ゼータ・トーク・ニュースレター
2011年8月7日日曜日 253号
世界と地球外からの毎週のニュースと展望
ゼータ・ニュー地球の変化発表時の徴候
ピスガ・パニック

カリフォルニア州とネバダ州の気象衛星の画像にはっきりと見える外観上火山の上昇流についての推測(憶測)があり、今までのところ地上の人々は、「火山灰が立ち昇っていない」と断言しています。 これは、LAの東の州間幹線道路I-40のはずれのピスガ火山で、最もはっきりしています。 上昇流は、雲を生じて、蒸気のように見えます。 何が進行しているのでしょうか?

VIDEO: http://www.youtube.com/watch?v=J2RBQiDlD_k
VIDEO: http://www.youtube.com/watch?v=kdfuv3eqRCM

土砂降り/上昇流の出来事が、一つの位置に、少なくとも45分間留まっています。 確かにそれらの地点に雨が降っていました。 私達は、其処を通って運転しました。 奇妙な出来事は、それらの降雨地点が移動することなく、同じ位置に45分間から1時間留まっていたことでした。

ピスガ火山は、南カリフォルニアのラヴィク湖火山源にあります。 USGSは、“心配するほどのことではない”と言う声明を発しており、ゼータ達は同意しています。 これは、★単なる水蒸気です。

USGSは、モハーベ砂漠のNEXRADの上昇流の特色について火山起源を除外する
http://volcanoes.usgs.gov/lvo/
USGSは、モハーベ砂漠(カリフォルニア州)のNEXRADで見られた上昇流のような特色について、火山起源を除外しています。 南カリフォルニアのラヴィク湖火山原野(LLVF)で可能性のある噴火に関して、調査は、USGAの手に渡りました。 調査は、2011年7月23日からのNEXRADのレーダーの画像上で、上昇流のような特色を記述している市民の報告に起因します。 状況の価値を検討しているUSGSの火山学者達は、NEXRADの特徴が火山活動に起因しているということを示す物は、何も見つけていません。
 同じ期間の衛星画像は、火山活動に伴う蒸気も火山灰も表示しておらず、そして火山の不安動揺/噴火を表示する近隣での地震活動はありません。 過去一週間LLVFの20マイル以内で、何の地震も突き止められていませんでした(USGS-カリフォルニア工科大学地震ネット更新 2011年7月27日 14:10PDT)。 噴火活動に関する報告は、何も、地上観測者達(LLVFは、州間幹線道路40号線の2マイル以内です)又は地方パイロット達(バーストウ・ダゲット郡空港は、LLVFの10マイル以内です)から入っていません。

ゼータ・トーク 説明 7/31/2011: ピスガ火山上空の気象衛星の画像で、上昇流であるように見える現象を引き起こす雨以外に他のことがありますか?

 複数の物好きな観察者達による、当該地域への旅行で、何の火山灰も、当該地域から出現しているように見えず、何の明白な蒸気も放出いるようにも見えず、USGSは、否定の発表さえしています。 私達が述べた不活発な地域にある、この火山は、ニューマドリッドの調整の間、活動を観察されるべきです。
 その時も又はポール・シフトの間も、噴火しそうもないですが、噴火する可能性はあります。 水蒸気で構成されているだけだけれども、何故、明らかに、この火山上での上昇流だったのでしょうか?

 付近にそのような雲を生じるような物は何もないけれども、気象衛星で付近に何か新しい物の出現、新しい雲の形成がありました。 地面の何かが源であったかのように、全体的な地域ではなく、極めて小さな地点から生じていました。

 これは、地面の熱と湿気を帯びた上空の大気との間でのある種の相互作用で、火山の上昇流の出現を引き起こしたのでしょうか?

 ホットスポット、熱泉、間欠泉、全てが地表近くの溶岩に共通基盤があり、たとえモハーベ砂漠が非常に乾燥しているとしても、地面の裂け目を通して、上の方へ放出する★地表下の水源があり、過去の火山活動が岩の中の迷路を通る時に、常に現れます。 はい、上昇流は地面から生じましたが、★無害な水蒸気以外の何物でもありません。

ゼータ達によると、この地域の主な活火山は、レベル10のうちのレベル7のプレート移動、又はポール・シフトの危機の間、噴火しそうも無いものですが、監視することを要します。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pisgah_Crater
 ピスガ火山は、ラヴィク湖火山原野の、4つの噴石丘の内の最も若い火道です。 殆どの活動が20,000年から50,000年前だけれども、最近2000年前にこの辺りで活動があったかもしれません。

ゼータ・トーク 分析 7/16/2011:  南カリフォルニアでは、アンボーイとサルトンの火山は、USGSによると、過去の活動以来、其々10,000年と14,000年、比較的不活発のように見えます。 然しサンアンドレアス断層自体と多くの断層線に極めて近い、それらの位置に注目しなさい。  サンアンドレアス断層は、断層線自体だけが荒廃するスリップスライド断層と考慮されているけれども、ニューマドリッドの調整は、サンアンドレアスに沿って土地を★上下に動かすより以上のことを行うでしょう。 対角線上の調整の間西に飛び上がらせて、地域の圧力を発生し、これは、マンモス湖の南の全ての土地を含みます。 従ってアンボーイとサルトンは、ニューマドリッドの調整の間、活動のどのような徴候にも、隣接した地域の避難活動と共に、観察されるべきです。

ナンシーを奨励する

少なくとも彼等は、私の名前を正しく綴っていました。 ゼータ・トークは、例えば、「衝突」とは決して言わず、常に「通過」と言っています。 ★フォックスは、これはどちらも正しくないのだが、2012年を支持するのは、ゼータ・トークではなく、“リーダーの信望者達”であると、述べるように気を付けています。 これが行っている事は、然しながら、中心的存在となろうとする無数の、やたらと真似をするウェブサイトを全て切り離して、1995年とゼータ・トークのウェブサイトを関連付けています。

謎の惑星二ビル、彗星エレニンの信望者達は、地球の終焉を待ち受ける
2011年7月24日
http://www.foxnews.com/scitech/2011/07/24/believers-in-mysterious-planet-nibiru
 「存在しない」と、天文学者達が言っている、二ビルについてのこの集団パニックの起源は何ですか?

 最後の審判の日が惑星の衝突の結果として生じると言う考えは、自称“コンタクティー”、ナンシー・リーダーによって1995年に最初に持ち出されました。 リーダーは、「ゼータ・レティクル星系の異星人達から、彼女の脳の中のインプラントを通して、彼女がメッセージを受け取る能力がある」と、主張しています。
 彼女のウェブサイト、ゼータ・トークでは、2003年5月に人類を絶滅させる、差し迫った惑星の衝突について、人類に警告するために、彼女が選ばれたと、彼女は述べました。 そのような激変的な(そのような大異変の出来事が起こらなかった時に、リーダーの信望者達は、マヤ暦の終わりに焦点を集中した最後の審判の日の他の予言ときちんと一致する二ビルの衝突の新しい日付として、2012年を選びました。)
 リーダーは、そもそも最後の審判を齎すものを、惑星Xと呼んでおり、その後それをザカリア・シッチンと言う名の著者によって、彼の本“12番惑星”(ハーパー、1976年)の中で、存在すると仮説として取り上げられた惑星と関連付けました。
 シッチン(1920〜2010年)によると、古代シュメール人達は、3,600年毎に地球の近くをぐるっと回る楕円軌道の二ビル―惑星達、太陽及び月の次の、太陽系内の12番目の惑星―と呼ばれる巨大惑星について書いています。 「マヤ暦が2012年に終る時に最後の審判の日が起こる」と信じている多くの人々は、私達にその終焉を齎す激変として、リーダーの二ビルの衝突の予言を採用しています。

フォックスは、ゼータ・トークとナンシー・リーダーの名を特に目立つように示した、最初の報道機関ではありません。 ★MSNのライフスタイル・サイトは、2010年の9月17日に、ノストラダムス、アイザック・ニュートン、及び様々な宗教形態の理論を含む、全部で7回の世界終末論のシリーズを特集しました。 7回の番組は、ナンシー・リーダーの“衝突”論も又含みました。 彼等は、其処でも又、私の名前を正しく綴りました。 ウェブサイトは、最早立ち上げられていませんが、ここに引用文があります。

二ビルの衝突
2010年9月17日
http://poleshift.ning.com/profiles/blogs/msn-nostradamus-isaac-newton
 この理論は、それを―慌てないでよく聞いて―地球外生物から学んだ、ナンシー・リーダーによって普及されました。 個々にナンシー・リーダーの理論について、多少のことがあります。 「二ビルは、地球の死のピンボール・ゲームを遊ぶように運命付けられた、惑星のような物体である」と信じられています。 この思考形式で、激論を刺激する必要はありません; それは既に取り扱われています。

 ゼータ達によると、メディアでゼータ・トークのメッセージについての言及を黙らせるために、★ブッシュによる国家安全保障の命令のほぼ10年の後に、メディアは挑戦しています。

ゼータ・トーク コメント 9/18/2010: フォックス・ニュースは、ナンシーと私達のメッセージに憤慨して非常に多くの情報操作を行っているので、決して画面に現れません。 CNNは、このメッセージ、特に全ての異常な事の面前で希望と生存のメッセージを促進するのを切望していますが、自分達が国家安全保障の法規を破っていないという手掛かりを待っている★上級経営陣によって抑制されています。
 オバマが就任した時に、ナンシー又はゼータ・トークのメッセージの促進を★妨げている行政命令が撤回されただけでした。 多く人々がまだ神経質になっています。 時代は、然しながら、変化しています!

以前に、ゼータ・トークのウェブサイトもナンシー・リーダーの名前もどちらも、活字に印刷されるのを許されていませんでした! このニュースレターの26号で注目されたように、ヒストリー・チャンネルは、2007年5月に、ゼータ・トーク以外のあらゆる情報源―例えばマーリン、ヨハネの黙示録、及び易経―に言及して、彼等の最後の審判の日、2012年のドキュメンタリーを放送して、2012年の日付に注意を向けました。 主流メディアの出版物で、★大胆にもナンシー・リーダーに言及する傾向は、新しいことです。

ゼータ・トーク コメント 5/26/2007: これらは、正しい方向での手段であり、実際に一般民衆の反応が評価されており―安心させる言葉を漏らされるようになる時に、十分に監視された食堂、金曜日の夜のバーで、どれほど多くの討議が行われているか、そしてこれらの討議での緊張の度合いが判断されます。 話題に伴う妄想があるように、嘲笑が緊張を示します。

サンパウロのUFO

 アメリカの東海岸がレベル10のうちのレベル7の南米の回転(ゆっくりと動いているけれども進行中)の間、少しも影響を受けない点で、実際に伸縮に耐えます。 南米は、弓状の緊張状態へと引っ張られ、北部地域が西の方へと引っ張られ、カリブ海プレートと接するように回転しています。 その間に、南米の先端は、南極と太平洋プレートとの接続部分によって引き止められています。 南米がこの方法で緊張しているので、それが南米の東海岸に何を起こすのでしょうか?

ビデオ: http://www.youtube.com/v/xZipbgXOJoc


ゼータ・トーク 説明 7/30/2011:  UFOが気球か、沼のガスか、全てが集団ヒステリーかであると政府当局が主張することによって、異星人の存在がメディアで否定されていた日々は、何処に行ったのでしょうか?
 今、暴露が到来した一つの例です。 サンパウロの事件は、ブラジルのTVのニュースに現れ、確実に魅了された観察者達によって評判を落とされませんでした。 自転する輪、脈動する中心部は、全ての角度から見ることができます。 これは、何を意味するのでしょうか?
 これらの主要な示威飛行と共に、常のように、下方で有頂天になった人々は、★テレパシーのメッセージを受け取っています。 サンパウロは、現行のレベル10のうちのレベル7の移動回転の間、南米の弓状の圧迫が、南米の北部を★西の方へと引っ張り、サンパウロを引き伸ばして、引き離して★傾いていく圧迫地点のある、ブラジルの海岸線上にあります。 メッセージは、下方の人々にこれを説明しています。

サンパウロが伸縮地点であるなら、★ブエノスアイレス湾は、確実に引き裂かれるべく運命付けられています。 此処もまた、最近、UFOの警告がありました。

イツァンゴでUFOが目撃された
2011年5月20日
http://www.elintransigente.com/notas/2011/5/20/ovnis-avistamientos-ahora
地域が、外宇宙から飛来して、私達の方へ真っ直ぐ飛んでくる異なった宇宙船を避ける傾向があると、近隣の人々が明らかにしました。

この弓は、地球に、その印を残しているのでしょうか? それは、確かです。 実例は、記述によると、2011年6月7日に、ペルー南部のチチカカ湖近くで、切り開かれた土地です。 そしてアルゼンチンの地滑りは、2011年7月7日にサンパウロとブエノスアイレスの間の中央に位置した地域でした。

惑星を横切る謎の裂け目[ペルー]
2011年6月7日
http://beforeitsnews.com/story/696/090/Mysterious_Cracks_Across_The_Planet.html
異常事態は、有名なチチカカ湖の近くのフアクラニ・チュクイト地区で起こりました。 裂け目は、ほぼ即座に現れました: 大きな緊張の現場で裂け穴のような地表、遠く分散した土壌の巨大な塊。
 
コロニア・アウロラの衝撃的な謎の土地の沈下[アルゼンチン]
2011年7月27日
http://www.misionesonline.net/noticias/26/07/2011/vea-las-fotos-del-impactante
★2ヘクタールが説明のつかない現象で破壊されました。 夜に激しい雨がありましたが、通常より多くはありませんでした。 移住者達は、ここに数十年間住んでおり、そのような物を今まで見たことが無いと言っています。

沈没するバンコク

レベル10のうちのレベル7のインドネシアを支えているスンダ・プレートの沈下は、現時点でゆっくりと移動しているかもしれませんが、これが起こっているという毎日の合図を、私達は得ています。
 ジャカルタには海を逸らすように、それで上昇する海水が常にはっきり見えない程度に、据え付けられた防波堤がある点で、バンコクは、ちょうど今、これについて考えており、彼等が海岸線での“侵食”と呼んでいる物を止めるために少々半狂乱になっています。 ジャカルタのように、使用されている主な口実の一つは、重い建造物が陸地を押し下げているということです! それがほんの最近に?

タイ: 新しいアトランティスとなるバンコク?
2011年7月22日
http://uk.ibtimes.com/articles/184970/20110722/thailand-bangkok-to-be-the-new-atlantis.htm
専門家達によると、来る日も来る日も、バンコクは沈下しています。 気候の変化、上昇する海水面、及び海岸の浸食を含む要素の混合が、川の三角州のチャオ・パラヤの最大の都市の消失へと導くかもしれません。
 
海の埋め立て計画は巧くいかないと、学者達は言っています。
2011年7月29日
http://www.nationmultimedia.com/2011/07/29/national/Sea-reclamation
 上昇する海水面によって引き起こされた酷い洪水から、バンコクを守ることを目指しています。 地方の村民達は、海と泥から守るために、マングローブの森林地域に千本の竹の杭と砂袋を据え付けました。

レベル10のうちのレベル7のスンダ・プレートの沈下の間に、其処も又、沈下し、浸水すると予想される低地にある、近くのミャンマー(ビルマ)では、極端な、長引く洪水が報告されてもいます。 ゼータ達によると、バンコクを含む、この緯度は、レベル10のうちのレベル7の沈下の間に海抜を★40フィート失うと予想することができます。 其処での浸水は、4日間胸の深さのままであり、排水されず、沈没している土地の明らかな徴候です。

ボゴとカレン州での酷い洪水が報告された
2011年7月26日
http://www.mizzima.com/news/inside-burma/5667-heavy-flooding-in-bago
洪水の水は、4日間胸の深さであり続け、未だに退いていっていません。 私達の村々では、洪水の水は、5フィートの深さに達しています。

ゼータ・トーク 予測 10/16/2010: 海抜の40フィートの喪失がフィリピンを荒廃させないなら、荒廃が起こるのは、突然、恒久的に浸水する広大な地域のある★ビルマ南部と、タイと、カンボジアの海岸線です。

シフト後の国境

 ロシアは、彼等の戦艦を北極へと招集しており、中国は、南シナ海での縄張り争いでごろつきを演じており、日本から撤退した後に、米国は今東オーストラリアに基地を形成することについて話しています。 此処にパターンがあるのでしょうか?

ウォーゲームが永久的な米軍基地を試運転する
2011年7月27日
http://www.couriermail.com.au/ipad/war-game-test-run-for-permanent-us-base
北部オーストラリアの米軍のための永久的な基地は、22,000人のオーストラリアと米国の兵士達を含む、地域での巨大なウォーゲームに続く、現実により近づく手段です。
 
ロシアは、北極遠征を開始し、軍の駐留を増強する
2011年7月11日
http://www.montrealgazette.com/news/Russia+launches+Arctic+expedition
ロシアは又、2つの新しい北極の戦闘旅団を、北緯60度に配置する―カナダのそれらを遥かに越えるロシアの北部軍の能力を広める動き―だろうと発表しました。
 
中国は、輸送計画と共に海軍力を増強する
2011年7月27日
http://news.yahoo.com/china-boosts-naval-presence-carrier-program-101501934.html
中国は、台湾と、ベトナムやフィリピンを含む幾つかの近隣諸国との領海紛争が数年間燻っているそれらの海域で、より攻撃的に威力を誇示し続けています。

 それらの動きとエリート達のシフト後の計画の間に関連があるのでしょうか?
 ゼータ達によると、実際にあります。 ロシアは、エリート達が長い間行くことを計画しているウラル山脈を守っています。 中国は、南ロシアからの溺れかけた避難者達が群れることに対して守っており、中国は、国内の広大な共有する国境について心配していません。 そしてオーストラリアは、米国内のエリート達を含む、世界のエリート達のための母国となることを確かに意図しています。

ゼータ・トーク 説明 7/30/2011: 主要な政権は、ポール・シフトを越えてシフト後を注視して、新しい国境の構想を練り、彼等の陸塊と彼等が守りたい漁業権、及び彼等が喜んで見捨てるものを決めているのでしょうか?  全くその通りです。
 ロシアは、寧ろ自国民がより高い地面の状態を楽しんでいるそれらの国々へ進入するために南へ移住するので、★南からの侵略を予想していません。 然し彼等のエリート達が居住する★ウラル山脈は、北極から脆弱となる筈です。
 中国のエリート達は、彼等の現在の権力中枢である北京の近くに集約された新しいゴースト・シティに居住するでしょう、そして彼等の領域の★砂漠からの侵略を予想していません。 寧ろ、彼等は、シフト後に、サバイバル共同体にあるものは何でも合併して、これらの地域に拡大することを期待しています。 従って、彼等の軍事力は、★南から、インドネシアや南アジアの浸水した土地から、★彼等の国境を守ることに焦点を集中します。
 米国は、最近日本の近くの軍事施設を放棄し、その過程で★日本を見捨てています。 シフト後に、★★★日本は、彼等の火山と多くの原子力発電所のために、事実上、人が住めないと予想されています。 彼等が意見を変えて、波の上になり、良好な気候となる、北東オーストラリアで計画された軍事施設を発表したのは、非常に意義深いです。


あなたはゼータ・トーク・ニュースレター・サービスに登録したので、このニュースレターを受け取りました。望まない場合、即座に登録解除することができます。