ゼータ・トーク チャット Q&A 2011年10月22日

数ヶ月前にアマチュア達が宇宙空間へ自家製の気球を送り出し、惑星Xの捕獲画像を得、これがゼータ達によって網羅されました。

http://www.zetatalk.com/ning/26ju2010.htm 数人の他のアマチュア達は、今、これを再び繰り返し、2分32秒という短時間に太陽を表示しています。 これは、惑星Xの捕獲画像ですか? http://www.youtube.com/watch?v=pQgOLshCFN0&feature=player_embedded 間違いなく、その時までに誰かがこの手法を使って非常に優れた捕獲画像を得るのは、単なる時間の問題です。 権力体制は、これについて非常に神経質になっていくに違いなく、彼等がそれを止めるためにできることは何もありません!

[別の情報源から] 自家製の?200の天候気球のカメラは、118,000フィート上空からテムズからを捕らえています。 [10月13日] http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2048244/Home-200-weather 自家製の装置は、ギルドフォード出身の21歳のウェブサイト・デザイナーのジョシュ・テイラーによって製作されました―テイラー製宇宙気球と称号を与えられました。 それは23マイル上空の成層圏からの画像を撮った。

 実際に、高高度で、太陽が短時間見えたので混乱状態であった間、この気球のカメラは、惑星Xの存在の証拠を捕らえました。 権力体制は、まさにNASAと権力体制が彼等のSOHOとステレオの画像上の惑星Xの存在の証拠を無視し磁気のシミュレーター図表上の惑星Xの磁気の存在の証拠を無視し、彼等が同様に無視している、地球のぐらつきの原因にもなっている、地球に対する磁気の牽引と圧力を示す、USGSの実況地震計での毎日の地球の震えを無視したように、無視するでしょう
  月は推定されている場所にないのですか? これは同様に、上空の徴候、多数のUFO大量目撃、及び★★大気圏の増加する赤い塵であるので、無視されています。

 下記のリンクの話は、キーの打ち込みを一つ残らずコピーする、コンピューター・ウイルスが無人航空機とソフトウェアの米軍部隊に混入していたという事実を討議しています。 話は、今、どれ程これら無線操縦無人機が、戦いで張り合うための米軍好みの手段であるか―敵領域に飛来して爆撃するか、スパイする無人戦闘機により......ネバタ砂漠で全く安全に守られているパイロットによって―を説明しています。
 2週間前に、無線操縦無人機とそのソフトウェアが、無線操縦無人機の操作者達によって行われるキーの打ち込みを一つ残らずコピーする、コンピューター・ウイルスによって感染されました。 無線操縦無人機又はサーバーに何の損害も生じず、それが行う唯一のことはキーの打ち込みのコピーであるので、彼等はウイルスが慈悲深いと考えています。
 取り除くのに難しい部分は、コンピューターとサーバーが感染された方法(誰にも分かりません)に関する疑問ではなく、軍のコンピューター科学者達がウイルスを取り除いた後、★ウイルスが復帰し続けるという事実です!


   http://www.wired.com/dangerroom/2011/10/virus-hits-drone-fleet/ 私の質問は、これです―この状況(ウイルスの間断ない再発)は、単なる人間達の仕業ですか? 又は宇宙協議会が、人間/人間達の責任を支援する変容を現在手伝っている、様々な慈悲深い異星人達へ許可を与えたのですか?
  コピーが公にされるなら、世界への侵略を終わらせるよう、米国に圧力を掛けるのを助けるために、これらの無線操縦無人機のキーの打ち込みの記録が、どのように使用されているを、私は、確実に知ることができます。
 又、まさに人工衛星のように、一般の人々の移動などを見張るために、エリート達がこれらの無人機を使用するのを、私は容易に知ることができるでしょう。 これが事実であったなら、COWが支援を承認するのを、私は理解することができます。

 明らかにこの感染は、軍と闘い、特に無線操縦無人機プログラムと戦っている、多数の平和擁護者達によって、初めの内は引き起こされていました。 キーの打ち込みの捕獲は、何も新しいことではなく、身元証明の盗難やパスワードの盗難やそのような事のために使用されています。 新しく見える事は、軍が体験している除去への抵抗です。
  人類の電子機器は、機能停止が起こるように、電気的刺激を取り除くことによって、主として機能をただ停止することによって、容易に干渉されます。 然しウイルスが除去後に復元されたとすると、どうなるでしょうか?

  よく知られているように、少なくともコンタクティー達の間では、人間社会における私達の多数の駆け引きの手段があります。 ★★隠蔽記憶、時期が到来する時に辻褄が合うようになる未来の場面に影響を与える一時的な未来旅行、及び巧みな操作が行われるのを可能にする、室内の全員を一時的に凍結することは、私達が説明した幾つかの手段です。 ウイルスは、除去後に、故意に復元されています。

 異星人の援助の暗示は、何だったのでしょうか?

一般の人々へ知らせるのを怠る一方で、惑星Xの垣間見ようとする彼等の計画を続行することについて、権力体制に警告するために、まさにスペースシャトル「コロンビア」が劇的な方法で解体されたように、★★無人機のウイルスは、警告です
  最近、無人のロシアの補給品シャトルが、ISSでの活動が同様に中止されるべきなので、幾つかの理由のために★★爆破されました。
  米国の利益を守る、継続する彼等の戦争で、即ち大企業と特別な利害関係者達を守る戦争で、キーの打ち込みの記録は、米軍を危険に晒し、辱めるために使用されるのを可能にしています。 生存者達に奴隷の身分を強要するか、ポール・シフト後の生存者達の移住を追跡するために、権力大勢によって無線操縦無人機が使用される場合、同様に起こりうる★★将来の干渉についての警告です。 メッセージは、米軍では、失われていません。

 惑星Xが絶えず地球の近隣へと近づいて来ているので、さらに多くの地球と関係のある赤-オレンジ色の塵の目撃例、ニュースの話や疑問に結び付けられます。 然し月面での惑星Xの尾の塵については、如何でしょうか?
惑星Xによる地球通過に関して、歴史的にも一般的にも、惑星Xの尾が月面を漂い掠める時や/後に、月面の恒星や色に、何が起こるのでしょうか?

起ころうとしている惑星Xの通過に達するまでの間、地球の人間達は度々、単に惑星Xの尾の塵が地球と月の近隣の宇宙空間に漂っているために、赤-オレンジ色に染まった月を見るのでしょうか? (そして/又は赤-オレンジ色の惑星Xの塵から跳ね返った光線を曲げ、其処から月に反射するのでしょうか)?
又は、惑星Xの赤-オレンジの塵が月を掠め、月の表土の新しい表土して、月面に惑星Xの塵が留まっているために、私達は赤-オレンジに色づいた月を見るのでしょうか?
又、何十回もの数多の以前の惑星Xの通過によって、徐々に蓄積された赤-オレンジの塵の全てと、地球と月の“少量”と共に、何故、月は、月の表土上又は表土内に、より多くの赤-オレンジの塵を示さないのでしょうか? 微笑隕石の蒸発ですか?
参照: ゼータ・トーク 説明 1/11/2003:
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue177.htm 赤い塵の雲は、太陽系内の多くの惑星では、例えば火星のように、この構成要素の中で比重が大きいので、発生しました。 赤い粘土質の土壌を示す地球の地域、オーストラリアや米国南東部がありますが、これは、堆積物の蓄積と同様に惑星本来の物ではありません。

 月は磁石ではなく、地球のように、磁気的に帯電していません。 従って、尾が月面上を漂う時に、寧ろ尾自体に付着します。 尾が地球上を漂う時には、地球に付着します。 従って、赤い土壌、土壌の中に赤い塵の層が現れる地球の表面上の地域がありますが、月は、この赤い色を帯びません。

 私の質問は、タイミングと手段に関してです。 http://www.wsdot.wa.gov/projects/Viaduct/ これは、かなり大規模な計画です。 ある日彼等は、全てが解決されたと、発表しました。 彼等は、閉鎖の発表の少なくとも一ヶ月前に新しい臨時の橋を開通しました。 私がタイミングに関して尋ねている理由は、これがまだ不確実であり、思いもかけず、もはや投票も必要とされない緊急事態であったからです。
 よろしい、それは海岸の都市の危険な建造物です。 然し再び、タイミングと達成手段は、統制が制限されているようになっている場合、管理のための統制の方へ傾きます。 (彼等、シアトル/WSDOTは、期間全体を新しい臨時の橋をまだ建造している間に、発表の数日前に、誰が実際に橋を建てるのかをまだ討議していました。) この決断における慌しさを説明する必要性を強調するために:
 “何故、WSDOTは、この計画を続行しているのか?” そして、先週これについて更に多く読んでいる間、彼等は、緊急事態の場合に通行を止めるための自動式ゲートを設置しました。 ゲートは、勿論、州間幹線道路に達しています。 I-90東/西州間幹線道路のみで、然しながら、彼等は、周囲の道路に注ぎ込む I-5 北/南のランプには何の言及もしていません。 タイミング(10月21〜31日)は、惑星Xの進入と一致しているのですか? 彼等は、私達を閉じ込めようとしているのですか?(私は、“はい”が答えてあると知っていますが、それでも旗は掲げられています。)

 地球の変化が増加すると、正直に言って容易な答えが何も無いように見えるので、問題を不適当に解決する古いよく知られた取り組みや、自分達が知っている事にしがみ付く、政治的領域の両側の政治家達を、政治的麻痺状態が増加するでしょう。 暴君のように振舞う者達は、一層独断的になるでしょう。 裕福な者達は、彼等の際立った恐怖である、略奪から守るための更なる規則によって、さらに確りと自分達の資産にしがみ付くでしょう。
  極右は、一層の警察の取締りとより多くの投獄、彼等が価値が無いと考える人々の排除を期待して待つでしょう。 教会は、全てを含んで、相応しいと、自分達の特に親しい信者達に話す一方で、取り残される、その他の者達に、愛が答えてあると説教するでしょう。
  そして自由主義者達は、全ての政府の財源が枯渇しているように見える時に、続けざまに、やがて発生するホームレスや失業への一層の援助を要求するでしょう。

 粉砕していく基本施設、増加する食料不足と飢餓、及び空の徴候を見ると、一般の人々は、地球に何が起こっているのかを知ることを要求するでしょう。 麻痺状態は、党派の間の衝突によって、先導するのを期待されている人々の間に満ちて来るでしょう。 ポール・シフトの1時間が人類に降りかかってきている時でさえ、古い方針である、階級闘争の方向、又は資産家対貧者の対立がまだ蔓延っているけれども、階級闘争の方向、又は資産家対貧者の対立のような古い方向に沿った衝突だけではないでしょう。
  新しい方向もまたあるでしょう: 基本施設の修理によって、どの地区が最初に提供されるべきか; どの企業の建物が住宅難民に挑発されるべきか; 軍は、人々の救助するために、又は略奪に対して護衛するために使用されるべきか; そしてどの政府の預金がテント都市の人々への食料に支払うために手入れされるべきか。 麻痺状態は、自分達自身で養うように、市民達を置き去りにする、典型的行動様式になるでしょう。

 中国で、小さな少女ユェーユェーの身に、衝撃的な話が起こりました、彼女は、バンに轢かれた時に自宅近くを彷徨っていました。 小さな少女は酷い怪我をし、バンは、走り去りました。
 これは、単なる特異な轢き逃げ事件と考えられるかもしれませんが、昏睡状態で路上に横たわった小さな少女は、再び轢かれ、そして再び、車は無頓着に継続します。 合計で18人の人々が自転車で、歩いて、運転して、この可哀相な幼児の動かない身体を通り過ぎました。
  最後に、廃品回収業者が可哀相な子供の身体を道路際に引っ張ってきて、半狂乱で助けを求めると、「自分自身の仕事に注意を払え」と繰り返し告げられるだけでした。 最終的に子供は、脳死を宣告されます。 非常に悲しいです。 ゼータ達によると:


  http://www.zetatalk.com/index/blog1024.htm “中国人は、採鉱任務の間に人間達と異種交配した[惑星X]の住民達の冷酷さを相殺するために進化された。 東洋人は、軽んじられており、行動の前に多くの人々の感情を熟慮し、考慮に入れる、傾向を帯びています。
 ” ゼータ達は、これについてコメントすることに関心がありますか?
  中国の民衆は、非常に長い間耐えてきた圧制の症候として、悪意者STSの方に進んでいっているのですか? 恐らく来るべき事についての魂の知識によって、悪化さえしているのですか? 他のどこかでシフトが近づくと、このSTSの行動の増加に、私達は出合うと予想できるでしょうか?

 
[別の情報源から] http://www.theaustralian.com.au/news/world/china-shocked 自分自身が同一の運転者であると認めた男性は、地方のメディアに語りました: 「彼女が死んでいたら、約20,000元だけを支払えばよいだろう($3,200)、然し彼女が怪我していたら、何十万元も掛かるかもしれない。」
  両方の運転者共がその後逮捕されています。 多くの人々は、65歳の老女が街路で転んで腰を折った2006年の事件を記憶しています。 26歳のペング・ユは、駆け寄って助け、老女を病院へ連れて行き、余分に200元を彼女与えました。 彼女はその後、彼を告訴して、★ペング氏の贈与が、彼が彼女の転倒の原因であったという証拠であったと、裁判官が決定したので、45,000元の裁定額を勝ち取りました。
  その時以来、★訴訟の恐れが増加しました。 昨年6月に、年配の女性を助けた男性が、反って100,000元の為に告訴されました。 共産党の公式機関紙である人民日報は、国民の80%が、恐喝の恐れのために街路の年配の人を助けないだろうという事実を認定した世論調査を、その後行いました。

 時折、影響から自分達自身を守るために、平均的な人物が、どれ程度を越してしまうかについて、ドラマティックな証拠が、メディアに報道されています。 ニューヨーク市で、女性が刺し殺され、その間彼女はずっと絶叫していましたが、一人の人も自分達のアパートの窓から覗いてみようとも、キティ・ジェノヴェーゼ事件を911に通報しようともしませんでした。
 疑問の余地なく、一般の人々は、背を向けて、何もしませんでした。 このタイプの冷淡さが毎日起こるという事は、しばしばビデオや監視カメラを必要とするので、犠牲者として明らかに保険をかけられて死んだ人物を、大抵、実証付けられません。 ないというよりも一層ありふれている大部分の場合、目撃者が含まれていません。

 「地球上の60億人以上の人間達の内、約10億人が転生した魂達であり、これらの10億人の内の約30%だけが善意者の善良な人々である」と、私達は述べていました。 もう10億人達が善意に満ちた善意者であるスターチャイルド達によって現在転生されています。 スパークされていないか、未決定の魂達か、悪意者の進路を選択したそれらの魂達として、大多数が残されます。
  巻き添えになることから自分自身を守るためか、共感を避けて巻き込まれないために、未熟な魂がジレンマと共に示される、そして巻き添えにならないように決断させる推移とは、どうであるのか。 共感を基にして、十分な程度に、彼等の責任感を啓発しない人々にとり、決断は容易です―巻き添えになるな!

 巻き添えになることは、責任を負うこと、最低限の目撃者と考慮されている者として警察による尋問、そして恐らく選択の余地のない法廷への出頭を意味します。 中国の子供の場合には、良きサマリア人に罰金を課して処罰する最近の裁判所の決定が更に一層の嫌気を助長しました。
  CPRによって命を救おうとしていた人が、その後救おうとした人の死のために告訴された、米国での実例がありました。
  キティ・ジェノヴェーゼ事件では、幾度も戻ってキティを刺した男がいずれ恨みを晴らそうとするかもしれないので、目撃者として、電話で通報した者として認められる恐れは、目撃者としての法定の期間も含みました。 精々、未決断の魂達、又はスパークしていない人間達は、自分達が巻き添えになるのを延ばすためにこれ以上の事を少しもしません。

 私の質問は7/10の進行に関してです。 タイで先週かその頃に起こっていたことは明確であるように見えます。 タイの政府/公共事業機関は、国土の75%ほどが水面下になっているので、パニックに陥り、彼等の状況から、主流メディアを締め出そうとしているように見えます。 その時以来、「心配はありません、洪水は引いていますが、50日間位滞留するかもしれません。」と、詰る所言っているメディアによって、状況が少々後戻りしているように見えます。
 カンボジアとベトナムでの洪水を加えると、これは、★カリフォルニア州より広い地域が浸水しているということです。 降雨だけで、そのような大量の水の理由を説明する方法は決してありません。
 影響を受けているこの地域は、30〜40フィート落下すると想定されているだけであり、まだ私達は、インドネシアのように、南部地域が更に落下するのを見ていません。 “決まった場所にドアを保持しているドア枠”の類似性を、私は理解しています、故に私達がタイ、カンボジア、ベトナムで見ている活動―“ドア枠が壊れている”状態が前兆となって―スンダの沈下の最終段階がまさに起ころうとしているのですか、それともこれは、単に更なるプレートの起伏なのですか?

 スンダ・プレートの沈下は、バンコクの住民達を殆どヒステリックにしていると言ってよいタイの洪水にもかかわらず、まだ終わっていません。 私達は、スマトラとジャワで湾曲の下に押し下げられるのと同様に、横からも押されているスンダ・プレートでのアコーディオン効果を描写しました。 ジャワの沈下が始まる前でさえ、タイには、バリ島の近くの新しい島が爆発していた間に、海抜を失い、悪化する洪水を体験しており、アコーディオン式の折重なりがありました。 バンコク近くのこの地方は、私達が予測した40フィートの海抜の落下に達しているように見えますが、これは、スンダ・プレートの他の部分が、★まだ終了していないので、惑わせられます。

フィリピンの北部の島ルソンは、2011年7月10日までに、フィリピンの残りの地域が体験し続けている沈下に加わり始めていたけれども、2011年1月には、洪水を免れているように見えました。 突然に、2011年9月4日までに、ルソン島は水面下となり、これは悪化し続けています。 ルソン島は、フィリピン・プレート上にあるように見えますが、★★下層にある岩の層がスンダ・プレートを保持しているので、これは、フィリピン諸島をスンダ・プレートにくっつけている陸塊です。 フィリピン・プレートが折り重なる間、沈下しないでしょう。

2011年9月17日の推移についての私達の描写は、インド=オーストラリア・プレートがニュージーランドの端を持ち上げて、貨物船リーナを座礁させ、スンダ・プレートの沈下が深刻化したけれども、大きな変化がありません。
 世界は、転電や、隠蔽工作者達に提供された口実にもかかわらず、関心を持ち始めています。 この全てが徐々に起こっているように見える点で、突然加速が起こるかもしれません。
 見せ掛けの遅れに騙されてはいけません。 インドネシアは、マレーシアのように、自国の国土の流れない洪水について報道する、どの民営の新聞雑誌編集業も★★容赦なく発行を停止しています。 タイとフィリピンの政府は、より思い遣りがあり、自国の報道機関に★★一層の自由を認めています。

全ての西側メディアで現在放送されている、リビアでのカダフィの捕獲と殺害についての今日の傲慢な主張にもかかわらず、多くの人々に対して、別の効果を狙って仕組まれた心理作戦であるように見えます。

http://libyasos.blogspot.com/2011/10/muammar-al-gaddafi-is-alive.html サダム・フセインの偽の絞首刑、http://www.zetatalk.com/index/zeta346.htm 又は2002年のビン・ラディンの死に類似して。http://poleshift.ning.com/forum/topics/zetatalk-chat-for-may-7-2011 両方の場合には、彼等が死んだという、その時の噂に、ゼータ達は即座に反対していました。 カダフィの、この最近の捕獲と死は本物ですか?

 カダフィの死は、リビアの民衆の大多数による追跡の結果であり、★捏造されていません。 カダフィは、彼自身の信条により、リビアを去ることを希望しませんでした。 彼と彼の息子達は、彼等が他の国々の隠れ家を捜していた場合、訴追者達に徹底的に捜索されるのを恐れていました。
 ベネズエラでさえ、ヒューゴ・チャペスの現在の健康状態を考慮すると、不安定に見えました。 戦闘の興奮の中で、カダフィの的確な替え玉を見つけることは、見込みがないだけでなく、★殆ど不可能です。
 捕獲は、携帯電話のビデオに記録されました。 これは、サダムと彼の息子達の真実と思われている捕獲のようではなく、効果を狙って仕組まれたものでもなく、十分に管理された場面でもありませんでした。

サダム・フセイン彼の息子達は、★★彼等の顔面の構造と特徴の考察が示したように、明らかに替え玉でした。
  西側の権力者達は、この独裁者の死から利益を得る立場でした。 ブッシュ政権は、彼等の戦争の取り組みにおける成功を主張するために、目的が油田地帯の掌握という事であった戦争についての真実を隠蔽するために、サダムの死を欲しました。 サダムと彼の息子達は、隠れ場所へと去ってしまい、公式の見掛けから利益を得なかったので、彼の“死”は安全な手段でした。

 ビン・ラディンの死は、明らかに西側の作戦であり、政治的利益のために捏造されたかもしれませんが、私達が述べたように、違いました。 ビン・ラディンのビデオと声明の殆どがCIAによる捏造であった点で、本物のビン・ラディンが現われる危険性が常に存在したので、彼の捕獲は、前もって決して注意を引きませんでした。
 大統領選挙の年の間に推し進められて、オバマは、★大胆な行動に出て、報われました。 証拠は、実在し、共和党の上院議員達だけでなく、世界中の多数の諜報組織に示されました。 彼がまだ生きていると常に言う人々が存在する点で、証拠は圧倒的であり、真剣な異議に対してあまりの多くの目撃者達がいました。