ZetaTalk: Comets Come Early:彗星は、早く来る
2004年2月19日に書かれた


地球に来るといわれている新しい彗星GLPで新しい目撃が、たくさんの人々によって言われている。
 あなたはこの現象について、どのような情報を持つか、もしそうなら、 この新しい情報における我々の幾人かが持つGLPで、情報を共有するのを停止出来ますか?

もし、地球が、事実上、鉢合わせに地球に来る惑星Xから戻って来るならば、何が起こるか?逆転した軌道か

一般人は、真実の分類についてこの紛らわしい状況を、どうすれば良いのか?
 幸運にも、私達は彗星を持っている!
それらの軌道が、確かめられ計算され、発見された時に、2C/2001年 Q4とC/2002 T7が、2004年5月に近日点に到着すると発表された、そして、あるとしても、確実にその時に肉眼で見えない !
 従って、普通の人が日没のすぐ後に空で群をなして、それが何であるか見ている!
それは動き、尾部を持ち、直面して彼らを驚かす!
 ★地球の軌道が、バックしたので、彗星は早く来る。
 彗星は、それらの軌道で惑星が仮定されるのと同じ左回りの動きで太陽を回る。
 従って、5月の近日点日付は、地球が彗星の前で動いていると仮定された、この時に、彗星が、軌道にある地球に追いつく必要がある。
 地球は停止し、逆転した、そして、日付は早くなった!
どれほど早いか?

   停止し、逆転した軌道を仮定され、それで2月3日のリポートによって、これは6週の間に起こる。
 それらが小さすぎるので、斥力をもたらすことができないので、惑星Xにより影響されない彗星を仮定しなさい。
 それらが前に急いで行き、地球が急いでバックし、そしてそれらのための6週、地球のバックのための6週、3ヶ月の合計。これは2月3日に5月の日付で計算するか?
 はい、人間にとり、意図的誤報において、彼に与えられた唯一の予測で、混乱させられた、問題の真実を独力で決定するための方法がある。
 彼女で彼女のあばれ者、兄弟惑星Xが来るので、地球は停止し、逆転した!

私は南ブラジルのParanaのCascavelで 2月3日の午後8時00分(夏)の時間に撮った。
 この時に、太陽は、地平線にまだある(底の写真)、しかし、私はこの星を見れて、そして、私はこれらの3つの写真を撮った、それからの光がそんなに強かった、私は昼の光でさえ、見れた。
 その光は、その時、月、又は惑星、又は星よりも強い。
私達は太陽系で、すでにこの物体を観察する、というのは、 光の点でなく、 その集合体が見える。
 私達はその微妙な集合体を見ることができた。
別の詳細.。
 私達は、望遠鏡、又は写真のカメラ(1000mm)でそれ認められる空の動きは、どのような星、月、又は惑星より、60%速かった。
 私はクロノメーターで時を測った、写真のフレーム(pentaprism)を横断するのに、これらは2.50分が必要であった。/EM>
セルジオ
Spaceweatherニュース 2004年2月15日
彗星C/2002 T7(LINEAR)が、地球に接近している、そして、毎日明るさを増している。
 それは、まだ、肉眼で見える物体ではなく、光度7で不明瞭で、裏庭の望遠鏡を透かして見やすい。彗星は、日没の後に西の空の明るい金星の近くにある。
 次の3ヶ月に、彗星は、それが地球に近づくと輝きを増し続ける。
5月19日は、最も近い接近の日付である(0.27 AU)。
 その時、C/2002 T7は、光度1の星より明るく成長するにちがいない、−−容易に、肉眼で見える。
2月15日NASAリポート:
説明:新しく発見された彗星は、5月までに空の中のほとんどの星より強く輝く。
 名づけられた彗星C/2002 T7(LINEAR)、彗星は2002年にプロジェクトLINEARにより発見された。多くのリポートは、「すでに、彗星が、それが、今、双眼鏡で見れて、光度7よりより明るいので、位置している」と報告している。
 リポートは、「すでに彗星が、満月の長さの可視の尾部を持っている」のを示す。
 彗星の先の明るさを予測することは、非常にトリッキーなビジネスであるので、決してT7が肉眼で見えないかもしれない可能性が、あり続ける。
 代わりに、別の彗星〈C/2001年 Q4(NEAT〉が、同じ時に肉眼にも達することができる、そして2004年4月と5月に、数世紀の間の2つの暇がない彗星の月を作る。
 彗星T7は1月20日に飛行機跡が左に見える間、右で上に見られうる。
リニアのT7
、2003年が終わりになり、2004年5月の間に、どれほど 彗星が明るくなるかのいくつかの予言が提供された。
2004年の晩期の近日点。
Q4NEAT
2004の春の明るい彗星の可能性は、新しい彗星NEATの2004年5月15日の8940万マイル(1億4390万キロメートル)の距離の時に、太陽、又は近日点と最も近いポイントの改善された軌道に基づく。