ZetaTalk:Snap, Crackle, and Pop;断烈、パチパチ、および急な動き
2005年1月23日ー著


何が、数マイルの深さで、そしてどのような動きにでも全然耐えていない無数の場所をさっと掴み、その縁に沿って、ギザギザした岩のその付着から跳ねて、急に動くインド/オーストラリア・プレートと同じくらい大きいプレートに起こすのか。

 スマトラに沿って、600マイルの長さに沿って破裂するように振動する指で触れるように、何がそうさせるのか?
 私達は、磁気南極がもうひとつの方向に引っ張られる間、磁気北極が、1つの方向に荒く押されることに、地球が耐えているトルクを説明した。
 最近の数ヶ月、このストレスは増大し、その北極を揺り動かしている、惑星Xが、太陽と地球の間で一層、中心になり、近づいているだけではなく、磁気粒子の管は、それが太陽の赤道部の上で流れる磁気の流れに動くにつれ、地球方向に動き、その北極を揺らしている。

 従って、地球の磁気南極への引きは、より強い。
このように、地球の磁気北極の抵抗は、一層暴力的である。

 現在、全体のインド/オーストラリア・プレートが、動きで緩められている、プレートが磁気の南極に触れるタスマニアの南で岩を割ることで始まる、そして、この地点を左に捻る、それは惑星Xの磁気北極がそれを放すのを嫌がるにつれ、回転からそれを後ろに保つ、そして磁気北極が、抵抗するにつれ、加速された回転で地球の磁気北極を右に捻るプレートが、それがニュージランドに対して寄り添うそのくさびからポンと抜けた。
★数日以内に、スマトラの曲線に沿った岩が、譲歩した。

人は、彼が大陸移動と呼ぶものを、見る、パンゲア大陸が、異なる方向に動かされていることを想像できない。
 岩のプレートを、裂け離し、最近3600年前のように、そうし続けさせる力は、彼が熟考しないほうが、良い何かである。

 インド/オーストラリアのプレートは、なぜヒマラヤ山脈の下に突入するか?
 私達は今日プレートの位置による台本が書かれたダンスのような台本を書いたドラマをを説明した、

しかし、何が、それらの位置に置いたか?
 何故、水路は引き裂かれるのか、アフリカ地溝谷の裂け、太平洋が圧縮する間、大西洋の引き裂きさかれるのか?

なぜ、この岩は単に抵抗しないのか、現状が続いて持続しているのか?

 私達が、インド/オーストラリアのプレートが、このトルクのため経験するストレスを明確に詳説したように、私達は記録をさかのぼって、地球が耐えていたトルクを詳説した。
 それから8-9ケ月後の今、この説明は予言的なものであったといえる。
極のぐらつきが、引き起こしているストレスの一部である磁気南極でのこのトルクのため、ポンと破裂しているインド/オーストラリアのプレートより以上のものがある。
 この「ぐらつき」は、それが現れる惑星Xの北極に面する時に、地球の磁気北極が、暴力的に、押され離される所にある。
 多分、火の輪の残りのように同じ圧縮ストレスに支配され、また、北アメリカプレートに沿っての奇妙な不足もある。

あなたの手をまるでポットからのキャップを回すかのように、右にねじって地球儀の北極に置きなさい。
 あなたがポットを開くように左にねじるように、あなたの他の手を南極に置きなさい、この地球の場合、彼女のプレートは離れる。
 あなたは、ポンと抜けたインド/オーストラリアのプレートだけが減少し、そして太平洋に突入する、そして、アジアの下のフィリピンのプレートは、あなたは全北アメリカに沿うストレスを救う。
 アメリカ大陸!
 これは、それが惑星Xへ面する時はいつでも、これは磁気北極に対する押しの力である。
 後ろへ押してどんどんの進む動きは、多く文書化されている「8の字のぐらつき」の原因である惑星Xからの「一押し」である。
 それは火の輪の参加者として中南米と南アメリカは、何故逃れないのか、しかし、磁気北極を持つプレートは、逃げないのか?
それは邪魔にならない所に押される!
 「極のぐらつき」を受け入れない人々のために、太陽が昇り、沈み、世界が回り続ける世界が、上手く行っているとの「不注意な考え」、これを考えなさい。
この地震の増加への他の説明が、全然ない。
 何も。
 もう一度、論理的に、精密に、私達の言葉は、事前のメッセージと一致している。

それは「鞭ひも効果」が進行するにつれ、スピードと力は増加するこの漂流の全体の影響は、トルクになるだろう。
 北極に左手を、南極に右手をあて、地球儀を持ちなさい、そして、最初、逆方向にこの方法で内側に曲げなさい、そしてバックさせる。
 北極は南極が後ろに隠される回転の方向に行く、トルクの力は、北アメリカをカリブに落とし、突っ込む、そして東は南東方向に動く。
 南極はアフリカを同様に空いた所に突っ込み、ヒマラヤの下にあるインド/オーストラリア・プレートを堅く継続した北極と共にある南半球での太西洋の掴みによって引かれ戻される、再び、東の南東への回転。
ZetaTalk:トルク の影響2004年5月1日ー著