このページを友人にメールして下さい

ZetaTalk::宇宙のチリは生きているのか?
2006年1月6日ー著


私達が説明したように、もちろん、生命はどこにでもある、多様な世界で出現し、炭素、又はシリコンに基づく世界で人間は生命のために有毒すぎると考えられる。
 ガス状の惑星は時には,生命を作る、DNAが本来必要でない。結晶は発展し、開始し、成長するけれども、生命とは考えられない。

なぜ?

 可動性がまったくなく、そしてこのように、環境から独立ができないので、意識的な考えの少しの能力も可能からである。
 木は可動性を欠くけれども、生きている。なぜなら、それは、その損傷を癒して自身の攻撃に反応し、日光に傾くことによって自身を永続させることに努めるからである。
 生命は自身を防御し、自身を永続させて、蓄積によって成長することに努める。知能が可動性によって来る、さもなければ、ほとんど必要ではない(scarcely needed otherwise)。
 知性が意識になることができる、他の生命と別だという自身の自覚。
 私達は、「多くの惑星上の自然に発展する生命、生命を維持できるそれら、それらの数は、人間が想像以上にある」と述べた。
 あるタイプの流動性は常に生命の開始のための必需品である。
 従って、必要な化学物質は、お互いに出会う必要がある。
 これは液体、又はガス状の状態であるかもしれない。
 ともかく、何故、隕石からのチリが生きて現れるのか、どんなケースの生命形式、細胞か?

 地球軌道に沿って降る隕石のほとんどは、人間の天文学者が言うにもかかわらず、太陽系からである。
 私達が述べたように、太陽を回る時に輝くガスを吹き出す汚い雪玉の彗星は、過去に小惑星帯にあった2,3ダースの惑星の痕跡である大部分の水惑星は一つで?生命を産む。
 小惑星帯はそれらの惑星からのマグマの大多数を保持し、それは、宇宙と奇妙な形に硬化することを突然、始める。
 もし、すべてのそれらの惑星で生命が始まるなら、それらが開発のどんな段階であったか?
 それが自然に発展するか、またはプロセスを促進するために種が実っているかどうかにかかわらず、生命は、1日で発展しない。
それはステップと段階に展開する。次の歩みが取られうる前に、1つの段階が適所にある。
 DNAは、自身を複製し、生物学の機能の命令を前に運ぶ(繰り越す)生命の能力をサポートする。遅く、人類が、彼自身の最初を試験して以来、DNAの前に細胞が来たか、又DNAの前に細胞が適所にあるかを、彼らは、決定できない。
 仮定は、最初、ある種類の原始のスープにおいて形成にリンクし、そして後で、保護するものとして発展した細胞が発展して、DNAが最初に来た。現在、彼らは同様に知っている。

 スープのDNAは継続的に攻撃に服従する、そしてどのような確信によっても自身を永続させない。
 生命は、カオスではなく、むしろ豊かな成分があるスープで発展する。★複雑な分子は、本質的に形成される、一つの例として、火山で、または電光の間に、又は火山の熱の上で形成される石油のようなものだ。
 人の科学者が知っているように、細胞体はDNAなしで消散しない。
 それは食べて、続く。それは、与えられた成長で自身を見つける限りはスープは、補助なしでこれをする。
 細胞の死は、それが攻撃されて、攻撃にさらされる時にだけ起こる、それでそれが組み立てて、形式を保有することを可能にした分子の機能が混乱する。
 地球に落とされた証拠(隕石)は、小惑星帯の以前の生物をサポートした惑星からこれらの細胞の分子の構成を保護した小惑星帯の大きな塊が入れられた。
 従って、それらは、死ぬ理由を全然持っていなかった。しかし、形がはっきりと現れるので、これはDNA挿入前の、次の段階、生命の段階であった。DNAは自然に巣、シェルターを必要とする原始の水たまりで形成される。
 細胞に関して、それは、今日それがする内部の室へ細胞の外皮を通って移住できる。これは、細胞を感染させる時に、ウイルスがすることか?
 これは、それが細胞の間に進む時に、RNAがするかことではないのか、通信するか?

時のサインー#1529
懐疑論者は、起こり得る異物の細菌の主張を歓迎する [1月5日]http://www.world-science.net/ 科学のジャーナルに出現する記事は、「★四年前に意外な赤い雨は地球の上に宇宙から微生物を落としたかもしれない」と主張する。
 粒子は最低50000kg(55トン)は降下した。通りの人々は、それらの布切れが赤い雨滴によりシミがついているのを発見した。ある場所では、粒子がそんなひどく落ちたので、雨水はほとんど血の色をしていた。
 粒子が単細胞の有機体のように見え、そして幅1ミリの約4千から1万の1までで、典型的なバクテリアよりいくらか大きい。
 「粒子は核、コアを欠くようで、動物と植物細胞がもつDNA-包含コンパートメントとである」と研究者が書いた。
 化学のテストは、それらがDNAを欠き、細胞が含んでいるほとんどの遺伝子輸送分子も欠くことを示した。
外の外皮は内側のカプセルを含むように見える。
 それはいくつかの場所で細胞の中の空の領域を成形する外の壁から取り外されるようである。
 さらにそこに細胞の外の側のかすかに可視の粘液層の存在のように見える。赤い粒子の主要な構成要素は、炭素と酸素である。
 炭素は地球の生命の鍵となる構成物である。シリコンは粒子の少ない構成要素の間で最も突出している;他の要素は鉄、ナトリウム、アルミニウム、および塩素が見つけられた。
 赤い雨現象は最初2001年7月25日に起こった流れ星の空中爆発事件後に、Keralaにおいて始まった。生きているか、又は死んでいるか、もし記事が正しいならば、粒子はいくらかの耐久力を持っている。
 室温のオリジナルな雨水の貯水タンク後でさえ、約4年間どのような防腐剤なしで腐敗なし、又は色づきなしの粒子が見つけられた。'