ZetaTalk:3rd Magnet :3番目の磁石
2003年6月8日に書かれた


回転が遅れて、止まる時には、地球はどんなストレスを経験するか?
 私達は、コアが、回り続けたく、大西洋裂け目ポイントで惑星Xの近い存在によりつかまれた地殻が抵抗して、遅れて、停止し、そしてこの対立が地球を★「呻かせる」のに言及した。
   停止の間に、そしてドラマチックな遅れの間のより小さい程度で、地球の磁場は以前のように続き、しかし苦しみ表す。
普通、磁場は、北極からの粒子流れである、そして南極を旋回する。
 惑星Xの存在は、地球の側でこの流れを塞ぐ、惑星Xから離れて、遠く側の向こうにより強く流れるように粒子がシフトするようなもの。
 撹拌を起こすように惑星Xが十分に近い時、および普通、極で群がるイオン化された粒子でこぼれ、又は地球の高く磁化されたコアのまわりを、これらの粒子は、彼らが、彼ら自身が大西洋裂け目に捕らえられているのを発見するまで、一緒に地球の地殻の下に沿って流れる。
 これは、それをとり扱うことために、別の磁石をまだ持っているので、地球の磁場内の対立を作る。

  1. 地球自身
  2. 地球と整列する惑星Xとしかし、接近の通過につれ、地球を過ぎて徐々に動く。
  3.  地球とルーズに整列した大西洋裂け目、しかし、赤道の膨らみと厳密に整列しない。

高く磁化された大西洋裂け目が急増マグマに持っている困窮は、北極で不規則な支出を作る必要がある。
コアを通って流れている粒子がまっすぐに上がっている極と大西洋裂け目に沿って流れた粒子は角度で出現する。  従って、このやせこけた流れの出現が起こるポイントは、急速な動きの地殻表面下のイオン化された粒子のためかき乱される。
 これが、大西洋裂け目が、磁化*されている*という徴候であり、極の近くでそれらの正常な範囲を脱出し、又はコアを取り囲む、そしてイオン化された粒子を*集めている*、そしてその回転の遅滞が予期できる。