を持っていた。
ニカラグア2000年
犬サイズの生き物が、雄牛似の頭と小さい足を持っていた。神秘的なChevez、それを試験した動物学者が、新聞に「生き物が、なめらかな外皮を持ち、コウモリのようで、長い爪、その背中を走るクロコダイル似の頭を持つ」と言った。
Sign -#1178 テキサスの別のチュパカブラか?[10月14日] 地方の動物のエキスパートは、金曜日にアンジェリーナ郡で殺された不思議に見える動物を識別することについて苦労している-今年早く、まだ未確認のElmendorfの獣がサンアントニオ近くで殺された不気味に見える動物。
 動物の青ー灰色の外皮は、ほとんど毛がなく、疥癬によりカバーされているようである。動物のあごラインに注目するとより重大な過がい咬合と4つの大きな犬歯が明らかにされて、長く、ねずみ似の尾は、動物のやせ衰えた骨の後ろに巻きつく。
 それが毛を全然持たず、すごい過がい咬合とその鈎爪は、犬には完全に長すぎた。それが後ろの足であるより動物の前の足はずっと小さ かった。
 サンアントニオのWOAI-TVは、今年早く、大農場経営者が撃ち一匹を殺して以来、いわゆる「Elmendorf動物」のいくつかの物語を放映する。
 www.woai.comでステーションのウェブサイトで描かれた動物は、Pollokにおいて発見されたもの不気味に同様であるように見える。
 サンアントニオの南東に位置するElmendorfからの大農場経営者は、彼の35匹の鶏が、1日で消えた後に、動物を殺した。
 動物は、無毛でまた、青ー灰色で、4つの大きい「牙」を持っていた。放送局は、DNA鑑定のために動物からの組織が送られて、それが、テストが完成されるのに数週必要であると報告した。同様な動物の目撃例は、カリフォルニアからメリーランドへの国中いたるところで報告された