このページを友人にメールして下さい<---HIDE-ME--->

ZetaTalk:
GLPラジオ番組ーMorgellonsー2006年5月20日のライブ


Morgellons 役割をもつ線虫類似の生命形式は、災難の中心的存在か?

私たちはゼータトークの早期で「ポールシフトが接近するにつれ、病気の増加があると」述べた。
 ポールシフトと後にもたしかであるけれど、多くの理由―地球変化、気候の変化、コアの渦巻きで、これは、野生生物と他の生物の白子現象の増加、白いバッファローを起こさせる。
  そして、確かに、もし変化が多くのアルビノー白子を作るならば、ボディの他の部分は何をしようとしているのか?
 これは、地球表面に住んでいる生き物にとり、ストレスになっている。
 すべてのストレスのように、免疫系と生きる意志が異なる。
 私達は、「多くの免疫系に下降がある」と述べた、何故なら、進化的な基礎で耐えるために、デザインされなかった人間の周りで渦巻いて、地球の内外で流れる多くの粒子流れの変化のためである。
 2番目の理由は、虫のタイプ、気候変化、温度の揺れである。
 それらに抵抗が全然ない所で、上陸するために南半球のケースで移住する熱帯の虫である。病気は突発する。
 それは、知られている病気、知られない病気、それが撒かれたかのかと思って、誰もが蔓延について心配しているけれども、これらの虫の移動と日和見性のためである。
 3番目のファクターが、細菌で、又は人間が目立つ病気になるポイントに増加するだろうことに人が気づいていさえしない生き物である。
 これは、また、実のところまさに目立ち、又は一般的でなく、それが新しい病気に見える下降した免疫系のためである。

 Morgellons病気はそのカテゴリーの例である。過去に知られていた。 300年前、ヨーロッパで非常に同様な突発がありニュースになった、類似が驚かしている。
実に、それは、一緒に共存し、お互いにサポートする一連の生き物である。 ライム病が、一般的に、Morgellonsを発達させる人々の場所にあるのは、また報告された。
 ★一般的運搬者はダニである。
 そして、カリフォルニア、テキサス、それが合衆国にわたってあるけれども、★暖かな気候のフロリダのようなエリアで広がるようである。
 しかし、★ダニは噛む、鳥、又は多くの生き物を感染させ、動く人間さえ移動する野生生物、そのため、いろいろなバクテリアの共存、又は協力的な性質、小さな生き物〈線虫類似の生き物〉は、広げられる。
 それは、まさに、私達が、説明しているもののもう一つの増える病気の例である。

これについてどうか?
 はっきりと、誰もがそれで免疫が下降するので、免疫系を改善することは大きいファクターである。誰もライム病にかかるわけではない。
 ライム病は、体のリンパシステムにおいて関節およびフロート?浸透する伝染である。
 ボディはガンを保存処理することさえできて、まだ、他の人々はガンを得て、それらに彼らを乗っ取らせる。
★これは生きる意志に基づく。
 従って、これは主要なファクターである。ライフスタイルを変えなさい、環境を改善しなさい。彼らによりポジティブな展望を与えなさい。
 記録されたように2番目のファクターは、★たくさんのビタミンCで、それらは違いを作れる。
 さて、それがどのような伝染でも真実でもある。
 それらは、私達が推奨する2つのアプローチである。
 ★良い栄養、★ポジティブな展望は、ここの主要な問題である免疫系を押し上げるために心理学的なはずみを与えるのに役立っている。

綿の衣類はMorgellonsの要素か?

綿は有機の物質であり、これらは有機の寄生虫であり、はい、それらは合成の物質より多く綿に引き付けられる。
 しかし、綿は★漂白剤または、強い洗剤は洗ったものは、影響されない。

製造工程は何であるか?
 例えば、それらの虫は★強い染色、非常に赤いシャツが好きである。
それらは(漂白剤)、ほとんど、綿を漂白し、それから、それを赤く染色しそうではない。
 それらは、生産原価を減少させるファイバーで少しの可能性のようにする。
はい、生物学の素材、それは、羊毛を含み、ことによると、これらの線虫類を広げる。