このページを友人にメールして下さい。

ZetaTalk:特別検察官フィッツジェラルドの告発: Fitzgerald Indictments
2005年10月24日ー著


ナンシーは、 10月21日金曜日についての噂が真実ならば、何が特別検察官フィッツジェラルドの告発に起こるかを知りたく、司法長官ゴンザレスとブッシュが、どんな処置を取ったかなども。
 もちろんそれが、フィッツジェラルドを解雇させるブッシュの計画、ニクソンに何が起きたためか、そしてメディアで使われた比較、まるで彼がくしゃみしたかのようなそのような命令を無視した彼のまわりの人々、命令を出さなかった。
 フィッツジェラルドはそのような動きをして、基礎が明らかに彼がそうしていないエラーで動いていると証明されなければならない。
 そのような動きは、連邦機関により、法廷により、議会により、大衆により有罪人による必死な動きと考えられる。他のオプションがある。

 1番目に、動きは、フィッツジェラルド自身に納得させて、より小さい党を攻撃するだけであろうとすることになっていた。これは失敗した。フィッツジェラルドが天使に保護されたので、暗殺の試みも失敗した。 2番目の動きは、法廷、告発が取りかかることを防ぐ試みがシカゴであった。これは、最初は、知られているように最初の裁判は、成功したけれども、1番目の上の裁判官により無効にされる。大衆  3番目の試みは、rumor mills (サイト)での多いて、偽のテロリスト攻撃によって、シカゴ近郊を爆撃することであった、また、案内し、天使により補助される 人の介在のため失敗した。
 4番目の計画は、法廷で、配布される時に、告発を扱うことであった。そのフィッツジェラルドはこれのためのDCにおいて動き、彼が、これが起こると知っているので、彼のか大胆な計画、最高裁判所に迅速に駆け込み、そして失敗した。
 もし証拠なしで法律により彼らが不相応にもたらされるならば、告発は抑えられうるだけで、これはケースではない。

 フィッツジェラルドは金曜日に告発状を法廷に持って行った けれども、法廷はそれらを抑えなかった。
 この試みは司法省で、法廷でなされたけれども、法廷は、正当としてこれを考慮するのを断った。それは、ある形式で、又は別の形式で、告発を出し、それらを終えるのに従うにちがいない司法省である。
 ★フィッツジェラルドは、ゴ司法長官ンザレスを使うより他のルートを持ち、もし行動が取られないならば、連邦裁判所執行官と同類の者を使ってこれを独立して追跡するであろう。
現在、彼がゴンザレスがショックを受けたように見えるので、この告発の範囲にいると考えている。
 彼は、ホワイトハウスと共和党が、彼らの道、計画を計画し、彼らが計画を持っている時に、告発を通らせようと、正しく仮定している。

 次は何?

 告発を登録し、計画された気のそらしを経て、メディアでそれらの事を減少させ、そして彼らが最高裁判所に達する解雇への動きをする。  私達が知っているもの、そしてブッシュ政権がカウントしていないことは、これらの裁判官の多くがそれに気づいていること、そして法律違反を怖がっていること、そしてイラクとの戦争で国民をつかまえる反逆の動きだけでなくゴアからの大統領の地位の窃盗。 解雇する動議は起きない。
 その間、ブッシュ下で全体のめちゃくちゃが起こったように、ホワイトハウスは、国際的なスキャンダル、敬意によって兵隊を扱うことの他の国家への拒絶、および辞任のための議会からの呼び出しと告発の話でさえ対処させられる。

時の合図ー#1505
D. Cの上訴裁判所はブッシュへのフィッツジェラルドの告発を防ぐために司法省に対し訴訟をほのめかした。[10月25日]http://www.tomflocco.com/今日、早く、コロンビア特別区の上訴裁判所は別検察官パトリック・フィッツジェラルドのホワイトハウス役員に対する告発を妨げようと試みて、ブッシュ政権をその司法省に対して、適合させるようにした。
 情報畑の報告からのデータという形の情報に基づく一連の出来事によれば、ホワイトハウスの司法省を遮ぎる初期の試みと告発を無効にし、封印は、金曜午後遅くにD.C.の地方裁判所によりリリースされた。
 金曜日に、司法長官アルベルト・ゴンザレスはそれのために彼自身と彼の同僚に対しての告発を出し、サインするのを拒絶した、それはそれらを公にしたであろうものを。
 フィッツジェラルドは、伝えられるところでは、D.Cの地方裁判所の前の同じ日にマイヤーとライスとともに現れた
 最後の溝は、告発とライスとマイヤーにより導かれた犯罪の内容の発表を防ぐホワイトハウスにより試みられる、そして伝えられるところでは、ブッシュの司法長官としてオリジナルな告発を出すのを断るための付加的な計算でゴンザレスが告発されて以来である。
 重要に、2回の連続的な反転は、通常 高等裁判所が救済を許可するのを防いで以来、地区と上訴裁判所による免職は、多分、ブッシュ政権によって米国最高裁への付加的な訴えを妨げるだろう。
 マイヤーとライスはまた、伝えられるところでは、法廷にフィッツジェラルドの報道禁止命令する試みた、裁判を遮ぎりる別の試みの大陪審、犯罪者を防止する、大衆に発表する告発の広範囲の内容。'


[注:たぶん、ニクソンタイプの結果を生じる、又はゼータが予測したホワイトハウスの完全な免職の結果である急速な動きドラマ。]

時の合図ー#1504
ブッシュは、フィッツジェラルドの解雇を命じ、スパイ活動を告発する[10月21日] http://www.tomflocco.com'今日の特別検察官パトリック・フィッツジェラルドは22以上の告発を司法長官アルベルト・ゴンザレスにした、ジョージW大統領、副大統領リチャード・チェニー、スパイ活動をした他の者たち、裁判の妨害、偽証CIA/バレリー・Plameリークゲートのケースにあける他の者たちの多くの責任を。
 ブッシュは、その時、ゴンザレスに、フィッツジェラルドを免職にしろと命令、告発は抑えて、封印された。ゴンザレスは、大陪審によって手渡された告発の解放を断った、そして裁判官により命令がなされた。'


[そして別の情報源から] http://www.sunriseofthesolardisk.com/[9月19日]' 明白に、マーク・Rフィリップ裁判行政長官によって内側からこれらの強烈なプレッシャーは告発を取り消したシカゴの米国連邦裁判所内で見たところ、活発な動きがある、彼は大衆に発表するのをこのようにずっと抑制した。

 彼らはもはやこのタイプ活動を寛大に扱わず、そして私は封印するよりもこれらの告発を表に出すことに努める道にあると信じる。


[そして別の情報源から]http://ironside.cs.northwestern.edu/[2003年11月12日] ' マーク・フィリップ、5月に37才のシカゴの弁護士は、シカゴの連邦法廷の空席を満たして、大統領ジョージ・ブッシュにより任命された。もし完全な上院により承認されるならば、フィリップは北のイリノイの米国地方裁判所で現在勤めるどんな裁判官よりも若くなるだろう。'

[そして別の情報源から] http://www.americanfreepress.net/[8月15日]' 遅い7月にフィッツジェラルドが彼の大陪審を保持し、政府工作員を熱心な検察に、調査が危険水域に入ったとの「警告メッセージ」として送っていたかどうかについての、ヒアリングが取り上げられたDirksenビルの議会のオフィスの下の地下鉄の最近の爆弾脅迫の最近に報告された。
 爆弾脅しは7月18日、月曜、午後遅くにローカルな警察に報告された、地下鉄をそれのために約45分空にし、爆弾を嗅いでいる犬とSWATがメンバーを結合する間、地下鉄の車両うちの1つに置いていかれた怪しいパッケージがあると報告されたものを検索した。'