ZetaTalk: Lights in the Sky:空での光
Oct 25, 2004著


カナダ中西部がUFO活動で緊張10月2日] http://www.unknowncountry.com/不思議な光線が、★中西部とカナダに観察されている。国立天候サービスは「光が雲を通じて月の輝きであることが想定された」と。  国立天候サービスによると、それは晴天で発生しがちだったと
http://www.unknowncountry.com/
神秘的な赤い光線10月8日ー
未確認飛行物体(UFO)、又は神の合図は、ちょうど2つの説明で南トリニダード島の住民は、昨晩不思議な赤い光のビームが空に現れた後に、考えた。  垂直の赤いラインは、何人かの目撃者によると、夕方の後にまもなく気づかれた。放たれた光が伝えられ、多くの居住者は、それを見るために曇りの夜の空を凝視するために、期待して家を出た。
http://www.trinidadexpress.com/
オハイオの空で何が起きたのか
2004年9月22日の水曜日の朝に、WTAM morning ラジオ番組の視聴者はウイルとコールマンに空の不思議な色の目撃の電話をかけた。
他の者が見たものを説明、又は描こうとしている間、同じものを報告した。ー 北のオルムステド警察からの写真。'
http://www.wtam.com/triv/index.html

私達は、1995年にZetaTalkを始めた時に、確固たる証拠写真を含む目撃例 が増加するだろう、という声明を公言した。
North Olmstedの警察のビデオからの写真は、もしかするとその資格を与えるだろうか?
 私達は、大集団の人々を含む、集団目撃も同様に増加するだろうと言明した。 これがほぼ標準になったということは、今では報告書から明白である。上空の光がもっ とも多くは導入であり開始方法である理由は、心配している人間に次のことを知らせ ることだからである。人生は日々のわびしいつまらぬ仕事だけではないこと、予期さ れることは老化する体や絶えず重くなると思われる請求書の負担だけではないこと、 世界中の出来事を左右するのは少数の権力のある気が狂った政治家達やひどいことを する独裁者達だけではないこと(を知らせること)。

人はただ独りではなく、人の小さな世界は、暗い物置から 賑やかなパーティーの行われるとても明るく照らされた部屋へ引きずり出される子供 のように、他の世界からの生命への導入の競技場にまさにとび込もうとしている。
 上空の光は、一般市民に対し、彼らの世界の表面でゆっくり進む平穏な生活への侵入行 為からの隔たりと安全防壁を、一定不変に象徴するので、入門的な流儀である。光は、 遠くで不変な星や惑星であり、あるいはだれかに向けたものでない流星の通過であり、 あるいは頭上を通過しても誰も全く関心を持たない飛行機か人工衛星であるので、上 空に普通でない光を観察しても、最初見た時には、恐怖をかき立てない。
 この時期の集団目撃と証拠写真のこのような急激な増加には意図がある。人はまさに今度のポー ルシフトにより引き裂かれる世界を経験しようとしていて、そして、私達が言明した ように、黄金律を実践してはっきりと善意者指向にある人達に対し、その時に伸ばされる援助の手は、実際は手でないかもしれないから。

 心配無用、あなたはその考えに慣れている。上空のあれら全ての光を覚えていますか?