ゼータ・トーク・チャット Q&A 2010年10月9日

私には、下のリンクのテクノロジーがよくないという予感があります。 あなたは、軍隊の真の意図が、この兵器によって道路を凪ぎ払うかもしれないという事に付いて、詳しく述べることができますか? http://en.wikipedia.org/wiki/Active_Denial_System

どのような理由が述べられていようとも、これらの兵器は、交戦のために造られていません。 それらの兵器は、米軍を統御していると考えている人々が、シフト後に、王達として世界の大部分を占有することができると期待して、手に負えない大衆を支配するために製造されました。 ブッシュとチェイニーを権力者の地位に就けた人々は、ポール・シフトが起こった時(潜在的に2003年)に権力の座にあるか、命令、つまり戒厳令を宣言する心算であったブッシュからの行政命令により将来の選挙の必要性を除去するか、どちらかを期待していました。
  彼等は、中東の油田地帯の支配、将来のエネルギー資源である黒い黄金の支配を期待していた。 彼等は、労働収容所を設立し、ある種の市民作業が名誉とされる市民徴兵の様式により、ブッシュ下でそのように行おうとしていました。 そして不必要な飲食者達を大衆から取り除くことを確実に始めたがっており、都市でのバイオテロ行為により、ケムトレイルにより、散布される細菌、選択的なワクチン接種により、そうする用意ができていました。

 それは計画でした。 明らかに、計画は、人間達と温和な異星人達が度々互いに協力して対処して、等しく反撃されました。 積極的な拒否の「防御」は、即座に除去される人々から労働者の水準を保持するために、彼等が欲した者達を軍が選択し始める一方、蜂起した市民を武装解除することができるということです。
 これらの兵器は、衝撃を与えて殺害することができました。 それは、健康で丈夫な労働収容所を保持するのに充分ではありませんでした。 交換人員を育てる民衆の要素が必要とされ、それ故に生存者達の大多数が小さな村落に住み、勿論、強力な米軍と彼等の積極的な否定兵器により支配することが期待されていました。

 今、これらの兵器で何が起るでしょうか、そして他の全ての兵器は、軍に保持されているのでしょうか? 「生存者達の43%が少なくとも一時的に正気を失うでしょう」と、私達は述べた。
 軍に加入している人々は、安全や、大樹の如き親を求めており、真に自立した精神の人々ではないので、軍にとり、正気を失う人々は、より高いパーセンテージを占めそうです。 軍はばらばらになり、狂気の後に残った人々は、武装解除され、そしてパニック状態へと逃れた大多数は、新しい序列を打ちたてようとして互いに攻撃するでしょう。
 彼等は、互いに対して自分達の武器を使用し、その時までに、自分達の階級の大勢を殺害し、武器は最早機能せず、断たれた絆の効果が現れるでしょう。 機械装置は、ボタンを押す人間以上の存在を必要とし、機械工達と交換部品を必要とし、これらは単に無いでしょう。

通過後に集団が建てることが出来るドームを獲得しようとしますが、事前に大陸分水嶺の遥か西の山麓に厚い板を準備することを希望するなら、造山運動の災害が厚板に殺到するので、無意味でしょうか?

 勿論、生存場所のどのような進歩的な準備も、既存の建造物と同じように、地震と強風によって損害を受ける危険を冒しています。 これは、真剣な準備をおこなっている人々の間での一定の妥協点です。
 彼等は、ポール・シフトの1時間の充分前に其処に住んでいるか、現場にいるように計画しているなら、まるで長期のキャンプ旅行にでも来ているかのように、住んでいたくないでしょう。
 「現場に泊まり始めよう」は、思案です。 一般に、吹き飛ばされたり、流されたりしない場所に、あなたの必需品を固定し、待つのです。 重機械かセメント・トラックが、持ち込める彼らの建設努力の妥協点は、今であり、後ではありません。 これは、ポール・シフトの間の破壊の可能性を検討した後での、あなたの呼び掛けです。

 偶然にオンラインで古代文明のDVDを発見した後に、その後PBSで特定の深みのある歴史的記録 ; ストーンヘンジ周辺の近代のドルイド達、等に関する最近の行列とともに 見ました。 考古学者達が―必然的に私達の歴史を定義するのを助ける、彼等の発見物を後で提出するために地球の終わりなき地層を掘り進む点で―それで時折、上述の歴史を改竄し、だらだらと続くつまらない話、という避けられない議論の只中にあり―考古学的発見のどれ程の物が、残されたパズルの破片とともに真に一致するのですか? その内のどれくらいの物が推論でしかないかと、私は疑っていますが?
 そしてその全てのどれくらいの物が正直な推測であるのか、或いは隠蔽工作への、即ちNASA、天体物理学者達、宗教のエリート、等の無遠慮な加入であるのか、考古学の集団が、発言―異星人の存在と過去のポール・シフトへに関連する全てを書いている―を等しく採用しているという、「ゼータトーク」の何処かの記録を、私は思い出せません。
 以前に生き残った地域社会と、ポール・シフトの前の世界の住民数は、私達の時代のような大規模な隠蔽工作に対処するのを強いられたのですか?
 私達は、今回のポール・シフトに際して、独特な位置にあるのですか? 或いはこれは、単にそれぞれのポール・シフトの後に起こる事 ; 見せ掛けの王達や君主達やその後のエリートによるメディアの支配権の獲得は、再び私達にも起っている事なのですか?
  或いは、ひょっとすると起らない; 私達の無知の深さを仮定すると、私達がそれらを正確に解釈したかしないかに拘り無く、石に彫られた様々な古代の象徴に関連しているので、或いは「覚醒」の変化する形態の彼等自身の期間を通して進行いるのですか?

 歴史の喪失は、多くの理由から起りますが、主としてポール・シフトの大変動が図書館を破壊し、人口の大部分を殺害し、食料の捜索に行く生存者達が四散する為です。 あなたが餓えて、数週間あなたの風景を進んで、爆発音とともに終わる荒廃により半分正気を失っている場合、あなたは、何を大事にしますか?
 あなたは、あなたの愛する者達を食料の捜索と陽光の中に引き摺り出しますか、それとも粘土板を救い出すでしょうか?
 現代の時期に、あなたは、震えを止めることが出来ないほどの寒さに震えて、静まり返った夜に、あなたの本を火の中に投じるでしょうか、それともあなたの手足があなた自身を運ぶことができない程痩せ細っている時に、雨の中で腐敗するままにそれらの本を落とすでしょうか、それともあなたはあなたの本のために全てを犠牲にするでしょうか?
 過去のポール・シフトの最良の記録は、未来の世代に知らせることを委ねられた人々により保存された、エジプトのコルブリン聖書です。 コルブリンは、★3回のポール・シフトの破壊を生き延びなければならなかっただけでなく、過去千年間にそれを破壊しようとした教会の粛清も生き延びなければなりませんでした。
 エノク書は、非常にはっきりと人類が求めなければならないことを明確にしているので、現行の聖書から除外されており、同様にコルブリンは、求めるべき徴候に関して人間に権能を与えるので、脅威と考えられていました。
 教会の役職に就く者達は、信者を聾唖にしておきたいので、彼等は、大変動が人の行いの故であると教えているので、人は、恐怖と罪悪感によって奴隷化されているのです。 然し、今回の最後の千年間より以前に、歴史の記録についてのそのような恐怖は、心理学的操作よりも残虐行為をより多く用いる傾向のあった権力者達に握られていませんでした。

この最近のテロ行為の警告の要素の全ての背後に何があるのですか? 2週間現在、進行しています。 何らかの善意者の介入ですか?

  [別の方から] http://abcnews.go.com/Blotter/airport-lobbies-terror-targets-european-plot-official/story?id=11790782 [10月4日] ヨーロッパのテロ警告は、パキスタンで訓練しているドイツ人の聖戦士により引き起こされました。 「パキスタン内部を攻撃した無人戦闘機がパキスタンのワジリスタン地方でドイツ国籍の人々を殺害した」と、パキスタンの情報部当局者が言っています。
 米国当局者は、直ぐには報告を確認できませんでした。 攻撃は、ムンバイ型の民間人への特別奇襲部隊の攻撃の潜在的な脅威のために、恐らくワジリスタンに基盤を置くドイツ起源のテロリスト達により、国務省がヨーロッパへを旅行するアメリカ人のための旅行警告を発布した翌日に、起りました。

 軍の分析は、テロリスト集団に対する軍事行動の手筈が整えられたなら、その時、テロリスト集団は、彼等自身の軍事行動に応じるだろうということを知っています。 オバマは、約束通りに、イラク戦争を終結し、民間人の支配に管理を戻しました。 それから彼は、タリバンに対してパキスタンでの戦争に圧力を増し、部隊を増派し、これを軍の優先事項にしています。 これは、タリバンが試す多くの作戦行動の一つですが、西側情報局は、これらの動きに反撃するのに充分以上です。

 惑星Xは、今何処ですか?

 私は、地球の変化に奇妙な一時的な衰退を感じることがあります。 何かが変化したのですか? ゼータ達は、2010年の初めには地球の変化と地震のレベルの高い段階であったのが、今このレベルが異常に静かである理由を説明できますか? 私は、地震活動と磁気圏の異常を意味しています。

 それにより両星が文字通り互いに跳ね返って離れ、その後再び接近する、惑星Xと地球が行っている混乱状態に、私達は繰り返し言及しています。
 この全ての動きの間、惑星Xは、星系外への移動を継続し、地球は、間もなく8月の位置となる地球の軌道上に急いで逃げることによって惑星Xを回避しようと試みています。
 金星と闇の双子の混雑に加わって。 多数の車が、制御不能になって、氷の上で回転し、時折互いに強打する状況を想像してご覧なさい。 2つが強打し、互いに回転しながら離れていきます。 それらの車の内の1台としての地球が、他の車に気が付いていないけれども、これら2つが他の車たちの方向に向かい、複数の車が強打する状態を引き起こします。 跳ね返る際に、車は、回転して雪の吹き溜まりにぶつかるか、特に氷の滑りやすい場所に当たるので、互いに的を外す時があります。 そして恐らく運転者達は、制御を獲得しようと絶望的になり、 多少車を操縦し、衝突を避けます。 そしてそれから、★全ての車が一度に衝突する時があるでしょう。

これが大きな天体が互いに衝突しない、反重力として知られる、斥力を説明する単純な方法です。 又、磁気が端と端を接して、若しくは側面と側面を接して、若しくは互いに反対の位置で、そして時折互いに正位置でさえ並ぼうと試みる、磁場の影響を説明する単純な方法でもあります。
 人間達が太陽風として知っている、太陽からの系外への素粒子の流れと、そして人が知らない、戻ってくる素粒子の流れの中で混雑します。 しばしば安定した速度でよりも寧ろ律動的に振動する方法で、惑星Xが系外へと向かって進んでいるので、惑星Xの系外への推力に加えて、運動量があり、素粒子の流れの逆風に穴を穿ちます。
 どの地点かで中止するように見えるなら、氷の破片の上で制御を失って回転する車のように、★更なる惨事があなたの進路に向かっており、衝突は避けられません!

 世界中で増加している喘息の症状を、何が引き起こしているのですか? 誰もが更に病気になっていくのは、何の種類の細菌が活動中なのですか: 菌類の新しい菌糸、増殖してより厚くなる雲の中のバクテリア、偏西風へとさらに吹き上げられる塵か黴、増加する車/工場からの公害、石炭の燃焼、ケムトレイル若しくは他の原因?
 主流メディアは、完全に問題に関して沈黙し、それでも伝染状況は、豚インフルや鳥インフルやH1N1のような過去10年間以上に亘って聞いた、どの病原体よりも遥かに悪いように思えます! 公害用マスクは、ポール・シフトの前後に喘息になるのを避けるために、健康のままでいるのに充分でさえないのですか? 誰がずっと室内に滞りたいか、あらゆる所でマスクを付けていたいでしょうか?


  [別の方から] 米国と日本で増加中の抑制されていない喘息の症例 [9月5日] http://www.digitaljournal.com/article/297099国民健康保険と健康調査によると、日本と米国内で抑制されていない喘息の患者達が、生活の質が悪化し、より頻繁に医療物資を利用しなければならないという報告。 世界中で3億人以上の人々が喘息に影響されています。

 知られているように、喘息は、大気汚染が存在する地域でより流行しており、たとえ空気によって運ばれるのではないとしても、一般にアレルギー抗原によって刺激されることがあり、大抵★不安と緊張が引き金となります。 故に現在の状況が、10年前と異なっていると言われる状態を、何が齎しているのでしょうか?
 大気汚染は、以前より多くの火山が活動的になっているので悪化しており、これは、弱まりそうにありません。 惑星Xの尾部は、大気中に油っぽい素子を残し、時折月や太陽の周囲に★暈と奇妙なネオンの雲を創り出しています。 地球の変化が増加しているので、石油やガスの爆発が増加しそうであり、岩層が引き離される時に開放されるメタンもまた刺激物です。
 然し、どのような方法にせよ、人類の全員が何かが進行しており、起っている変化が権力体制によって対処されていないと感じているので、不安は増加しています。 そしてこのために喘息の攻撃を受けているのが成人であろうと、近くの成人の緊張を感じる子供であろうと、結果は同じです。 更に多くの喘息です。

私は、転生の周期について尋ねたいです。 若い魂が今生で非常に悪い行動をとり、悔い改めなかった場合、(彼の)彼女の次の生涯は、(彼の)彼女の犠牲者の生涯に類似するのでしょうか?
 収容所惑星(それぞれの魂が最高の肉体を求める)での転生は、どのようなのですか? スターチャイルド達だけが自分達自身の肉体を選ぶことが出来るのですか?

 殆どの人々が理解しているように、「カルマ(業)は、存在しない」と、私達は述べています。 彼等は、残酷さや不公平に出会い、自分達自身に「次の人生で応報されるだろう」と呟きます。
 ヒンズー教徒は、これを更なる段階への一歩と受け取り、次の生涯でゴキブリに転生される可能性を描写します。 カルマは、同じ生涯の枠内で存在し、そのような場で自分達にとり災難であることを裏付ける状況を人は創り出します。
 事実を見る事に対する頑固な拒否や、他の人々の幸福に対する無頓着な姿勢という悪い選択、そして人はその後悪い状況の中で気が付きます。 それがカルマです。
 然し転生の法則は、それぞれの転生が新しい始まりであるという事です。 これは、魂が新しい方向に育ち、過去の生涯での以前の行動による負担となるものがない状態を可能にします。

もう一つの常習的な誤解は、霊魂本体が次の人生を選ぶか指示することになるということです。 これは、奉仕を行うためにより高い次元から3次元へと戻る進化した魂達であるスターチャイルド達に関して疑いなく真実です。
 若い魂達が彼等の転生を選択するようになるというのは真実ではありません。一度活性化されると、誕生の案内者達が関与します。 過去の生涯に関する論評が行われます。 焦点を集中するのは、懲罰ではなく、若い霊魂本体達が学び、異なった対処法を試みる機会です。
 悪意者への方向へ向かっている若い魂が反対方向に向き、完全に他の方向に進むことは可能です。表面上確固とした善意者の若い魂が思っていたように彼等の決意が強くないのを悟り、この状態をより確実にするために更なる人生経験が必要とされることもまた可能です。 例外なく、若い魂は、非常に多くの生涯が要求されるので、彼が他の人々に負わせた残酷さを受ける者になるでしょう。

 あらゆる魂が他の者達の間で、非常に悪質な弱い者虐めをする者であることを欲する、収容所惑星では、何が起るでしょうか? 収容所惑星に配置された魂達は、霊の案内者達に見捨てられていません。 同じ規則が適用され、それによって悩める魂は、これらの収容所惑星でめったにない一瞬の優しさと同様に、残酷さの終焉を受け入れることをじっくりと考えるようになります。 従って、転生の経験の多様性が手配され、魂は、其処での次の人生を選択するようにならないのです。

 地球が若い魂達にとり学び舎であるなら、それでは誰が教師なのですか? 何故、私達の教育システムは、それほどにも恐ろしいのですか? 記憶し繰り返す。 それでは学んでいません...。 私は、決して新しい思いつきで尋ねているのではなく、基準を求めて情報をまさしく記憶します。 何故、私達の教育システムは、実際の個人の思考の変わりに、それほど記憶に焦点を集中するのですか?

 若い魂達は、人類の学校の学生達のように、彼等の活動を指示されません。 彼等は、学習過程を与えられず、テストの前に勉強することを教えられません。 彼等は、主題について講義されず、素材を記憶しているかどうか見るために簡単な質問もされません。  これが生み出すものは、勿論、自動機械、ロボット、命令へと行進することであり、独自に考えません。 3次元の若い世界で自然に起る転生を可能にすることに於いて、神は、これらの若い魂達が自動機械になることを意図していませんでした。
 これが命であり、の前に無数の選択があり、命がとるべき無数の進路があります。 DNAの進化の特性でさえこの流動性を示しています。 3次元世界の若い魂達は、行動、もしくは学習のための機会を齎され、自分達の応答を選択することができ、対応を留意することができる点で、自己教育です。 彼等には、この自由があります。 これは、教えられたことに従う自動機械ではなく、これが自分の進路を選択する自由な生き物です。

 私の質問は、シフト後に私達のグループ内の悪意者を、私達が取り扱う方法についてですが?
 特に家族への敬意、もしくは善意者の子供達の両親が最早グループ内で望まれていない場合です。 私は追放について読みましたが、それが唯一の答えなのですか?
 彼等、悪意者達が巧みな嘘吐きであり、自分達の窮地について他の人々を納得させるために、約束をし、後に破るので、統制は困難なように思えます。 特に子供が関わっている場合、彼等の真の個性をグループに指摘するのに消極的な人間になるのを、私は憎むでしょう。  私達は、グループを分裂させることなく、悪意者に独立して去る時であると知らせて、魂の領域内で、私達の「戦闘」を行うことができますか?
 グループの呼び掛け、もしくはそれらの方針に沿ったことのように。 最近、私自身の家族内の悪意者との戦い(20歳以前であるので逃げ出すよりも寧ろ)、たとえ彼等が放棄したとしても、その主題が戦うのに充分な程遠く私を遠ざけるのを知って、彼等が再び戦いを始めるために戻る前のほんの短い期間があります。 もっと有効な方法があるに違いありません。

 悪意者の人々への普通の対処方法は、彼等が求める物を与えるか、戦いから逃げ去るかどちらかです。 幼い子供の中の悪意者の魂は、要求することを得られるまで止まらない癇癪気質を発散するかも知れません。
 要求が通例玩具、もしくは一粒のキャンディーであるので、母親は、結果が大したことではないので与えます。 終に平和が訪れます。 仲間よりも大きく強い場合、子供は、弱い者虐めをする者となり、それ故に打ち身や服が裂けたり、歯が欠けるのを避けたい者達は、弱い者虐めをする者に、望む物を与えます。
 学校の給食費は、全てが治安の名に於いて、手渡されるか、屈辱的な状況が想定されます。 悪意者の子供は、より大きく成長する程、様々な巧みな操作技術を学びます。 自分の望む方にいくのを許されない限り、厄介な情報を明らかにすることによって、家族のメンバーたちを辱めるか脅迫しようとするかもしれません。 資産の所有に於ける場合、悪意者の子供は、他の人々に買収を試み、群れのリーダーとなるのをこれが可能にするのを見出して、視野を広げます。

 悪意者の兄弟と成長するか、もしくは悪意者の子供を育てている人々は、これらの徴候を認識します。 悪意者に傾いている、未決断の者でさえ、時折これらの徴候を示します。 平穏のために、それぞれの段階で、悪意者の子供を大胆にし、招来のどのような対決もより難しくします。
 子供は、成人に成長し、最後に悪意者の思考様式に対処する方法を学ぶ者から反発に遭遇します。 最初に要求が、そして彼等が満たされなかった時に、脅迫と侮辱と巧みな操作が試みられます。 これらがうまくいかない時に、悪意者の個人は、怒りで蒼白になり、争いが始まります。 これは、悪意者の個人が他の何処かにより容易い盗品があると感じて戦闘から去る時に、終わるだけでしょう。 分極化は、増大しているので、善意者のグループは強化され、悪意者は、自分達が思い遣りに焦点を集中することに癒されないと気が付くので、去ります。
 然し、悪意者が他の何処にも選択肢がないと分かると、彼等は、善意者の環境の支配のために戦うことを試みるかもしれません。 この場合、あなたは、和平を提案するべきではありません。 彼等は、去らなければならず、さもなければ、問題は解決しないでしょう。

 ゼータ達は、主要なニュー・マドリッド地震とヨーロッパの津波の間に、2〜3時間あるだろうと言っていました。 又、私達は、大きな日本の地震が太平洋プレートの北部地域が移動するようにし、これは、北米大陸の断層線に反響があります。
 従って、私達は、「これらの日本の地震がニュー・マドリッドの調整の直前に起るであろう」と、想定することができます。 ゼータ達は、日本の地震とニュー・マドリッドの調整/大地震の始まる間の時節が何か、言うことができますか?


  [別の方から] インドネシアと南米と地中海のシナリオの間に関連がありますか?
インドネシアの先端が落下すると、この動きは、南米が回転する機会を提供するのでしょうか?
そして南米の回転により起る大西洋断層の分裂がアフリカが回転するようにし、そのために地中海の海床を沈下させるのでしょうか?
或いはこれらは、別々の動きですか?

レベル10のうちのレベル7のシナリオは、プレートの移動を描写しており、これが起こるには、何かがプレートが互いに固定されている現行の行き詰まった膠着状態を解かなければなりません。 一度膠着状態が破られ、プレートが動き始め、互いに移動して通り過ぎて、プレートが互いに対して固定される新しい地点が現れますが、これは現在の物よりもより弱い固定です。
 現行の固定は、私達は何度も述べているように、ヒマラヤ山脈の下に駆り立てられているインド=オーストラリア・プレートです。 これは、ヒマラヤの高度が証明するように、小さな固定ではありません。 それにも拘らず、この地方の活動は、★★レベル10のうちのレベル7のシナリオが証明する最初のものになりそうです。
 バングラデシュは沈下して、コーラル海は隆起して、インド=オーストラリア・プレートの傾斜全体を示しています。 インドネシアの先端のジャカルタも又、急速に沈下して、インドネシアを沈下させる傾斜が既に始まっていることを示している一方、現在パキスタンは沈下して、起こるべき排水がなされていません。

 その間、南米は、西へと回転する徴候を示しています。南米プレートの真北の島々の爆発がボナーレとトリニダード=トバゴで最近起こり、アンデスは、定期的に強打されています。 関連があります。 インド=オーストラリア・プレートが持ち上がって滑るので、この動きが太平洋プレートを西に移動させ、それによって南米も又西へ移動させます。
 これは、マリアナ海溝とフィリピン・プレートの折り重なりによって多大に増加しています。 然し、これらの他のプレートの中で変化を誘発する道を与えるのがインド=オーストラリア・プレートであり、これがそれらの密接に続いて起こる変化の証拠となるものです。
 一度太平洋の折り重なりが起こると、日本は不安定になります。 私達は、これらのプレート移動のどれに関する時間構成も与えるのも許されていませんが、ビクトリア近くの波浪の原因となる津波を引き起こす強力な地震を、日本の北島が体験するまではないということです。 ニューマドリッドが次であるだろうという手掛かりがあります。

 北米大陸が強力なストレス下にある場所で、両側で然るべき位置で保持されているので滑りません。 サン・アンドレアスに沿った潜り込み現象の摩擦のために太平洋側は保持され、大西洋側は、不承不承引き裂ける大西洋断層のために保持されます。 何がこの原動力を変えるのでしょうか?

 南米が回転する時、太平洋の折り重なりにほぼ歩調をあわせて、南側で大西洋断層が裂けます。 この動きがアフリカを自由自在に動かし、回転もさせ、アルジェリアの上方の地中海の海床を沈下させます。 北米大陸をともに保持しているものがそれによって弱まるので、日本の調整が行われる時に、以前よりも北米を然るべき位置に保持している力が減少し、ニュー・マドリッドに道を与えます。
 私達は又、日本の地震とニュー・マドリッドの間の時間構成を提供するのを許されていません。 ニュー・マドリッドとヨーロッパの津波の間の時間の関連より他に、どのような時間構成も与えることはできません。 一連の出来事は、従って:

尖閣諸島についての質問。 近い将来、日本の大地震が起こるので。 尖閣諸島若しくは類似した島々が影響を受け、太平洋へと沈下するのか、私は本当に知りたいです。

 南シナ海の小さな島々は、何かが僅かな増圧をそれらにもたらすなら、この地点で、フィリピン・プレートが大ユーラシア・プレートの下に押し込まれるので、プレート移動の結果として、高度を失わないでしょう。 インドネシアを保持している先端が押し下げられる時に海水面の高さを失うのは、台湾の下方の中国南部の海岸線です。
 南シナ海のこれらの小さな島々が恐れる必要のある事は、それらの島々の小ささと比較的低い海抜のために、高潮がそれらの島々を覆って★洗い流すであろうということです。 これら小さな諸島が海岸から内陸に100マイルの距離を得る方法はありません。 高潮は、しがみつくのに不十分な地点と共に、これらの島々を覆って洗い流すでしょう。

湾流が‘停止’しないとあなた方が述べた最近の質問を知っています; 然し、此処に、湾流がゆっくりなために1000年間で最も寒い冬になると予測されたように、今年の冬のロシアの運命を嘆いている記事があります: http://rt.com/prime-time/2010-10-04/coldest-winter-emergency-measures.html 記事自体が述べています; 変化は、聞くところによると、湾流の速度に関連しており、過去2年間に半分に縮まっています。 ポーランドの科学者達は、流れが北極の風による寒さを相殺することが出来ないだろうと意味することを言っています。 彼等によると、流れが完全に停止する時に、新しい氷河期がヨーロッパで始まるそうです; 間もなく到来するポール・シフトに伴う新しい氷河期について、私達が心配する必要がないことを、私は知っています。
  然し、メイン州のこの辺りでは、私達の多くが全く異常などんぐりの落下にコメントしています。 私は、両端が黒く中央部が茶色の毛むくじゃらの芋虫を見ます。 民間伝承は、茶色の広さが冬の厳しさを示すと、述べています。 私は、穏やかな冬の前に、狭い茶色の細長い片りんを見ましたが、私が見た芋虫の何匹かは、全体が茶色で、黒い所がありませんでした。 私達の行く手に北半球でそのように厳しい冬となろうとしているので、多くの人々は、暖かさを保つのが極端に困難となるのですか?
 ニュージーランドでは、★数十万等の子羊達が春に急激な寒さの中で死亡したと、辛うじて報道しました。 これは、惑星Xが太陽を静めているためであるので、誰もがより涼しいと、若しくは寒いと感じるのでしょうか?
 ゼータ達は、季節が混合すると言い、今年米国で9月の始めに起こった夏の雪、そして冬の暖かい日々等ですが、これらの報道は、ちょっと無害な季節の混合であるだけでなく、極端でもあるという問題を挙げています。 北方の気候の人々が緊急の警告として、今正しく受け取るべき特別な警告がありますか?

 北半球は、一般的に、ポール・シフトまで通常の天候よりも涼しい状態を予期することができるという声明を、私達は行いました。 これは、2010年の夏の間の期間にも拘らず、地球が北極を太陽の方に遠過ぎる位置を指すことによって、磁気の抵抗を試みた時に、従って北半球での熱波とアンデスでの家畜の凍死となりました。
 更に、私達の予測は、総括的に北半球でのより寒い冬です。 蛇踊り型のぐらつきが、がたつく「ぐらつき」になった7月以来、どの既存の日に地球に影響するどの要素が、日毎に急速に変化することが出来るのかを予測しています。
 私達にとっても長期的な範囲での予報を予測する的確な方法はなく、私達は、どのような事情にせよ、私達の一般的な予測―季節がポール・シフトの前に互いに混ざり合う―を予測しなければならず、人類のための毎日の天気予報係りになるのを拒否します。

 「ぐらつき」は、同じ日に地球の一部の地域が季節外れの暖かさになり、別の地域が季節外れの寒さになるような状況で揺れるかもしれません。 それからこの状態が切り替わるかも知れません。 ぐらつきは、そのように行われます。 こちらに押し離され、一方前方へ引っ張られます。 水平に傾いて、別の側よりも太陽に直面する地球のこの地域を炙ります。
 「ぐらつき」は、人類にとり、日毎の基準で、予測不可能になります。
 反対に傾いた場合、今年の夏に起こった状況が戻るでしょう。 地球が惑星Xと端と端を接する方法で並ぼうとするなら、北半球は、一時期凍結するでしょう。 そしてそのような状況は1日か続くかもしれず、もしかすると1週間続くかもしれません。 そしてこの全てを通して、「ぐらつき」は海流に影響しているでしょう。 それらの海流は高まり、予測されているよりも遥か内陸部まで海岸線を上昇するか、渦巻いて逆流し、影響の範囲を定めます。 これは、同様に、長期間、予測不可能であり、私達は、再び、日毎の天気予報係りとなることを拒否します。 海流が「ぐらつき」に影響されるなら、それで海流が暑気と寒気から防ぐ海岸線は、同様に影響されるでしょう。


どの主要都市が南米の回転に影響されるのでしょうか? サンチャゴ、リャマ、ブエノス・アイレス?

 南米が回転する用意をしている―チリのアンデスに沿ったM8.8の地震ボナーレとトリニダッド=トバゴの爆発する石油とガスの採掘装置―多くの前兆の徴候があるけれども、これらの徴候がありますが、実際の出来事と比較された最も軽い接触を除いて、これらの徴候が存在します。
 カリブ海で起こるだろう津波や、ブエノス・アイレスのリオ・パラナ川河口の引き裂けを、私達は説明しています。
 南米の回転の主要な影響は、南米プレートの境界の真北に乗っているカリブ海の小さな島々が突然海抜を下げ、幾つか場合によっては完全に沈むので、これらの島々にに及ぶでしょう。
  地震があるでしょうか? プレートのそのような移動は、静かに起こりません。 南米の南端からカリブ海の北の境界の島々までの地域全体が、回転の間、揺さぶられ、繰り返し揺れるでしょう。
 アンデスに沿って、これらの地震は、M8〜9の範囲内でしょうが、他の場所より小規模になるでしょう。 アンデスがナスカ・プレート上を西へと動いて、隆起する点で、南米の西の海岸線に沿って、重要な津波は生じないでしょう。 造山運動地域の全ての主要都市は、これらの大地震を体験するでしょう―サンチャゴと、ラ・パズと、リャマと、クィントと、ボゴダ。

 南米と不運なカリブ海プレートの境界に沿って住んでいる人々は、南米プレートがカリブ海プレート上を滑って、その動きによって、その重さでカリブ海プレートを押し下げる間、大きな嘆きと粉砕を体験するでしょう。
 そのような滑る動きは、プレートが滑らかでない地点を捕え、躊躇と突然の開放に伴う急な動きが、★1時間の大部分続く思えるタイプの地震を引き起こします。
 ベネズエラ全体がこれを体験するので、カラカスは、表面上、時折M8の強さに近付く地震を継続するでしょう。 私達が言及したように、南米の東海岸は、辛うじて仲間に加わるでしょう。 プレートの他の地域で大地震に共鳴する揺れがあるでしょうが、これらは、最大でもマグニチュード7で、比較的小規模でしょう。 ブエノス・アイレスのシーウェイが引き裂ける時に、これは、大抵の伸縮地帯の調整のように、静かな調整です。 居住者達は、より遠くなったシーウェイの遥かな岸と、リオ・パラナの河口が広くなったのを見て、数回の地震から回復するでしょう。

私は、ハートリィ2彗星の通過の際の惑星Xの影響に興味があり、眺めるのに最良なのは2010年10月20日に起こると概算されていました。 写真(左下の緑色の光)は、ハートリィ2彗星が地球から1800万マイルの位置にいた2010年9月18日に撮影されました。 (通過時再接近距離=1100万マイル)。
 地球の“公転軌道”の外側を通る進路で、地球と惑星Xと太陽に食を引き起こす軌道を、あなたは見ることができます。 彗星の緑色の光は、シアンと2原子の炭素によって生じていることを意味しています。 又、1986年の発見以来、彗星の益々ずれて行く軌道は、木星の所為にされています。
 ゼータ達が緑色の光の原因、その外見とタイミングにどのような影響があるのか、そしてハートリィ2彗星の引力/軌道のずれが惑星Xによるのであり、木星の所為ではないのかどうかについて、コメントするのを留意してくれるかどうか疑問に思っています。


[別の方から] http://cometography.com/pcomets/103p.html 周期的な彗星103P/ハートリィ2は、核の幅約1.14kmの若い矮小彗星として分類されています。 木星の一群の彗星に属しています(20年以下の周期の彗星)。 当時6.3年の公転周期であったけれども、軌道の分析は、周期が過去の近年に於いてより長かったことを明らかにしています。 20世紀初期の数十年間に、公転軌道周期は、9.3年でした。
 1947年8月に木星近くへの接近(0.22AU)では、7.9年に周期を減少しており、一方1971年4月の間の別の近い接近(0.09AU)では、6.1年に周期を減少していました。 彗星は、発見以来、戻って来る度に見えます。


[更に別の方から] http://darkerview.com/darkview/index.php?/archives/1449-Comet-103PHartley-2.html 1982年に、彗星は、木星の近くで揺れ動き、巨大惑星の引力の強力な影響が、0.9AUから1.0AUへの距離に近日点を変えて、彗星の軌道を修正しました。 彗星は、今、太陽の極めて近くで揺れ動き、太陽のより近くで増加した太陽の放射線によって明るい光環と尾を生じて、その発見を導いて、時折、地球上の観察者達に非常に良好な眺めとなります。

 無数の要素が、隕石、もしくは彗星が緑色に輝く原因となります。 103P/ハートリィ2に観察された、益々より多く頻出する軌道の問題は、減少している彗星の大きさに関連があります。 あなた方の太陽系内の彗星は、過去に断片に粉砕された時に、ほぼ例外なく小惑星帯で多くの★水の惑星からの物質で構成されています。 それらの彗星の主要な構成要素は、太陽風に敏感な水です。 太陽風によって遠く離れて保持され、太陽からの距離を保つのは、彗星の中の水です。
 輝く尾が蒸発し、水を放出する際に、彗星の大きさは縮小し、これは、その軌道と戻る周期に影響します。 距離を置いて太陽を漂い通過する彗星は、ゆっくりと移動し、故に戻るのにより長く掛かります。 太陽のより近くに来ることが出来るより小さい彗星は、加速し、戻る行程の間にこの速度を保持します。
 地球の公転軌道の停止によって2003年に驚かされた後に、彗星C/2001Q4とC/2002T7が、地球に対して予測された場所になかったので、早期に到来した点で、NASAは、停止した軌道を考慮に入れるために、彗星の軌道と日付を修正しました。
 彗星は、ほぼ例外なく、惑星からの距離を維持する傾斜した軌道があり、それは、どのような事情にせよ、人間によって推定されている引力の影響ではありません。 彗星は、太陽と、太陽風と、他にほんの少しのものと相互作用します。

 全ての素晴らしい情報と応えに感謝します。 私は、恐らく惑星Xからの、2週間分の細かい粉状の塵の付いた、私のトラックを今日洗いました。 もし人がこの地理を分析したなら、どのような目印がその起源を結論付けるように人を導くでしょうか?

  [別の方から] 2005年5月5日イタリアで、雨水を採取し、酸化鉄の塵に類似した、非常に細かな塵を濾過しました。

  [更に別の方から] 2007年5月14日、過去1年間存在した水で水浴びをしている、ロシアの夏の居住地で赤い塵! 水は赤い色になり、縁には、湿った赤い塵がありました! 又、都市の噴水の真下の底にも赤い塵がありました。 水の中にある時に磁石で並ぶので、予想通り塵は鉄分を含んでいます!

  [更に別の方から] 私は、最近、ドイツで、私のバルコニーの、数年来決して使ったことのなかったプラスティックの椅子に残された赤い塵を、2007年7月12日気が付きました。 その椅子は戸外に置いてありましたが、屋根の下にありました。 私は、椅子から少しの赤い塵をとり、1枚の紙の上に置き、強力な磁石で調べました。 塵は磁石がある方に回転しました。 酸化鉄です。

 惑星Xが2003年に太陽系内惑星系に到来し、太陽に衝突しないようにブレーキを掛けた時に、惑星Xの大規模な尾部が、太陽を通り過ぎて移動し続けて、太陽の反対側を運行していた地球に向かって漂って来ました。 2003年のその夏、地球は、8月と9月に数多くの大規模な停電を体験し、その一つが2003年8月14日にニューヨーク市に影響しました。
 この塵は、しばらくの間、特に地球が当時12月の位置から現在間もなく至るであろう8月の位置へとその公転軌道を戻っていたので、長く滞っていました。 従って、2003年に続く数年間に、赤い塵は地球に着地して、度々塵を分析する好奇心のある人間によって発見されました。 酸化鉄であり、帯磁していることが発見されました!

 ポール・シフト後にどのコンピューターも機能することが可能ですか? 私は、他の人々への保健業務を提供するのにコンピューターに大幅に依存しています。 私は、主として私の仕事のためのコンピューターに電力を供給するために、数年前に太陽熱発電装置を取り付けました。 直接に質問したかったけれども、私は、ポール・シフト後に付いて多くの事を読みました。

ポール・シフト後に機能するように、コンピューター・システムを保護することは可能です。 人間は、今回のことが終わるまで、敏感な電子機器を梱包し、保護する方法を知っています。 然し、主な問題は、あなたのPCを救助することではなく、長期間使用することでしょう。 交換部品は、ゆくゆくは見つけ難く、予期しない途絶が入手経路の断絶があることを裏付けるでしょう。 従って、あなたのコンピューターは、せいぜい手動システムへのバックアップとして使用されるべきであり、逆もまた同様であるので、データの喪失によって挫折されないでしょう。

 私は、私達が非友好的な地球外生物か、私達を傷付けようとするかもしれない存在によって侵略されることがあるかどうかに、非常に興味があります。 そのような危険があるなら、私達は、どのようにしてそれらを見分け、“善者と悪者”の区別をつけることができるのですか? そしてもしそうなら、彼等は、何時姿を現すのですか、ポール・シフトの前ですか、間ですか、それとも後ですか?

 私達は、ポール・シフト後に、人間達が意識のある状態で、人間達が直接対面して異星人達と会う可能性に付いて話しました。 今日、意識のある状態でのコンタクトが行われていない点で、「呼び掛け」を与える人々は、然るべき場所にいる人間の自由意志への不干渉の規則を予期することができます。
 助言することは認められていますが, 人間は、悪意者の異星人達に接触されることはありません。 ポール・シフト後に意識のある状態でのコンタクトが存在する時に、どのようにして、これは変化するのでしょうか? 善意者の異性人達との意識のある状態でのコンタクトが、限定された様式でポール・シフト後に始まるという点で、悪意者の異星人達との意識のある状態でのコンタクトは、地球上の人々のほぼ全員が確固とした善意者となる時に、4次元への飛躍がなされるまで、行われないでしょう。
  この時期になると、規則は変化するので、故に悪意者の異星人達とのコンタクトは、私達の交戦の規則に類似した規則の下で規定されるでしょう。 地球上の誰かが悪意者に「呼び掛け」を与えると、「交戦の規則」を然るべく説明するために、代表の到来があるでしょう。 其処には僅かな欺瞞が存在し、あなたが取引しているのが誰か、明白でしょう。

ハンガリーの災害は、怠慢な行為の結果でしたか? 或いは、これは実際の原因の隠蔽工作ですか?

  [別の方から] 赤い汚泥 : ハンガリーの環境災害 [10月5日] http://society.ezinemark.com/red-sludge-environmental-disaster-in-hungary汚泥の高さが2メートルまで上昇しました。 国立災害管理局によると、アルミニウム生産の沈殿物若しくは廃棄物は、重金属で成り立っており、摂取した場合人々に有害です。 事件の原因が調査されています。

  [別の方から] ハンガリーの有毒汚泥がドナウ川に達します。 [10月7日] http://rsc.org/chemistryworld/News/2010/October/07101003.asp地方の村落に氾濫したハンガリーのアルミニウム工場の破裂した化学物質貯泥槽からの有毒な‘赤い汚泥’は、今ドナウ川に達しました。 然し汚泥の危険なほど高いpHを減少する試みは、13から9.5あたりまで低められて、成功しました。 災害が起こって以来、緊急作業は、ドナウ川に達している700,000?の腐食性の赤い汚泥を妨げるのに奮闘して、流れをダムで堰き止めるのに石膏を使用しました。 家屋や、道路や、庭を覆った物質は、pH13であり、人間達にとり極端に危険で、接触した場合に皮膚にやけどを負わせる可能性がありました。 事故の原因についての調査が進行中です。

 工業団地の近くでの、もしくは下流での生活は、明らかに危険です。 地球が休眠期間にあり、大地震がない時代の間でさえ、災害の可能性は存在します。 地球の動きのために、陥没口が空き、水道やガス管の本管が断線する時、沈殿物を抑止するダムとか腐食性、もしくは有毒な化学物質の大きなタンクが、どれ程安全ですか?
 ポール・シフトの影響―風や、激流のような雨や、何週間も続く小糠雨―が強度を弱め、汚染物質を分散させますが、荒れた時代には、それらは、深刻な問題を齎します。あなたの安全な所在位置を設立する際に、人は、明らかに、工場団地、もしくは有毒物質の大量貯蔵層を考慮すべきです。
 これらは、概して、田舎、もしくは遠距離地域にではなく、都市内、もしくは人口密集地域、もしくは輸送機関が手近にある地域に所在しています。 従って、これらの地域は、先ず第一に安全な所在位置と考慮されないでしょう。 私達が繰り返し述べているように、都市は、ポール・シフト後安全ではない/em>でしょう、そしてそれらの工場団地の近くの危険性は、そのような意味でまさにもう一つの理由となるでしょう。

 一方で私の質問は、ゼータ達が今年起こるでしょうといった地球の変化の7段階目の出来事の時間の流れを明確にする試みとして解釈されることがあるでしょう。 然し、他方で、彼等は、彼等自身このヒントを与えていると、私は思います。2010年4月24日のチャットの間、zeta575.htm彼等は、「惑星Xがその北極を地球の方に一時的に向けるように、太陽から外側へと180度以上北極を一時的に回転します。この動きは、地球を左へ傾斜するように強いて、それから、結果として全てがプレートの苦境と地震とプレート移動の原因となって、姿勢が変わる時に回復します。」 と、言いました。 この事は、今年の“7段階目”の災難の前に、左へのもう一つ別の傾斜があり、故にこの災難が近いと警告する出来事は、北半球の気温の強大な効果であるということを、意味するのですか?

プレートが移動できるように、プレートの境界に沿って、互いへの影響力をプレートが遮断する原因は、何でしょうか?
 まず第一に、何が移動を刺激するのでしょうか?
 岩指が滑らかになるまで、これらの境界に沿って岩指を摺り減らすので、2004年以来然るべく、地球のぐらつきの間、増加する地震のマグニチュードと頻度を、私達は説明していました。
 これは、勿論、場面を設定しますが、どのような移動も、結局、更に別の突出部分にぶつかり、より多くの岩指が互いを掴み、故に行程は、この点まで単に進行します。 レベル10のうちのレベル7のシナリオ全てが、プレートの大移動に関連しています。
 これが今年2010年に始まると予測されているのは、多くの要素のためですが、主な要素は、惑星Xと地球が従事していた安定した、穏やかな蛇踊り、ゆっくりと安定した毎日のぐらつきの喪失です。
  私達が7月に説明したように、ぐらつきは、がたつくぐらつきになっています。 これは、惑星Xの磁場に対して地球が採るどのような特定の状態でもなく、突然の移動、辺りへの急激な動きです。
 この動きは、★地球に衝突する金星と闇の双子によって引き起こされています。 これは、勿論、物理的な衝突ではなく、この大きさの惑星達の互いへの緊密性が、斥力が緩衝する原因となります。 視覚的にこれらの素粒子の流れを見ることができない人間の視点から、全てが、不定で、突然で、予測不可能です。