ZetaTalk:Dance Begins:ダンスは始まる
2004年10月19日ー著


土曜日の朝 [10月16日]に、私は、日の出を見るために、私の寝室の窓から見た。
 太陽が昇ると、私は、その明るさを塞ぐために、私の親指を太陽の前に置いた。
 私がこれをした時に、私は、太陽の左で、★別の大きい球を見て驚いた。
これは惑星Xかもしれないか?
あなたのフォト・アルバムを見る間、一つは私の注意を特に惹いた。 それの日付が
2003年8月26日で、テキサスのSkywatchからのもので、私が見たものと正確にマッチしていた。
 唯一の違いは、私の2番目の太陽が、太陽の左に水平にあったことである;写真には、2番目の太陽は、太陽の垂直に下にある。

私達は、過去の数ヶ月の間、「惑星Xが太陽の中央部、黄道の上に、下から動き、これらのラインに沿って、磁気粒子が、太陽の北極から、太陽の南極にカールしている磁気の流れラインに沿って投げつけから動く」と警告した。
 私達は、このプロセスのステップが下記のように説明する:

  1. 惑星Xは、最初、磁気の粒子のこの大きい吸い込みに向いている北極を持つ太陽の南極を、過ぎてつり下げられる。
     これは、去年の12月にその軌道で停止した地球を、傾かせ、片寄りを作り、地球へその南極を向けた惑星Xのせいである、星座の位置のずれ、太陽の北過ぎ、軌道での月の不規則。
    ★これは2004年の春と夏の間、優勢であった。
  2. それが黄道に昇るにつれ、惑星Xが、ますます、ほとんど水平の整列になる、極でのほとんど垂直に出現する磁気の流れラインが、中央部で、ほとんど水平である。
     私達が嵐の目の中での凪と名付けたこの水平の整列の間に、惑星Xの極の吸い込みは、それが少ない傾きのほとんど垂直の構えを想定し、それを弛緩することを可能にして、地球にほとんど直接に向ける。★これは過去の数日までの最近の状況であった。
  3. それが、太陽へのその南極を向けて太陽へその北極を向けることを変える間、惑星Xは次に最もわずかな抵抗の経路として、横に動く。黄道の上の磁気の流れラインの整列を保ってである。
     惑星Xの北極からの突風が、結局、地球に直接向くこの動きは、地球の北極を太陽と惑星Xから離れて向けることを起こすだろう、北半球で聖書において予告された3日間の暗闇だ。
    ★この動きは、現在始まった。
  4. 惑星Xは次に太陽のサイドに沿って、真っ直ぐに立つその最初の270度の回転を完成して、しばらく、垂直姿勢をとる、しかし太陽と惑星Xが、真っ直ぐに、その北極を持つ。
     地球の運動量と方向は、一時的に、民俗伝承とイスラム教が予言するように、数日間の西からの日の出と共にそれを逆転した姿勢にさせる。
     地球の暗闇の日々と西からの日の出は、極端なぐらつきによって遂行されて、それは、また、地球が、惑星Xと太陽に並んで、真っ直ぐに立つまで、続くーすべての横並びの整列。
  5. 遅れる回転が、始まるのは、★この時であり、惑星Xに対しての直面と夕暮れで規則的に掴まれる大西洋海溝は、より大きい磁石、怪物「惑星X」の磁気の掴みに、直接さらされる。
     270度の回転と遅れる回転の間に、★地震と火山活動が大いに増大し、それは、★不定なジェット気流を起こすため、結果的に温度両極端と嵐を起こす。
     この時の間に、惑星Xは見えず、太陽の日の出と日没がなく、★これらの地球の変化が、確実なので、もはや否定できない。

もう、太陽は中心でなく、ほとんど太陽のぎらつきで中心は見えない、惑星Xはその横へのはじきを準備し、今動きにある、ダンスは、開始された。

#1188-時のサイン
ブラジルの私の滞在の間に、毎日の熱帯嵐による悪い天候だった。
これは、10月16日の朝に私が得た唯一の可能な写真であった。位置はSPのCedral Sao、 Jose do Rio Pretoである。南緯 20度 54分 10秒 西経、+49度 16分 06秒。
ソース:ブラジルのアルベルト
[そして別のソースから]バンクーバーのKatkamからの2つの太陽。ソース:ベン
[そして別のソースから]] これはKatkamレンズフレアではない画像は切り取られなかった、そしてレンズフレアが出来る雲の前ではなく、ブラジルから写真の怪物ー太陽がするように、2番目の太陽が、雲の後ろに全然立つ。
 
これは、写真において、2004年7月20日から、この2番目の太陽が登場をしないことに注意しなさい。最近のことである!
[そして別のソースから]アムステルダムからのワルシャワへの飛行からの太陽の写真-ボーイング737-400で35.000フィートの高さから。
この写真は10月16日の約午後7時00分に撮られた。
 ソース:ポーランドのJetMan

[注:2003年の前には、2番目の太陽は、北半球で、日の出時に右に、日没時の左にあった。これは現在、逆になり、惑星Xの後退している軌道の動きを示す!]