このページを友人へメールしなさい

ZetaTalk:変化のサイン
2005年7月18日ー著


 惑星Xの吊りひも状軌道は通常の軌道パターンと調和しないので、多くのことに混乱を生じさせる。吊りひも軌道で は、惑星Xは太陽に向かって直線で来て、太陽のすぐそばで滑走し、太陽を通過した後再び直線でスピードを上げる。
 それで、惑星Xには逆行する運動という側面があり、太陽系の他の全ての惑星と逆の動きをしている。逆回りの軌道にある惑星Xは、他の惑星と同じ方向に動いておらず、他の惑星に向かっている。軌道の向きでのこの衝突は、地球が通り道にある惑星Xに遭遇して軌道で止まる原因となった。この衝突はまた、惑星Xの背後の太陽から出て来る粒子の混み合いと組み合わさって、惑星Xのわきを回って来る粒子の渦の流れに地球が捕らえられる原因でもある。
 惑星Xは太陽のまわりを滑走して、ゆっくりと、進むので、その前にある地球を押している。けれども地球はこの渦の流れを逃れることができない。吊りひも軌道と逆回りの軌道と逆回りの回転が関係している。惑星Xは、逆回りの軌道で太陽を通過するだけではなく、逆回りに回転している。このことが、惑星Xと地球の間の距離が近づき、それらの磁場が出くわすほどになるとき、地球との直接の衝突を引き起こす。そして、その通過の間、最終的に地球の回転を減速し停止させる。

★吊りひも軌道と、逆向きの軌道と回転と、惑星Xの磁気的な配置が、惑星Xの通過が地球にどのように影響を及ぼすかに関係する。惑星Xが逆向きに回転して逆回りの軌道で太陽を吊りひものように通過する間、惑星Xはまた、太陽の非常に近くを通過するので、太陽の磁場の線に整列もして、この配置に強制される。
太陽 このことは不幸な地球にとって何を意味するのか?

  地球は、込み合った車線で動けず、周囲全ての粒子流が地球をその渦の流れの中央に押し戻すので、外に出ることができない。地球は磁気によって太陽に整列させられており、太陽から出て太陽に入る流れとの地球のバランスのために軌道を離れられない。これは私達が軌道のロックと呼んだものだ。体をねじらせた怪物が地球に向かって接近し、太陽系から出て行く途中でまさに地球の頭上を通過しようとしている。地球をそこに保つ全ての力の故に地球は地球の軌道を去ることができない。それで、地球は惑星Xが地球の軌道を横切る点を逃れることができない。地球は立ち止まっている。それは交通の激しい車線にいる鹿のようだ。鹿は怯えているが動くことができず、ヘッドライトの中に凍りついている。

 惑星Xが逆回りの軌道で動いているということは、惑星Xの前方で渦の流れに捕らえられている地球は、惑星Xが通過する前に軌道が秋の位置に、ついには8月の位置に押し戻されることを意味する。その間に、惑星Xは南から北に黄道を通過するが、それで、太陽の方に向けていた北極を太陽から離れる方へ向けるように振ることにより、磁気流線と整列しなければならない。つまり私達が270度の回転として述べた状況だ。これは明らかに最近のSilbury Hillのミステリーサークルが中継していたことだ。

この回転は北極を内側の太陽の方にではなく外側の地球の方に向ける180°の回転で始めるが、私達はこの回転のどこにいるのか?
 かなり進んではいなくて、★★まさに始まったにすぎない。しかし、このことがその速度を示すものではまったくない。というのはこれは一定の速度ではないからだ。磁石は磁場内の圧の閾値が変化するとすばやく動くことが知られているように、ある時点で、この押し進める力は強くなり、北極を速やかに外向きに押す。  このサークルの制作者が1年前のコベントリーのサークル[2004年7月4日](zeta127)と比較することで伝えようとしていることを人は理解できるコベントリーCoventryのサークルでは、惑星Xは地球から見て太陽の前にまだ移動していなかった。Silburyのサークルでは、惑星Xは中央に置かれているがしかし、まだ黄道のほんのわずか下にあり、そして、もちろん、相対的な大きさが示すように、地球にいっそう近づいた。これが1年経過した進捗だ。
 Planet Xが後退する軌道で動いているので、これは地球が惑星Xの前で渦流れで罠にかかっている、通過に先んじて秋、最後に、★8月の位置の彼女の軌道に押し戻されることを意味します。

  地球からみて、この270°度の回転が進行していることを示す徴候は何か?

 磁化された酸化鉄の粉末から成る惑星Xの尾は、惑星Xの北極から管のように出ているので、これは地球に向かって曲がり始め、大気中に赤い塵を増やし、月達の渦巻と目で見ることのできる衛星をその横か地球の近くへ吹き付ける。
 地球に向かって漂い近くにくると、それらは大きくなるのでますます見えるようになる。あるいは、横に漂うと、それらは太陽を背景に浮かび上がってみえる。

この回転が進行していて、これはすでに起こっていることなのか?
 以前は、尾は太陽の方向にまっすぐ向かっていた。そのため、尾の中の密集した部分である衛星の渦は、太陽の方をどのように見ても見失われる。この回転が進行するにつれて横の方向に吹き出された衛星の渦は、依然として惑星Xの巨大な引力の近くにあるが、それらは時には太陽の外で、太陽からのガス状の噴出物を背景に浮かび上がり、それを識別できる観測者に見られることもある。
 これらの目に見える衛星は、惑星Xを取り巻いている中の大きいものであるが、小惑星だとかレンズに付いた何かだとして釈明されるだろうが、それら の発生率は増加していく。
T.k訳
#1483-時のサイン
私は天文学の知識を持ちません、私が、7/18/2005の01:19の最新のSOHO EIT304の暗い、丸い物を太陽の3時位置見る時私が見た者に確信がない: 。
 私は、それが写真の中の人工品であると思っていません。拡大したバージョンを見るとき、点は全くはっきりしている
[そして別のソースから]NASA科学者によって、使われた専門家技術は、私は最終的に言うことができるーそれは人工の物ではない!
Photoshopとその多数のフィルタを用いて、私は以下が真実のことを確かめました: 1.物は、太陽の前にある。
2.★多数の前の写真の中で見られることができる他の動かない人工物は、色と飽和分析において現れません。
3.物体は、何らかの下への拡張をするように見えます。下はあなたが分析との関連だとわかる。色の伝説(色の変形は、より強い強調で両極端を明らかにします):Cyan青緑色ー 小さな放出と異常のような我々への接近か ?
人工物は物体を除いて存在しません。
緑ー小さく、大きい太陽黒点からの太陽のレベル赤、オレンジ・黄色の活動
http://i13.photobucket.com/albums/ [and from another source] 私は、太陽がオレンジと同じくらい大きいならば、地球がコショウの実と同じくらいの大きさと聞きました。それで、これにより、この物体は地球より非常に小さいです、月のサイズ以上か(more moon sized)
 物が光を反射していないので、それは太陽の前に位置します。それは、どれくらい近くにあるのか?サイズは、距離と関連している。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー