このページを友人にメールして下さい

ZetaTalk: Mercury's Shroud:彗星の覆い
written January 5, 2008


先週、ニュースレター上で、私達は惑星Xが左に漂う尾部を伴って、太陽の右側で、LASCO C2衛星の画像で捕らえられたものについて議論している。  尾が左側に漂っているならば、これはLASCOカメラの前にそれを置くでしょう。そして、これは正確に元日に現れたものです!その日に、誰かは地球より21度前に浮く衛星カメラの左下で、大きな球に気がついた - Stereo Ahead衛星と呼ばれている。
   水星はこの衛星の視界のラインを横切って、太陽の後を通り、視界の中で右から左に動いた。大きな小塊の位置は、この衛星カメラから見られるように
水星の正しい位置だった。

しかし、通過する惑星の通常の様子と違って、水星が外観を変えた映像上の明るい点の出現は、明るいというよりはむしろ鈍くなって、大きさにおいて増加して、それを覆われる宇宙のチリ雲で回転しているように見えた。これは、生み出しました。これはGPL掲示板で大いなる議論を生んだ  水星がStereo Ahead衛星から視界からそう見えると予想されていたように、本当に物体は太陽を横切って下に位置した。しかし、それが本当に水星であるためには、外観の変化は、多くの者達を納得させなかった。
 議論の範囲は、数日早く視界から、右手に消え、いずれにせよ明るいはずの木星、ある鈍い物体、カメラの前にまだなかった小惑星1685Torroである大きな物体から、太陽から放出されるある種の新しい惑星、又は大きな母船までだった。
   星がLASCOイメージに関する明るいピンポイントであるけれども、JPLとの議論したと主張している誰かは、この巨大な小塊が星であると主張さえした。
しかし、この物体が、12月22日に右側に現れて、 12月31日に左側に去ろうとして、水星の予想通りにトレースしたという点で水星は、論理的候補であるようだった。何故とても暗くて広がるのか?そして何故サイズは増加したのか?

水星であると思われる球には、通過する惑星の従来のアスペクトな面がない。それはあまりに大きく見えて、通過の途中で、その光の半分を失う。それがあまりに大きく見えるのは、宇宙のチリ雲が水星の眺めを不明瞭にして、光を拡散させたのか?
どんなチリが、それが適所で回転させているように見える水星から、光の前で渦巻いていますか?
小惑星1685Torroは説明として出されたが、同様に公式軌道図によると視界にはない。
 そして、星としてそれを主張するNASAの手先の試みは、どんな擁護も得なかった。発見された多くの月のような物体は、太陽の右側からの反射光線だった。

   その光源は、何ですか?
   明らかに、12月23日のLASCOの画像で反射された物体だ、尾と共の物体が左に漂っている、そして、尾の石ころがSOHOカメラの前で左に論理的に漂っていることを示す。地球の方向への非常に多くのそれらの存在は、地球ですべてにすぐに明らかであるもう一つの現象の前兆となる。
 これについて、我々はほとんど言えない、イスタブリッシュメントをそう混乱させておきたいという我々の願望に合わせて、カバーアップ(隠ぺい)は、腐ったメロンのように広がる。そして、それが速く退けることができないほど、広く真実を噴出する。


どこに、これは導くか?
我々は、「ドラマがまだ終わっていない」とほのめかした。我々は「地震が含まれる」とほのめかした、そして、物体が空で見られた。我々は我々の予測に明確な規則によって許されなくて、それで、人類に来たるべき危険性について警告することができない。
惑星Xの存在を証明して、カバーアップ(隠ぺい)が漏れ出す原因になる傾向がある何に関しても、我々は同様に彼らがつまずくのを望むので、起こる事をイスタブリッシュメントに手がかりを与えたくない
我々は、我々の筋書きの穴が明らかであるように、カバーアップ(隠ぺい)の参加者がおびえて、真実を発して欲しいか、カバーアップ(隠ぺい)を維持することができないのを望む。
これを越えて、それはよりひどい地球変化に導いている。そして、それを我々はゼータトークの始まりから予測していた。 災害がニュースにならないように、普通の事になって、地元で報告されさえしないかもしれない。
緊急救助チームは疲れきって、この間にホワイトハウスでのリーダーの変化にさえ気がつかないかもしれない - 長い最後の大統領執務室のペロシ、又はゴア。
(訳者注:)2008年の11月の選挙前後の事ーここにヒントがある
これらの災害は、指数的に、鼠算式の増加率のように増加して、我々がとても慎重に詳述した最後の週に飛び込むだろう。次にポールシフト!

 Stereo Ahead画像の水星の変わった出現に関する議論の間、多くの小さな月のような物が、発見された。これらは、時々、これらの画像の中に現れる星と異なって現れた。
 これらの月達は大きくて、一方だけで照らされていた。惑星Xが太陽の右側にあるならば、人はこれらの画像にとらえられている惑星Xの月達が、太陽により地球により近く、右側への源からの光で、右側で、照らされたと仮定するだろう。
   そして、これは本当であることが、分かった。複数の小さい波長で、これらの衛星は、複数のStereo Aheadの画像のタイプで現れた。惑星Xの尾部の月達は、太陽の隣になくて、Stereo Aheadカメラと太陽の間にある。