ZetaTalk:Dead Astronomers:死んだ天文学者
2004年12月9日ー著 再訳 4nov-06


カバーアップが持つ最も大きい恐怖は、コントロール不能の暴露である。しばしばそれが気づかれると、コントロールを実行せよ。
 惑星Xのカバーアップの理由、有効な理由があった。
 生命を助ける理由、大衆がシフトを良く生き残った後に見つけ、ドルと生活についてコストを見積もり、意気消沈させるべく、パニックについての心配して、誰のためにも善くない、そして、カバーアップを行っている彼らは、模範的な市民、大きい先見を持つリーダー、そしてすべてのこれらの年に、大衆から真実を隠していたことを感謝されるべきであると思う。
 見落されるだろう彼らが、望むものは、まず第一に、カバーアップの本当の理由、第一にチリが降る時に、階層のトップに出現する機会として、惑星Xの通過を使用する望み、反対を破壊し、コントロールをし、人々と財産をコントロールし、騒動の間に落ち着かない大衆を★奴隷労働の地位に置くために、このように王として出現する。
 せいぜい、カバーアップを行うことは、特権と地位を保つように、そして可能な限り報いを受けるために、状況を取り扱う無能さを単に認める無力さだ。
 多くの者にとり、特に現場で噴き出した惑星Xの証拠として、カバーアップへの参加は、パニックを弱めて、大衆の安全を保護するために国家安全保障問題として表現された要求であった。

 大衆に、何故彼らが、それに内々関与していたかを知らせることを切望した良いハートを持つ多くの者が、このグループに誘いこまれた。従って、彼らは、現在の天候と予測に適っている地震と噴火の兆候を理解できた。彼らの隣人と友人は、知ることに値していたか?
彼らは、作る計画、シフトより早くに起こる問題を持っているのか?
 もし、知っている人々、エリートはパニックの状態にならず、そして彼らの毎日の生活においてそのようなストレスを扱う、普通の人は知らない、彼らは、この情報にちょうど効果的に対処することができるか?
 しばしば、バー、又は会う間に、憤慨した参加者がビールで彼らの感情を表現することができる時に、苦い終わりまで、ぜひとも維持されるカバーアップの彼らの要求の目的に反して、これらの感情は、職場、又は他の場所で注目される。
 安全、セキュリティを約束されたカバーアップの参加者の二番目のものは、ポールシフトの後に王である人々のために働いて、★掩蔽壕にある人々である。
 「大いに役立つ、そして私達は忠実な使用人としてあなたに報いる」はメッセージであった。しかし、カタストロフィの前に起きる出来事が熱を帯びると、そして彼らが、安全を約束した人々により問いただされ、そのような約束が、全然計画されなかったことが明白になる。
 ★「あなたの助けに感謝、だまされやすい人よ、今冷たい雨の中で立ち、そして食べる幼虫をつかみなさい 』は、暗黙のメッセージである。

 それが、ほどけかかっているので、両方のこれらのグループは、カバーアップの舵とりでの彼らの心配である。誘惑は、それらを取り除くこと、又はメッセージを少なく送ることである。この抑圧は、成功するか?
部分的にである。長期間ではない。
現実の地球変化が始まる時には、認めることとヒステリーと半狂乱なその場限りの議論は、感情の洪水に似て、カバーアップを知っていた人々の間で、制御不可能で、突然それを実感する。
 カバーアップがほどける時に、始めからずっと政権にいて、コントロールを維持するのに努めた人々は、コントロールを行うか?
 ほとんどそうではない、又はスタッフなしのNASA、観測所を残して、彼らはすべての関係者を殺す、それらを分類するのに努めて、大衆の心配へのメッセージとして「‘ 私達は公益のためにこれをし、それは、私達が、知識を持っていたすべての者を殺した理由である。」と 、ほとんど信用できない。
 ホワイトハウス、海軍の計時係のコントロール、NASAのコントロールをしている者達は、天文学者を統制下に引き留められない天文台に資金を出さず、カバーアップに参加した世界の国の国家元首を再び集め、彼らの義務から走り去れない。
 彼らは彼らの役割から抜け出すかもしれず、否定する、けれども、彼らは、無防備なので、声高に、これまでのすべての年に嘘を言った人々の間を出て、彼らを、彼がポールシフトの余波で発見される所にどこにでも、彼らを認める大衆から隠れることができないだろう。未定の真実のカルマである。

[注:新しいZetaTalk:死んだ天文学者。] 写真セクション、Mtウイルソン2003年5月26日の写真と、5月28日の写真
#1254-時のサイン
NASAのバンが突入し三人死亡[12月8日]http://edition.cnn.com/「NASAのジェット推進研究所からの定期通勤者のバンは、山から200フィート下に墜落した。バンは研究所の6人の従業員、2人の契約者、および2人のNASA従業員をパサディナに運んでいた。
雲と霧は、高度約1500フィートの一帯を覆ったで、事故の原因直ちに分からなかった。雪は山に点々と降ったが、しかし道路にはつもっていなかった。'


[そして別のソースから]エンジェル頂上ハイウェーは、多くの鋭い曲線と非常に急勾配の坂をもつ2つの小道路である(手すりがあるけれども、)。頂上にウイルソン山天文台観測所がある。

[そして別のソースから] そこで、★最近の10年の間、殺された何名かの科学者がいる。実のところ、そのような小さい期間内の事故による死亡は そんなに多くの見込みがない、極めて関係が薄い。

[そして別のソースから]1999年7月1日フランスのケーブルカー衝突で20名死亡http://www.cnn.com/;車がケーブルから外れ、殺したけれども、ケーブルは断線しなかった。
 犠牲者のほとんどは、★フランス、ドイツおよびスペインの科学者で観測所の従業員であると報告された。
観測所だけが乗っているので使われ、どの観光客も、乗っているとは信じられなかった。ケーブルカー連合を代表したチーフは、「1980年代にケーブルカーが建てられて、最近検査されていた」と言った