ZetaTalk:なぜ5月15日か ?
2003年10月17日に書かれた


 ナンシーが提供した星座上のラインナップが注目され、エリート、国と企業への金融の出し入れ(コントロール)だけでなく、コントロールする世界的な権力にあるイスタブリッシュメントは、誰が政治に生き残るかで管理するけれども、騙された5月15日の日付が、与えられた。
 「彼らが、盲目的に活動し続けることが、明白になった」と9月21日に述べたように、太陽系に来る惑星体とそれ自身を太陽の近くに置くものは、地球から見づらく、そして、それはポイントにずっと発せられた調査船の三角測量を必要とする。
 彼らは5月15日になる見解をもたず、★すべてのそれらの調査船が、私達、又は私達の仲間により手配された事故を経験したので、それを以来持っていなかった。
 私達は5月15日を選んだ、というのは、その日付と続く2ヶ月に導く太陽への背景の星座により見れるように。その日付けに導くからである。
 惑星Xの通過が、太陽とそんなに近いので、それが太陽の前か、又は横か、後にあったか決定することが難しかった。
 これは、いつも星と惑星の所在が正確に知られていると思い慣れている人々を驚かすかもしれない。
 しかし、★多くのゴーストとして、惑星Xは存在する、曲がっている赤い光が、実際の集合体、広範囲のチリの雲から、遠くにペルソナは存在する、そして多数の月の渦巻が、しばしば、ボディであるように現れるものに融合する、それで集合体の見え方の識別が、難しい。
 彼らは赤外線、熱源の識別を必要とし、★8月25日に、高く打ち上げられた調査船はそう武装したけれども、★これも故障を速く経験した。
 もし最近のより鋭い後退している軌道にそれを送るために、より鋭い軌道に惑星Xを核攻撃する最近の試みられたならば、従って、地球と共に衝突し、今やそんなに有名で、避けられえたか、それらが5月15日に居た位置の精度の不足により妨げられたか?

罪のない嘘の一部が、 前もって説明された、5月15日の日付に合わせて調節されたすべてのゼータトークの情報としてであった。
 これは、徐々にその日付に導く眼視の7.3週を含んだ、それで非常に遅い3月に、私達の座標で、次第にフエード・イン・アウトしている赤い光が、肉眼視が出来た時に、これは、5月15日の日付に重きをもたらした。
 ★すべては、エスタブリッシュメントを騙すためにデザインされた。  2003年の春の間に、距離で私達をくぎ付けにするために、私達は、代わりに人間が、地球からの距離を思索することを可能にするどのような努力でも良心的に避けた。
 一般用語において話すことを好み、私達は、惑星Xの正確なスピードに説明するのも断り、斥力効果のため、太陽に近づく時に、ひどく遅くなり、それが太陽系の外の縁への急速な接近であると述べた。
 ZetaTalkにおいて、私達が、惑星Xが通過に先がけて、黄道の下の32°に飛び込むと述べたことに関し、ナンシーは、5月15日ではないと、2003年5月15日に私達の座標が★黄道の下の7°★に低下しただけのいくつかの手掛かりを指摘した。
 私達は、また、2001年11月に確かに述べた、それが、エスタブリッシュメントが大衆を虐待することを可能にすると、日付は、全然与えられない。

 しかし、接近し、5月15日に向かって、視界に何かが見えていた、サイズが、急速に増大し、NASAの所員は、急速な回転減速と続いて起こる通過のために緊張させられて、★その週の間、核物質で調査船を武装させた。

 彼らは、その週に、違う通路にそれを核攻撃することを試みたか?
はい。彼らが見つけたものは、もちろん、全然付近の惑星Xではなかった。
 従って、核兵器は宇宙の外空間に変更されて、それらに点火するために、地球からのシグナルが必要なように、ともかく無害で、地球へ落ちるのに数日必要であるはずであった。
 地球から見られたどんな心配させるフラッシュでも、「オペレーション・TOPOFF」が、完全な効果にあり、それに、ぐずぐずしている「レベル・オレンジ」に続き、瞬間の警告で「レッドレベル」の母国セキュリティが、続いた戒厳令により処理される必要があった。
 これは、彼らに知らせず、彼らの家で人々を投獄する彼らの手の内と彼らの意図を見せる、そしてこれが、彼らの個人的な準備で、エリートを不都合にするので、安全な所への移動を妨げる。
 いわば、★3月15日、7月15日のような他の日付が与えられた、惑星Xの接近は、識別可能であったであろう、むしろ、距離を変装させた直接的な正面の接近というよりも地球からの角度が、空を横切る動きが検出されることを可能にするであろうから、私達の罪のない嘘が、誤りを立証した。
 太陽にズームし、その時、惑星Xが太陽系の外の縁から中に急速に急上昇している時に、5月15日に続いて、混乱が続いた、32度下に飛び込み、そしてそれが通過した時、太陽のまわりに後退して揺れている、それゆえ、通過後に黄道に昇った。
それは、なぜすべてのこの時の間に、太陽のに出現したか?  惑星Xからの非常に曲がる赤い光は、太陽である最も大きい重力引きに向かう、この曲がっている通過の間に、地球に変更されたそれらの光線だけが、写真に現れ、又は受け取られる。
従って、それは太陽の近くに現れた。★その時、それはそうではなかった。







\


4Jan-04