ZetaTalk:尾部の破砕物:Tail Debris
2004年7月6日


ゼータトークの早い年に、「惑星Xが黄道に貫通する通過のポイントは、地球と太陽の間の途中に惑星Xをおくゼータトークの三角形と並べて同様に」説明された、それは「地球から約1400万マイルのその最も近いポイントにある」と説明された。
 この明らかな対立が、地球からの尾の主な破砕物の距離がある時に説明された、惑星が、2003年5月15日の後に、まもなく、それがある所に位置した時に、通過が起こらなかったことが明らかになった時に明白なように、「都合の良い嘘」の姿勢を維持する問題を霧で覆った。
私達が2002年の目撃チームのCCD写真の分析された間に、惑星Xの月が惑星Xから500万マイルより遠くに全然ないことを説明した。
 惑星Xが黄道の下から太陽に32度でオリオンの方向から内部太陽系に入ったとすれば、そして太陽の側の周りでほんの後退している動きだけによって、直線軌道で文字どおりに内側の太陽系を通ってぶら下がっている。
 私達が説明したように、地球は軌道で停止していて、大きく上れず、又は下がらず、軌道で逆転出来、しかし、太陽の「吹き払い」アーム により惑星Xの方向に吹き払らわれている、そしてこのサイズの惑星体で存在する正常な斥力により 惑星Xからある距離で保たれている。

 32度の角度は持続する。惑星Xが太陽に近づくにつれ、オリオンに面して、それは太陽の側の南極の回りを一瞥していた。
私達は、「磁気の流れのラインと並び、最初それは、太陽の南極から離れてその南極に吊らされ、それが沿って動くにつれ、太陽の南極に向かってその北極に向いた。
 惑星Xにより起こされた変化した磁気の影響に順応するように、それがグラグラしたので、これは地球の地理的北極が、一時的にアイスランドにあり、次にシベリアへ動いた時の記録をもっている。
 現在、地球はその北極を惑星Xの南極に傾けている、そして★惑星Xが太陽を通過する右手側に向かって偏っている、これは北半球にとり、★夏のふりをしているけれども、季節の星座を斜めに置く、★軌道は正常ではないとの注意深い手掛かりとして、グローバルな冷たい場所としてのハドソン湾がある。
 ★惑星Xは黄道を突き通すポイントに接近しながら、今、太陽から離れて動いている、そしてこのように地球の視点から月の渦巻きは、太陽の周りにある。
 既知の32度で、惑星Xはゼータトークの三角形と一致して黄道を突き抜ける、そして地球の頂上の上で、その昇りを続けていて、集合体や集成体と月達を悩む地球の1400万マイル以内にもたらしている。
 この近い通過は、地球に吹きつける太陽風だけでなく、又地球と惑星X間の磁気的の相互作用のため、地球に向けて、なびいているその時までに、尾部の破砕物の来襲を可能にする。
 酸化された鉄粒子で構成されている尾部は降下する。
★★この破砕物は、すでに到着している。

地球が支配的な磁気を感じるので、★太陽の(磁気の)地位を奪うために、惑星Xが、その位置に移動する時に、私達が言及したように、停止に向いた回転の遅れが起きるポイントに移動する。
 惑星Xが、地球のトップにつり下げられるポイントからの逆算と惑星Xが黄道を貫通するにつれ、これが速い貫通は、今うなることが出来、私達は、★惑星Xが黄道に貫通するポイントで回転停止の週が起こると解ることができる。
このポイントへ導かれる★両方の惑星のねじりと回転、又は ★ポイントへかかる時間、又は★起こるに違いない停止ポイント、又は★その部分の動きの始まる日付は、この解説で説明されない。
 私達が繰り返し述べたように、一般の人たちが生のテレビやラジオなどのセッティングでエリートと同時に私達のメッセージを受け取れるまで、私達は惑星Xと地球の間のダンスで明確なものを与えない、又は★★270度の回転も、★金星がする奇妙な逆転も、又は★尾が贈るに違いない驚くべきショー、又は惑星Xの★磁気的整列が起こすに違いない大気の状態、又は★段階的な遅れ、又は★地球が受け取る極端なぐらつきもである。
 ★私達のメッセージは、大衆から労働者を選択的にピックアップするために、彼らを罠にかけて、奴隷にするエリートのためではなく、黄金律の実行と互いに世話を行う大衆の彼らのためにである。
 もしエリートが、不意打ちを避けて、彼らが彼ら自身と財産のために計画を立てることができるように、ガイドラインを望むならば、彼らは、大衆を教育する計画を促進したほうが良い。
   これは、彼らが、故意の罪のない嘘であった日付を保護するすべての問題で正確に、豊富に私達が述べたように、彼らが捜すゼータトークのメッセージに、アクセスできる唯一の方法である。

この時、私達は巨大な彗星が、地球の1400万マイル内に来る。
ZetaTalk:ポールシフト、1995年に書かれた
どのように、電光が宇宙を約1400万マイルを通過するのか?
ZetaTalk:電光1995年著
このポールシフトは特に厳しいものである、しかし、惑星Xは1400万マイルより近くに地球に全然来ない。
ZetaTalk:近い通過、2001年著
尾の部のチリと砂利、石サイズのいくつかの破砕物が、地球から約1400万の間の通過の間に到着する、月達が惑星Xとより近いままでいる。あなたはそれらがはぐれて、月達が、最大距離、500万マイル、惑星Xから離れている。
ZetaTalk:尾部/月の範囲2002年12月著
黄道の渦巻き、遅いトルネードのような動き、重力の引きと同様に磁気を持っている地球に接近する。
 従って、それは、いろいろなサイドからの来る渦巻き物質からの★斜めに降下するので、地球への尾部、端に正面からの降下ではない。そして、カールを続けて、地球に向かいカールされる尾部の渦巻きの動きがある。
 それがそれに対して投げられるものに巻きつく「「鞭打ち」のように、尾部は地球への舐めつくす間、あたり一面に反るかもしれない。
 赤いチリを伴う破砕物は、★惑星Xの集合体の接近に面する地球のサイドへ、少しひどくなるかもしれない。
ZetaTalk:赤い塵2003年1月11日
この三角形は、起こるドラマについて、何を告げるか?
 私達は、「地球の1400万マイル内に惑星Xが来ると様々に」述べた、そして地球と太陽の間の約中間地点で、黄道を貫通する何処でも、そして最近、地球はこのドラマの間に、太陽の近くに引かれた、というのは、一つの側で増大した重力巨人と不運な地球を、惑星Xが磁石で掴むからである。
 従って、ゼータトークの三角形は地球が中に動くので、惑星Xが、中間ポイントより地球に近いことを示す。
ZetaTalk:傾き、片寄り、降下、 2004年2月29日著