ZetaTalk:Asymmetrical Affair:不均整である事柄
2004年7月8日ー著


ミステリーサークルは、まるで芸術家が描いたかのように、その美しい対称性で、しばしば注目される。人が美として見るものは、自然界で均衡が求められて達成されるように、神が描いたものである。
 私達は次のように説明した。惑星は、太陽の近くで混み合っている粒子流により、その軌道の距離を維持している。見えない粒子の箒(ほうき)によって掃かれ、見えない粒子の逆流によって黄道に転がされ、さらにもうひとつの見えない粒子の磁場と提携する。そして、見えない重力粒子の、さらにもうひとつの突風によって追い詰められて、太陽から逃れられない(と説明した)。
 私達は、惑星Xが1995年に通過をし始めたという初期の徴候を、人の知らない多くの粒子流が遠くまで届いて、太陽系内の均衡が乱されたというようにして述べた。対称性を示すミステリーサークルは、乱されていない太陽系を示している。そして、同様に、混乱した絵を示すミステリーサークルは、あなた方に、惑星Xの通過がこの対称性を、どのように乱すのかを示している。
 私達が言及したように、共通のテーマは、★23度が鍵である」。人は、不均衡を示すミステリーサークルに、解決又は出口の点は基準から23度の角度を示していることに気付く。
 

何故、23度が鍵なのか?
「前回の通過」の時の速やかなポールシフトの時に、地球が23度傾いたのは、偶然ではない。そのときは、地球が惑星Xに直面するように到達した時、惑星Xはすでに黄道にあったので、対決の期間が長引くことはほとんどなかった。
 私達が言及したように、(最後の通過の時は)、地球が惑星Xの南極に整列して、すぐに惑星Xは地球の北極の上にきたので、地球は急に動かされ、地殻のシフトをやっと始めたところであった。そして、これが惑星Xの出て行く時の角度であった。
 地球のコアは、徐々に、何日かの内に、支配者の太陽と磁気的に整列した。しかし、この時までに、地球はすでに回転を確立した。したがって、地理的な極と磁気的な極の間の相殺が、今日存在する。

 もし惑星Xがその角度で出て行けば、それは、太陽の磁気流線に沿って、軌道にある地球に接近すると思われる角度なのか?
 不均衡なミステリーサークルは、混み合った粒子流の中での、対立している力の中での、苦痛の程度を中継している。その大きさの割りに太陽に接近しすぎる、大きな磁石の惑星の通過が、この苦痛を引き起こす。これは人にとって、ジグザグに進み、たびたび突然の動きをするので、楽しい時ではない。
 惑星Xは、その上、結果として、地球に対して粒子流の苦痛をつくり出す。多くの驚きのある、荒々しい乗り心地を、地球温暖化や小惑星の群れのような説明で覆い隠すことは、とてもできない。
ーーーーーーーーーーーーーーー 訳ーBY TK

Market :2004年7月5日

Rabley:2004年6月30日

ベルギー:2004年6月21日
>

カリフォルニア:2004年6月17日
>

Woodborough:7月27日、 2003
>

ユタ:2004年7月6日

ユタ:2004年6月29日