これをメールしなさい 友人へのページ!

ZetaTalk:Not Just UFOs!;全くUFOではない!
2005年11月28日ー著


「ゼー タは、メキシコシティーでビデオテープに録画された飛行している人型ロボットについてコメントしてくれませんか?

[そして、もう一つの源から]最近私は、ほとんど毎日更新されているUFOの写真とビデオと記事のアーカイブがあるウェブサイトに出くわした。それを通して見た後、私は本当だと思う数枚の異星人の写真を見つけました。私が奇妙だと分かったことは、これらの『本当の』写真は、2004年の中期から後期に公表されたということでした。」

 私達は、ZetaTalkの初めに、目撃例が増加し、宇宙船だけではなく、エイリアンの体の目撃例へ進むと述べた。私達はまた、以前は宇宙船の写真やビデオ撮影はほとんどいつも失敗していたので、写真やビデオが作り出される傾向があるだろうと述べた。宇宙船の目撃例、大規模な目撃例が増えてきたし、それには否定できない劇的なものもあった。たとえば、1991年のメキシコで撮影された多くのビデオ、1997年のアリゾナでの母船目撃例、そしてABCにより生中継撮影された2005年の予言者ヤハウェの予言のUFOの呼び出しだ。散歩していた若い女性が森の中で、傷を負った仲間を看護していた異星人を発見した ブラジルのロズウェルに始まり、多くの上手に文書化された目撃例があった。例えば、インディア ナでのハイウェイ沿いに歩いていた異星人や、イスラエルの農場で発見された農民から離れて漂っている異星人などだ。

 民衆は本当の話と作り話をどのように識別すればよいのか?

 一般的なガイドラインが使える。そうです、異星人は自身を浮揚させることができ、漂うことができる。しかし、これは彼らの主な輸送手段ではなさそうだ。彼らはこのように目撃されるか、コンタクトし、一方、平均して人間と地面に立っている。そうです、コンタクトするほとんどの異星人は、コンタクトのショックを除くために、ホミノイド(人間型)だ。
 しかし、フィルムに捕らえられる異星人は、体や体形はたぶん人間の形体とひどく異なるが、それは強調のためだ。これは人間が誤って撮影した写真ではなく、メッセージだ。このように、子供あるいは男性か女性の形体のようなものを示す写真は、初期の異星人の写真のものではなさそうだ。そうです、個人単独で異星人の身体写真をとるかもしれないが、これらの初期の写真に合わせて、Awakening(目覚め)を早めるために、これらの機会は群衆の前、あるいは少なくとも集団の前でますます起こりそうだ。

 翻訳 T.K