ZetaTalk:Dust Cloud Arrival:チリの雲の到着
書き込み2003年7月8日


非常に最近の写真において注目された、それはイタリア7月6日のの世界の反対の側からである。
 7月7日のフロリダ惑星Xのチリ雲は、もう、ペルソナの側から球を向こうに高く打ち上げ、又はペルソナを取り囲むかピンク色の気味ではない。
しかし、太陽と地球の間に高く打ち上げている、それが地球よって見られるように、太陽の全体の領域を飲み込み、塵の日光の反射が、正常な白い雲間から大きなピンク色の漏れる日光を作り、雲を通じて太陽光線が、貫通する強度外ですべての方向に散乱させているそのようなものである。

これは、惑星X自身が地球と太陽の間にあるのを意味しているか?
いいえ、通過の間に塵雲が、地球と太陽の間の1400万マイルよりずっと離れた距離を流れる、回転を止めるために惑星Xの影響が十分に強い地球と太陽の間の中間ポイントよりはるかに遠い、赤い塵によって地球を暗赤色の大気を変えるために十分に遠い。
 時折の地球上の少しのチリの降下、そして日没、又は日の出がプロセスにない時にさえ、分配が空をピンク色/紫に変える。



 何のためEITを数時間の間、多分、故障のSOHOにより過度に露出したか?
 星明りや太陽などの単一のソースからの光が計算され、そしてSOHOはそれを処理する計画された。
フレアからの光は同様に説明されて、遅い出現の露出過度を起こさない。
 それが惑星Xにとても近いからで、それ自身の右の光の放出の茶色の矮星、それは責任がある。
 それがこの茶色の矮星から光だけでなく、しかし第一に、漏れる日光の大多数のような日光の散乱、そしてSOHOレンズへの衝撃でなく、後ろにバウンドさせられている。
 それはまわりの塵雲にはね飛び、それは大量で、地球から見られるような太陽の面のサイズを越えて遠くに届く、そして光線の圧倒的な爆発としてSOHOレンズに時々入る。
 この雲が、惑星Xが動くとまわりで鞭打たれた太陽風により地球に引っ張られた、そしてお互いのまわりでそれらが踊る雲内の月を持つ渦巻きである。
 従って、「多くの力学があり、太陽のボディの固体の少ない写真、又は太陽のまわりのどのようなエリアでも、今後外に確保される」と言うので十分である。

 塵雲はすでに、接近惑星Xのどのような点でも知らせられないそれらの民族の間でさえ、世界的なコメントを起こしている、破壊者、空の火ドラゴンとして民俗に知られている。
 現在、惑星Xが、どこでもこれが注目を免れない所に到着するために、その尾部が地球からかすかに塵を降下させただけの遠くを横切ると、これは変わる。
 イスタブリッシュメントは、話、又は予言と関連する信号で伝える合図のどのような言及でも避けたい、これに説明されないか又は何かを隠すようなコメントの不足により注目されないだろう。
 後者は、エスタブリッシュメントからの告知が、ますます 不適切になり、そして彼らの課題をますます疑っているので、ありそうである。