このページを友人にメールしなさい!

ZetaTalk:Deep Impact;デイープ・インパクト
2005年6月26日ー著


彼らが核兵器で再び惑星Xに試していると思わないか?

 彗星が推定上形成された時に太陽系の早い時代をもっとよく知る機会として、公表され、この彗星との衝突が、大衆が告げられているものどころではない。
 10年前ほとんど計画されて、これはそうであったし、通過の衝撃を希望的に減らすために地球へのその接近を惑星Xを核攻撃する代替の手段であり続ける。
 2003年9月21日の最初の試みは、ガリレオの木星への激突死と偽装された、空で潜在的に点火すると公表された、それは温和なエイリアンにより使用不可にされたので失敗した。
 それらの霊的な成長の早い段階の地球などの世界を管理している規則は、それらが、お互いに破壊することを許されないことである。
 そう警告されるにもかかわらず、米国は、打ち上げた調査船によって惑星Xを核攻撃することを試みて、失敗した。
 調査船が惑星Xに送られていないので、7月4日にスケジューリングされたこの2番目の試みがテストであり、しかし停止させられた地球のすぐ後ろの軌道に乗るために、1年以上前に到着し、その軌道を共有する地球の暗い双子に向かってである。
 2003年12月に公転軌道で地球が停止したので、暗い双子が、2004年の中頃に地球の後ろに到着した、それらの位置は、2004年12月にこの最も新しい調査船の打ち上げ日付と関連して、知られていた。
 暗い双子が日没後に西で見られた、これは地球人がデイープ・インパクト 2004年の早期に[写真]で撮られた時に、観察者に青色と黄色のスペクトルのいくらかの光を反射するように置かれない限り見えない岩の黒い塊は、図において与えられたテンプル1の位置と合致している位置にいる。
 暗い双子は日没のすぐ後に西で見えて、そしてこれは、人間が、デイープ・インパクトの狼煙(花火)を注視するように告げられている場所である。

このテストは、理論、核兵器を経たこのタイプの惑星への少しの押しの可能性 が、テストされている。
 暗い双子が、死んでいて、水がなく、植物もなく、生命がなく、大気もないと知られているので、それが許されることを期待している、そしてこのように、たぶん、住んでいる惑星が、★お互いに破壊することを許されない規則下でない。
 もし暗い双子が、突つかれるならば、計算は、惑星Xを突いて、逸らす必要性をもって、なされるであろう。
 一方では、従って、彼らが地球を支配していると思っている人々、どのような他の規則でも彼らに課されることに憤慨する、彼らは協議に取り組むか、又は彼らは想定する。
 彼らが悪い者たちに呼びかけているので、この群衆にすべての約束をし、返答するどのようなエイリアンにでも呼び出しを規則的にする。
 利己的な理由のための「呼びかけ」は、何でも約束し、★嘘をつく悪意者への「呼びかけ」である、そして裏切ることや希望をこなごなにするのに努める相談で、そしてチリが降下する時に、多くの新兵を悪意者に保証するかも知れない人間達の中で行動する。
 規則を施行し、作る宇宙協議会は、主に善意者により参加される、下層民のような悪意者、彼らの犯罪の要素を取り扱う宇宙の95%である。
 世界の協議会は絶対に間違いなく、悪意者の彼らのことを聞かず、彼らが援助するのをさせない。

 7月4日のいくつかの狼煙(花火)のチャンスは?
 人間の手で可能である。惑星Xを弾道から外す核攻撃のチャンスは?
★ゼロである。

#1469-時のサイン
NASAが彗星を吹き飛ばす時に花火はあり得るか[6月26日]Http://seattlepi.nwsource.com/national/apscience_story.asp?
'この独立記念日に、まばゆい花火大会は地球上にはない。
 NASAは、マンハッタンのサイのズ彗星の半分にスタジアムサイズの穴を爆破して作る大胆な任務で、それ自身の天のスパークを発射することを望む。
 NASAは、その実験が彗星の軌道を変えず、又は破壊は彗星を置き換えないだろう、又は、地球との衝突進路のどのような屑くずでも置き換えないだろうと保証する。'


[そして別のソースから]http://www.nasa.gov/mission_pages/deepimpact/mission/index.html デイープ・インパクト任務は、開始から終わりまで6年続く。任務の計画とデザインは、1999年11月から2001年5月までなされた。
 2004年12月に、地球の軌道を去り、彗星の方向に向かうデイープ・インパクト宇宙船を積んだデルタIIロケットは打ち上げられた。
173日の飛行の後、4億3100万キロメートル(2億6800万マイル)、 NASAのデイープ・インパクト宇宙船は、接近し、7月4日の彗星テンプル 1とのかいごう。彗星テンプル 1の軌道は火星と木星の軌道の間に横たわっている。