ZetaTalk: Monster Cometh;怪物彗星
Sep 19, 2004ー著


ポールシフトに先立つ何箇月、何年かはどうか?マンモス湖とイエローストーンのカルデラが現在も暖まり続けていることは全く秘密ではなく、大衆は、ロサンゼルスの中心部で溶岩が吹き出す映画「Volcano(火山)」により、これらの出来事の準備をさせられていた。実際、およそサンディエゴ/ロサンゼルス地域からシエラに走っている活断層がある。そして、これはポールシフトの何箇月か前の地震のひとつの間に、かなり激しく裂けやすい。
ZetaTalk: 火山, written Feb, 2000

地球規模の地震が、地球全体が関与する地球規模の震え、これは2003年3月に初めて現れ、2003年5月に規則的に現れ始めただけであった。それらは最近頻度を増やしてきていたが、その強さは減少した。惑星Xが益々太陽の中央になり太陽の声に取って代わるので、この強さの減少は地球をつかんで引く力の闘争の欠如によると私達は説明した。

  この闘争の欠如の間に、地震活動の相対的な静けさの出現があると仮定すると、なぜ、火山が世界的にマグマの圧力を増加したという証拠を与えているのか?
 怪物の到来である。惑星Xの軌道は、太陽系を通過する「吊り革のような軌道で、わずかに反対回りの軌道である。そして、惑星Xは不運な地球を32度の角度で南から北に通過して移動し、太陽の南極を回り、地球に頭を向け るようにして太陽から遠ざかって向かって来る。地球は捕らえられ、太陽の「吹き払う腕で前に押しやられ、これまでさらに近づいて来ている惑星Xを取り囲んでいる莫大な粒子流により妨げられ、激しい車線に押し込んでいる軌道に閉じ込められ、どこにも逃げることができない。

もし、地球のプレートを前後に持ち上げる闘い、地震の要素がより少ないのであれば、この接近している怪物は、撹拌しているマグマに何をするか?
 マグマそれ自身は、惑星Xから放射されている粒子流によって引き付けられるか退けられるかする多くの部分で構成されている。それらはそれらの撹拌を増加させ、太陽系内で過去数年の間に観察された動きは、木星のような様々な惑星をかき回す原因になり、エウロパのような様々な衛星を暖める原因になっている。地球は惑星Xにもっとも近くにあり、確 かに全く例外ではない。マグマに何が起こりつつあるのかを人が理解するには、撹拌されている川のediesと流れを見さえすればよい。
 流れが停滞しているか妨げられているところでは、速度が増加し、盛り上がりが起きる。そして、圧力がその妨害物に向かって強まる。したがって、エトナ山は高いところで溶岩を滲み出し、そして、同じ時期に、地球を3分の1回った日本で、噴火による白い灰が東京に降り、そして、さらに地球を3分の1回ったマンモス湖のカルデラでパニックを起こしている。

何故、北半球でなのか?
惑星Xは南から近づいており、逃れようとする★地球のマグマの一部が北に動いている!!

時のサイン #1124
カリフォルニアのロングバレーのカルデラとモノーInyoクレーター領域、USGS緊急の公報の即時のリリース。
 現在の状態は、オレンジ(警告)に格下げされた。もしあなたが被害地に住むならば、あなたは、直ちにあなたのレベルオレンジ緊急事態計画を実施することを勧められる。 [そして別のソースから][9月18日の]私はトムの場所に住み、私の夫は、消防士で、約1時間半の緊急事態に呼ばれた。
私は心配し、★地面は現在、動いているように感じている。
…私の夫はたった今、帰宅したところであった。私達は去る、彼らは 全体のエリアのmanditory避難foirを熟考している、★一体何を言われたのか、彼は待たない。
私達は、フラッグスタッフの家族に向かう。私は行く必要がある。 [そして別のソースから][9月18日]昨晩 私が寝るまえに、70回からの200回以上の地震の揺れの進展を見守った、私は早く起き、明るかった [9月19日]そこで、600以上の地震のリストがある。
時のサインー#1116
9月8日白熱した溶岩破片は空中に吹き上げ、いくつかの車を焼き、Sapienza の大きな領域に落ちた。
[9月14日]それは、19時00分に、Valle del Boveの人が住まない地域へ、他の2つの溶岩流れが、約100メートル動いた。
[9月15] Valle del Boveの西の壁に置かれた両方の流失する出口は、溶岩流れに供給している。
[そして別のソースから]1日で二回、日本の火山が噴火した [9月14日]中央日本の火山は、1日以内でその2番目の爆発において火曜日の午後空に煙を高く吐いたけれども、役員はスケールが大きくないと言った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BY TK