ZetaTalk: Pedophilia Power:小児愛パワー
2005年4月01日ー著


何がここで進行しているのか?まさに古い悪、又は ローマ帝国のような逸脱か?又は人々をコントロールする志向の習慣か?

子供は国家の未来と心臓部分である。それは国の集合的な潜在意識のパワーを得るのを意味する非合法な手段か?
 私は、明白に、この不道徳なだけの習慣が、表面にあるようにみえる以上のずっと深い暗示を持つ。

レイプが性より強さによる弱さの支配以上のものであることが、長く知られていた。性的な解放は、結局、人の自身の手により効果的に達成できる。 従って、気晴らしのために別の者を攻撃する必要が全然ない。 それは誇示の力である、そして別の者を卑屈なポジションに押し込む能力以上のものである。
これが彼らの支配、他の者の上への彼らのパワーのテストであるので、彼らの力の誇示の間に、悪意者へ傾く人々は、しばしばサディズムに向かう。
 もし、犠牲者が弁解しているならば、これはパワーの感覚を強化する。
 もし、犠牲者が引き裂かれて、傷つけられるか、又はなされる行動により破壊された彼らの人生を持つならば、ほとんどのケースで、彼らが、その社会のきまりきった憎悪からうまく逃がれるので、これはまた、犯人にパワーの感覚を強化する。 殴打、女性、又は若い人のレイプは、このタイプの力の誇示を求める人々にとり最初のステップであるけれども、子供への異常性欲が見つけられる最悪事態は、よりひどくなる。
 彼らが「クズ」と考えられる常習犯の間でさえ、子供の痴漢が刑務所で攻撃されることは驚きではない。
 従って、子供のレイプをうまく逃がれることは、彼らが出来、なしたので、そのような習慣を持つ人々に彼らのパワーの感覚を押し上げる、社会のうちのすべてが、卑劣であると考えて、防止することに努めることをした 。

次にこのことすべてで、カトリックの聖職による聖歌隊の少年のレイプの報告が腑に落ちる所で、無垢な者と子供の殺人、拷問を含む悪魔の儀式の報告、エールのスカルボーン団体のエリートが性の行動を必要とする報告、産業と世界からの権力に飢えた者達が毎年、会議をもつボヘミアングループで行われるホモの行動と犠牲の報告、 そして英国と米国での権力者達の集まりでの脅し、小児愛の輪についての増えているすっぱ抜きか?

 秘密はパワーを持ち、その知識において人への権限を与える。従って、秘密を保持する社会は、彼ら自身の精神で少なくともパワーを持っている。
 もしその社会の単一のメンバーが漏らすならば、またはそのパワーが蒸発するので、それは恐れられている。
 従って、社会に加入し、秘密社会に内々関与していることは続き、それは社会によりある点で所有されなければならず、これは、脅しによって、サディスト的なコントロールの方向に傾くこれらの社会に向かう精神を持つ人々で最もよく遂行される。
 誤魔化しの断片か、クリントンおよび彼の皮ひもパンティーのエピソードもか?ほとんどそうではない。
単なる法律破り、ビジネス倫理の不足、または問題の計算の実行、またはアイデアの盗み、又は法律の精神の外側での操作-これのどれも絶対の予防策として十分ではない。それは、参加者関与の絶対の証拠を持つ小児愛、これは主な脅しの手段と考えられる。

それは、初め脅しの手段と考えられ、関係者関与の絶対の証拠を持つ小児愛である。

カトリック教会が、ルシアが死んだので、決して明らかにされない3番目の秘密、ファテイマの秘密を保持する、彼女の報告のすべての証拠は、バチカン宮殿に安全に保管される。
性的なはけ口をその聖職者に拒む教会と、彼らが、否定したくてたまらない同性愛の傾向のため、多くが教会に移るという点で、たぶん小児愛のカトリック教会内の権力者に昇るように、彼らを罠にかけることが相対的に容易で、それが明らかにされた時に、なぜ、教会のヒエラルキーが、いくらかの悪事を下のランクの聖職者の間の小児愛を認めることにそんなに抵抗があったかを説明する。
教会のトップのヒエラルキー〈聖職位階制〉は、彼ら自身、恥なしではない。
スカルボーンに入会するリポートは、着物を脱ぐ必要があり、お互いに恥ずべき行動に従う、現実の証拠なしで長期間循環したけれども、真実である。
 それは、初期のテストに合格する人々がパーティーに招待され、そしてその結果、少年が可愛がられ、順に回さられる、この入会儀式を越えたことがなされる。
すべてのこれ、入会式の反応は、パーティーへの出席した者達の目だけでなくフィルムに撮られ、録音される。
 まさに、そのようなパーティーの間にあり、そして激しく反対しないことは、脅しをリスクに人を置く。彼らはなぜこれを警察に報告しなかったのか?

 同性愛はこの中で重く、単に彼ら自身の精神において、それらが乱用を起こしたので、子供が単に同性愛者になるように、育ちので、多くの少年が乱用する それを招待し、そのようなものは、それらの状況を理解する試みの罠にはまった犠牲者の論理である。犠牲者が捕獲者と自分を同一視するストックホルム症候群である。
乱用された妻は、彼女がそれが来たと思うようになり、それに値していた。
乱用された子供は、最もしばしばそれらが恐怖を記憶喪失に埋蔵し、成人期までエピソードを忘れる、そしてもし全然記憶されていないなら、罪のため起こるものに、潜在的に反応する、そして攻撃者と自分を同一視する。
 従って、多くの同性愛者は子供として乱用されて、子供がセックスを望んだと彼ら自身に言い聞かせることで、彼らが感じる自己のせいにした罪を消去する試みで、子供が彼ら自身にこれを騙す。
従って、性のパーティーのために選ばれた多くの乱用された少年が、いわば、ファミリーに保持された秘密結社の信頼できる指導者であるように、育ち、このタイプのゆすりの多くの数十年を通じて実行された。
これらのネットワークは、男の付き添い人ガンノンとしてブッシュ・プレス・クラブのお気に入りであったガンノンのエピソードとして、時々暴露され、彼はカール・ロブの親友であると噂され、女性の会社を軽蔑する独身の男である。

これらの小児愛脅しクラブはどの位広がっているのか、政府と産業と教会の権力もの達のすべてのレベルに浸透しているるのか?
実際ほとんどが協力しないので、想像されているのと同じくらい広くはない。
パーティーを去る人々は、即座に、状況を薄膜でおおっている人々へどんな脅しもされず、権力へ動いている彼らもこのクラブと均一ではない。
暗殺、不具にするか、または愛する者を拷問する脅し、愛し、脾臓する企業を撃ち落とす脅し、個人的な財産を強めるための賄賂、法律にする、又は契約の許可、投資の打ち合わせの立法機関を保証するために脅すーすべてのこれらが、それらの秘密を保証し、協力が保証されることを希望する人々のための道具である。
それにもかかわらず、最も高いレベルでのカトリックの小児愛が保護される時、そしてブッシュのホワイトハウス内での同性愛のえこ贔屓が暴露される、それが多くの権力者の間で明白であり、秘密を保持し、このクラブのメンバーであるように、彼らの魂を本質的に売った。

#1344-時のサイン
http://www.salon.com/[2月10日] http://www.salon.com/ [Feb 10] どのように、偽の報道機関で偽造の名前を使い、働いているリポーターは、偽の質問を尋ねるために、大統領により選ばれた悪名高く訓練されたブッシュ政権に十分な好意で一人が成し遂げ、ホワイトハウスからプレス証明書を得ることが出来たか?
[そして別のソースから]http://www.nytimes.com/[2月11日]議会の2人の民主党議員が、どのように、ワシントンのリポーターが、CIA工員・バレリーPlameと名乗った機密文書へのアク セスとホワイトハウスへのアクセスを得るために管理された偽名を用いたかの調査を追っている。
[そして別のソースから]http://www.dailykos.com/][2月16日] どのように、報道機関のために全然働かない誰か、人は本当に疑うかもしれない。
 しかし、ジャーナリズムの資格が50ドルの右翼のシンクタンクの代わりに、どうにかして、右翼のリーダー研究所の2日セミナー、そして前もって約1ヶ月までどのようなニュース 記事も出版していなかった、ニューヨークタイムズのコラムニスト、モーリン・ダウドの間、ホワイト・ハウスプレス部屋へのかたいパスを得ることができる。 [注:彼の本当の名前で、インターネットおよび遅い夜のTV番組が繰り返し、報告を告げた、Gannonは、彼自身のサービスを含みゲイの付き添い部門を運営した。]

ロブ-Gannonコネクション ?[2月20日]
http://www.cbsnews.com/stories/2005/02/18/opinion/lynch/main675050.shtml
ジェフGannonがTalonの「ニュース」のためのホワイトハウスの「報告者」であったと先週暴露された時、可能なロブコネクションへの飛躍が不可避であった。めったに記録されるインタビューを主流メディアに与えなかったロブは、米国共和党(GOPUSA)と話す時間をもっていた。
スパイ、米国メディア、およびホワイトハウスの協同[2月20日]
http://observer.guardian.co.uk/focus/story/069031418539,00.html
、そのGannonがまた、ゲイ売春ウエッブサイトと結び付けられたウェブサイトが暴露された時に、彼がゲイ売春であるかもしれず、どのようにホワイトハウスへの毎日のアクセスが与えられたかのスキャンダルは、いっそうあいまいになった。
ウエイン・マドセン[2月18日]
http://mparent7777.blog-city.com/read/1083156.htm
現在だけ主流ニュースにより言及されているGannongateは、男売春が1980年代に戻り、潜在的な共和党小児愛者にダメージを与える恐れがあると脅した、そして、そしてH. W.ブッシュ・ジョージ政権とGannongateが、そのローレンスキングを学んだ1989年の間のネブラスカでの大きな政治疑獄を思い出させる。
  オマハのフランクリンコミュニティ信用金庫の頭取、そしてニューオルリンズ州での1988年のジョージH.W.ブッシュの任命会議でアメリカ国歌を歌った共和党でアフリカ出身のアメリカのスターが上がった。
子供売春と小児愛スキャンダルでのジョージ・H. W.ブッシュを含むネブラスカとワシントンDCのトップの共和党員と一緒のヘッドピンであった。  昨年、ワシントン・タイムズ編集スタッフのシニアのソースは、ワシントン、DCのトップの共和党の政治的な戦略担当者を巻き込むゲイ行動で、ホワイトハウス副幕僚長カールロブをつなげた。(1989年の間の共和党の小児性愛者スキャンダルを壊した同じ新聞紙)。