ZetaTalk:掃き払いによる大惨事
2004年1月30日の間のLou Gentile Showで書かれた


私達が述べてきたように、地球と接近している惑星Xとの間の踊りの驚きは、全体としては、隠蔽者に大災害を証明し、庶民には恩恵を証明した。
 増加する不順な気象、世界的な農作物被害、増え続ける疾病、地震や火山活動の直線的な増加、そして、2001年から2003年5月にかけて空に見ることのできた向かってくる惑星Xの正確な位置といった、シフトの影響と先立つ出来事について、私達はすべて極めて正確に中継したが、私達が故意に触れなかった出来事があった。
 地球が惑星Xから逃げようとして軌道を変化させること、より高い黄道面に上昇すること、最近の軌道での停止と反転、これらについては何も述べられなかった。
 怪物のような磁石の惑星Xに磁力的に捕まえれる一方、地球は地軸を傾けたが、このことについては何も述べられなかった。
 このとき月と金星に見られる反射光、これは惑星Xからの光の決定的な証拠であるが、これについては何も述べられなかった。不意をつかれて、隠蔽者達は呆然と黙って立ち尽くし、一方、庶民は気付く。

私達は隠蔽者たちをつまづかせ続けたいと願っているので、私達はまだこれから起きることのカード、私達が知っている惑星間のダンスで、起きるこれからの出来事は示さない。
 しかし、隠蔽者たちはこれについては何も知らず、かくして、つまずき、化けの皮を剥がす。しかし、以前のミステリーサークルが描写して示しているように、太陽の吹き払うアームが、規則正しく1年におよそ8回起きていることは全く秘密ではない。
これらの腕は、惑星はその方向へ掃かれるので、惑星の軌道をすべて一方向にさせているものである。
 前回のこの腕は12月25日頃に地球を掃き、次は2004年2月9日頃に始まると、このドラマを不安に見ている人達により予想されている。
 各々の掃き払いは地球を惑星Xの方へと前に動かし、そして、反対回りの軌道を動いている怪物を、突然、その腕を越えて地球に向けて飛び込ませる。
 前回の掃き払いは、地球を軌道に止め、そして地球は今、逃げようとして後ろ向きの方へ急いでいる。これは地球に切れ目のないストレスをかけた。掃き払う腕は、常に、ある程度、存在しているので、これは地球を惑星Xの磁石の口の中へと前へ押している。

罠。
苦境。

揺るぎのないグリップ

★★次の掃き払いは二つの惑星の磁石を互いに近づけさせるが、いつものように、地球は、敗北者です。
 もし、地殻の動きによる災害が増加してきているなら、これは、大西洋海溝での磁力的な掴みが、地球の自転の深刻なしっかりした遅れを強いる時に、何が起きるかの唯一の手がかりである。
 地震が増加するだろう、地殻の調節に関係する災害が増加するだろう、あたかも泣き声から叫び声になるように。
 次のような影響を例にあげよう。そしてこれらを★★10倍しなさい。
 ガス管や精製所の爆発、水道本管やダムの決壊、ビルの崩壊や産業事故、電車の脱線、フェリーや洋上を航行している大型船の転覆、橋の分離や落下、陥没穴の出現です。差し迫った大惨事をいつかと覚悟して待ち構えている人に、私達が、物差しとして述べた確かな証の、★★深刻な自転の遅れが始まるだろう。
 もはや海軍による日の出と日没時間のごまかしに困惑されない、もはや地球が傾むいていることや、もたついていることに困惑されない、
 しかし、★はっきりとしっかりしたドラムの鼓動が、確かな差し迫った大惨事を警告している。★次の掃除は、いつものように、損失者としての地球、磁石としての2つの惑星を一緒に近づけさせる。