ZetaTalk:Second Sunlight:2番目の太陽光
2004年1月19日


年鑑表示は月は1月16日にその位相の半分である、しかし、何故、ニュージーランドからのこの写真は、完全な球を捕らえるか?

 これは何であるか?
先日、私は南の空の日没の30分後に本当に明るい星を見た、南南西のようであった。
  私が金星を見たのか、又はそれは惑星Xであるか?

惑星Xはそれ自身の光りを発する、それは 1983年のIRASチームにより、その熱が探査されたが、2001年の早期の観察により見られた、ゼータトークの座標で正確にぼんやりとした斑点で、ゼータの座標で正確に2002年の早期に、観測所の赤外線機器で写真に撮られた、 2002 年の遅くに、アマチュアの機器でCCD 写真が撮られた、そして2003年の早期に星図にある白い点として、そしてゼータトークの座標で正確に、そして、 2003年3月の遅くに、太陽系の外の縁で、かすかに弱い赤、青の点として、見られた。
 惑星Xのチリ雲は、日光も反射する。すべてのこれが戻る集合体を見える所では、それは光を太陽に、すべての方向に、投げかけている。
 その位相段階の月は、たぶん、日光だけを反射し、そして、このように顕著に予測できる。
 しかし、2番目の太陽は、特に南半球で見られる時に、現在十分に近い、それは、死んだ脳を除いたすべての者のための惑星Xの*証拠*である惑星Xからの光の存在の*証拠*である競合する光を月に向けている。
 星は、日光の反射だけではないけれども、金星は朝、又は宵の明星として同様に見られる。
 太陽のまわりのその心地よい軌道には、地球の軌道以内で、又惑星Xの集合体に向いている、地球から見える。
 従って、★金星も、それを見つめている人に惑星Xからの光を、反射している。
 どのように、非常に明るい金星についてカバーアップの作り手が説明するかに関して、位相の外れの満月を説明*できない*。

24-Jan-04