このページを友人にメールして下さい。

ZetaTalk:Iraq Civil War:イラク内戦
2006年2月25日ー著


 私達は、しばしば、「イラクの戦争が、サウジアラビアとイランに拡大し、そこからパキスタンを経てロシアの油田へ、中東の油田を徴発するより大きい計画の一部であった」と述べた。
 現在の軍隊行動のステップは、ジョージ・ブッシュ親父により同盟者と考えられた★タリバーンと★サダム・フセインの親交によって過去に設定された。
 最初の湾岸戦争の終わりでサダムが権力者にとどまることを可能にすることによって、ステップは、彼の父の仕事を終えることを強く主張したジョージ・ブッシュJr.のためセットされた。
 もちろん、ポールシフトが予期されたこの時の大統領にブッシュJrにしておくことは、計画内であった。
従って、私達は、2004年の選挙の不正と2000年の間の最高裁判所命令によりDubya(ブッシュ大統領のニックネーム)をホワイトハウスに入れた。
 2000年の大成功によりホワイトハウスを乗っ取ったグループは、妨げを気にかけず最初の計画に進んでいるけれども、逆戻りに関らず、しかし反対者によって彼らのコースが変えられたのを見て、そして死にもの狂いになった。

 ひとつの選択肢は計画を断念することだ。大統領の地位及び最高行政官部門の指揮 権から追い出されることに甘んじて従い、他の裕福な市民と同じように十分に備蓄さ れ防護された塹壕でポールシフトに備えるために静かに夜の闇に入って行くことだ。

これは横柄なブッシュの仲間のように思えるか?

 私達が述べたように、彼らは、UAEの港支配の取り引きを通して、米国に★テロ攻撃をつくだすことを望んでいる。
 そうすれば米国内に★戒厳令を発令し、★召集兵を強制的に呼び出すことができる。ブッシュの大統領としての任期が切れるまで、その計画は新しい活動があるかもしれない、あるいは思考はそのように進む。

   あらゆる面での反対と支持率の低下にもかかわらず、ブッシュがUAEの取引を押し進めることに、それほど頑なのは、他にどのような理由があるか?

   彼らは必死の措置を取っている!

これにはイラクの内戦を扇動することが含まれているか?

中東で暴力が[増加する]ことは、ブッシュ陣営にどんな得があるか?
 イラクの内戦と、アルカイダがサウジアラビアの精油所を攻撃したとされたこの奇妙なタイミングに注意しなさい。このようなところが襲われたのは初めてだ。

   なぜひとつの事件が他の事件を刺激するだろうか?

   アルカイダはシーア派でもスンニ派でもない。サウジアラビアの攻撃はどちらの党にも役立たない。だが、★ブッシュとその仲間の利益には関連がある。
 米国がイランとの★戦いに火をつける[唯一の]方法は、イラクでの混沌が境界を越え て広がることだ。これには、米軍に石油備蓄を守るように要求するサウジアラビアと の境界が含まれる。それで事態は進展し、そのようにして、★そこを占領するという結 果になるだろう。

これはブッシュの望むように最後まで進むか?

 ブッシュの望みは、増加した中東の駐留部隊とその作戦で増加した範囲を支援するために米軍を押し進めることだ。これは最後まで頑張って勝利を得るのに必要な状況に置かれるだろう。万一これが反対されるのであれば、アメリカがその地域の石油に依存していることが強調されるだろう。

   これらの必死の措置は計画通りに展開するか?

    人は、これらの情勢が人の手の内にあり、追いつめられた動物は、どの方向にも跳びはねるということを心に留めておくべきだ。その最終的な結果についての私達の分析では、★イランとの戦争もサウジアラビアの占領もなく、米軍はイラクから★段階的に秘密裏に撤退し、内戦の結果として派閥に分かれる。

    私達は、イラクの本当政権交代は なく、実際はスンニ派が内戦の間、軍事力を保持すると予測した。サダムの護衛はスン ニ派だった。戦争の専門知識はスンニ派が所有している。そして、サダム裁判の男は サダムでは[なく]、★サダムにそっくりな者達の一人である「彼の彼のいとこだ。
 結局は、ブッシュ陣営は静かに夜の闇に入って行くことを要求される。

 しかしほどなく、いくつかの★劇的なゲームが、米国自体の中でなされる。私の友人達よ、それは別の日のZetaTalkです!


以上 訳 T.K.

時のサインー#1556の合図
イラン、米国、主要な世界危機の最初[2月25日]http://newropeans-magazine.org/ 警告は2つの証明可能な出来事に基づく。一方では、地域でオイル製造者に利用可能である、2006年3月20日にテヘランでユーロで値段をつけられた最初のオイル取引所を開くイランの決定がある。
一方では、2006年3月23日から流れている「M3の数字(世界を巡るドルの流通量の最も信頼できる指標)発表するのをやめる」というアメリカのFDR連邦の決定がある。
 イランの2006年3月の終わりでユーロで値段をつけられるオイル取引所のオープンは、グローバルなオイル市場のドルの独占の終わりである。
 即時の結果は生産国が彼らの生産を使えることができるので、国際通貨市場を覆しそうである。
 ドルの強い落下はたぶん、アジア、ヨーロッパ、および石油を産する国で、★米国長期債券の大量の販売を結果として生じる。
 すでに数ヶ月の間、M3はかなり増大し、貨幣印刷はワシントンですでに加速しているのを示し、米国連邦準備銀行〈ベンBernanke〉のトップは、貨幣印刷の増大の賛成派であることが知られている。
時のサインー#1555
地獄の門は開いている [2月25日]http://www.theaustralian.news.com.au/'  サマラのシーア派の国の最も神聖な金色の回教寺院の巨大なドームが爆破された時、イラクのイスラム教の相互の戦いは、新しい絶望に達する。
 独裁者サダムが陸を大股で歩いた時、少数のスンニ派は、彼と共にあり、権力を満喫し、彼らの数をはるかにまさって強奪した。
 イラクの新しい構成は、連合を嫌う3派閥の少数民族を統御する連邦制を備える。
 区切りは、シーア派を彼らの母国の南に、クルド族を北に閉じ込める。どちらのグループも、不満を言う理由を持っていない、どちらの国の端でも広大な地下オイルの上に位置するので。
 確立された内戦は、正確に米国軍隊の計画者は避けたかった。もし予期されるように、民族浄化をより遠くにたもちつ。
 それは今年、実際的価値のない巻き戻しで、160,000人の軍を留めることは、難しいだろう。米国国会議事堂の立法者は、11月の選挙に直面していて、幾人か公然とすでに、長引いたキャンペーンが、ますます有権者への難しい売りこみである。'


[そして別の情報源から][2月25日] サウジアラビアのオイル施設の攻撃を回避するhttp://www.mercurynews.com/' 自爆は金曜日に世界で最も大きいサウジアラビアの石油精製プラントを台なしにしようとした。
サウジアラビアのステートメントは攻撃は、少ない火事で直ちに消され、オイルまたはガス生産を粉砕してはいなかった。
しかし、サウジアラビアのオイルのうちの2/3の輸出量が通るペルシャ湾近くのAbqaiq精油所群への猛攻撃は、重要なサウジアラビアのオイル施設への攻撃の1番目であった。
オイル専門家は「警告された他の攻撃がありそうである」と警告した。'