ZetaTalk:Time Line Clues:タイムテーブルへの手掛かり
2004年7月18日著


「太陽を飲み込む、「弓形」のもの(ミステリーサークル)は、惑星Xがまっすぐに地球と太陽の間の点にだんだん移動する時、惑星Xが太陽の影響に取り代わることを表している」と私達は説明した。
 これは再び、最近のSouthfieldに示され、惑星Xは太陽の脇から来て、黄道の逆流の下にあることが示されている。
イタリアのミステリー・サークルに提示されている時間から、Southfield(に提示されている時間)までに、この影響の取り代わりはおよそ50%から60%に増加したということを、観察者は時間線に見ることができる。サークルの制作者は、このパーセントを強調するために、これらの説明図を、都合よく、田畑の線に沿って置いた。

Southfield:7月15日2004
イタリア:2004年6月2日、

惑星Xあるいは地球の磁気的な整列は、太陽の磁気流線に沿うか、並行に整列するかのどちらかであると私達は説明したが、これらは時間線(タイムテーブル)に沿って棒により表されている。
 同様に、非対称 の説明図では、例示されたこれらの多様な配置は、これから起こるドラマを、通過のダンスのときの惑星のいろいろな 配置として表している。2本の棒があるのは、ただ1つの惑星の、ただ1つの並行な整列である。
 しかし、2つの部分から成る棒は 2つの惑星が並行の整列にあることをほのめかしている。同様に、水平な棒は、太陽の磁気流線に沿って端と端で整列する惑星は1つにとどまらないことを、ほのめかしている。
 Pegsdon説明図には、惑星Xは黄道の下から32度の角度で太陽に接近するように、惑星Xの出て行く23度の角度が明白に示されているが、それでは、Pegsdonの説明図から何が作られるのか?
 内側の太陽系内には今、3個の 磁気を帯びた惑星、水星と地球と惑星Xがあるので、ここで再び、抜け目のない人は時間線の手がかりを見る。Pegsdonは3つの水平な端と端の整列を示している。
 次に、ただ1つの並行な整列を示しているが、これは惑星Xが太陽とそのように整列する。次に、私達が惑星Xに対して予言した270度の回転によく似た、乱された交換を示しているが、 この時、地球と水星の部分で分離する行動がある。これらはすべて、惑星Xが再び太陽の磁気流線に沿って整列して出て行く以前のことである。

Pegsdon : July 10, 2004
Wisconsin : July 4, 2003

 私達は太陽を表すものとしてハローを伴う球体に言及したが、太陽はこの過去1年の間、しばしばハローを伴って見られた。それでは、太陽のどちらかの側にある二重の太陽は何を表すのか?
 もし黄道が粒子流の逆流であれば、これらの粒子は太陽の極か ら出現する。これらの粒子は、極から極へ移動する磁気粒子ではなく、混雑することを避けることを至上命令として、太陽へ戻る粒子であり、これらの粒子は、それらが出現した所からもっとも遠い地点である黄道の上か下を行くことによりそれをする。
 したがって、太陽の北極で出現したこれらの粒子は黄道のを戻り、太陽の南極で出現した粒子は黄道のを戻る。
 ちょうど、電磁気粒子が関連付けられ、しばしば一緒にダンスするように、このダンスに巻き込まれた粒子は関連付けられる。この復元力は、惑星Xの通過により影響されないで、残る。しかし、地球が現在、23度の回転軸の傾きをしている理由は、偶然ではない。
 私達が説明したように、惑星Xが出て行く時、その回転の整列は、黄道に対して23度の傾きをとる。
 そして、Beckhamptonが説明しているように、この粒子流は、通過点が近づくにつれ、重要性を増している。

Beckhampton:2004年7月15日
Rabley:2004年6月30日
ベルギー:2004年6月21日

 明らかに、6月に提示された昆虫を思わせる説明図は、惑星Xが黄道を突き抜ける時に出くわす出来事の連続を、ほのめかしており、最近のWindmillの説明図(Windmill Hill : July 17,2004)は、もっと複雑なものを提示している。
 4つの反響、次に5つ、次にひとつの上にもうひとつが積み重なる反響。ひとつは、もうひとつがそれの頂点にあるより前に終わらず、エコーをつくり出し、黄道の下で横の広がりをつくり出し、その広がりは突然に消失する。
 反響とは何なのかと思う人々に対し、ナンシーが「吹き払い」と称して集めた資料を訪れるよう私達は勧める。
 「吹き払い」では、反対回りの軌道でやって来た怪物惑星Xの前で軌道に停止させられた惑星が、互いに押し付けられ前後に跳ね飛ばされるように、太陽の多様な掃き払う腕によって叩かれる。
 この「吹き払い」とそれの示すパターンを注意して見る人々には、これもまた時間線の手がかりである。

Windmill Hill : July 17, 2004
Milkhill:6月26日、2004

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上 訳ーT.K.