このページを友人にメールして下さい

ZetaTalk:ライブのGLPラジオ番組での中国の蜃気楼: China Mirage
ー2006年5月13日


これは意図的な(故意)の合図であった-沿岸を離れ、山に行きなさい -これは、彼らに伝えられたメッセージであった。彼らは潜在意識にテレパシーのメッセージを同時に伝えられていた。
 思い浮かぶかもしれないことは、彼らの潜在意識にメッセージを受け取る小さい特定の個人を光線の爆発と共にそこで、船は通り過ぎる、第三種接近遭遇ー「未知との遭遇」の映画です、そして、ユニークな火山の多い尖塔として、ワイオミングの特定の丘の頂上に行きなさい。  そして、彼らが地球を離れ、宇宙船、母船に置かれることに、含まれ、数人の個人が、それを作った。
これはそのメッセージだけれど、そこには類似点がある。
彼らは彼らが告げられ、このホログラフィックな表示を同時に与えられて、海に面しているので、明らかに彼らがいる沿岸に居ることが安全ではないあなたが山の都市を捜すべきで、山は風景の一つのタイプのホログラフィックな風景の意図であった。

まれな蜃気楼は、東の中国の沿岸から離れて出現する
2006年5月7日
http://www.chinadaily.com.cn/china/2006-05/07/content_583576.htm
数千人の観光客と地域住民が、日曜日に東中国の山東省のPenglai市の岸からの4時間の間続いた近代的な高いビルの蜃気楼を目撃した。
 霧は岸を昇り、現代の高層ビルの都市、広い街の通りと忙しく働いている車とすべてクリアに見える人々の群衆がいるイメージを作った。
Penglaiの都市は、希な天候現象が起こる前に2日間の雨が降った。
 蜃気楼は労働者の日の休日の週の間に起こった。小さい都市は日曜日に30000人より多くの観光客を歓迎した。専門家は、「山東半島の先端の歴史を通して神の場所と知られるPenglaiにおいて、多くのイメージが記録された」と言った。
 彼らは、海水の温度より大気中の湿度が暖かくなった時、空での大気中で、風景の反射を作る太陽光線を屈折させる蜃気楼が形成される。