ZetaTalk:惑星Xはどこにいるか?
2005年2月5日のラジオ番組ライブ1月28日ルー・ジエントルラジオ番組


私達が言う時に、毎月毎月、太陽の右隣にあると言っているように見え、人々は驚かされて、それは太陽の回りから来る、それは地球と太陽の間にあるけれども、実のところ、地球が、その軌道に入るこの惑星体に遭遇した時、その軌道で迷った2003年12月に、もしあなたが道路で象を発見するならば、それが、あなたが通過できた唯一の経路であったならば、惑星Xは、あなたが通る経路で止まった。

さて、何故地球はまわりに抜け出さなかったのか?
私達が説明したように粒子の流れがあるからである、ブロックを作り混んでいる莫大な粒子がある。
   惑星はそれらの軌道で一緒に掃かれて、そして太陽に入り、出て行く粒子と共に快適な所で、互いの距離に滞まる。
 それで、惑星Xがその回りで混み合っている粒子、バランスでの大きい混乱を作る、それで、地球がカップでつかまえられる。
 ナンシーは、その棒の前の水の中のカップで、小さい盛り上がりを作り、あなたが両サイドでそれのまわりを水が流れるのを見ることが出来る川の棒で、これを比喩した。
 そして、時々、あなたはそのカップの水の中でふらつく何かを置き、それは川を流れ下りず、それはそのカップから動けなくなる。
 これは、地球がそのカップから動けなくなることで、そして惑星Xは、カップを作る粒子の流れでさざ波を起こし、動けなくする。

 現在、惑星Xは地球と太陽の間の中間ポイントにまったくあるわけではない、黄道、又は太陽の赤道部に非常に近く、そしてその結果、あなたがそれを見ることができない、それが太陽の前の鈍いボーッとした球のようであるからです、そしてチリ雲にそんなに強烈に行き当たる光を後ろに反射して、それでそれがひどくぎらつく。
 もしそれを見て、あなたが太陽の側にいるならば、あなたが盲目にされるけれども、もし、それを見て、あなたが地球側にいれば、灰色のぼやけた球のように見える。
それで、それはそれがある所のものである、それは、その逆転している軌道で私達が説明したように、右から左に黄道へ昇るために太陽の南極近くにダウンし、2003年12月の黄道の下から進行している。
 そして、☆、どれほど太陽に吠える大きな磁石体、地球の質量の23倍の大きい惑星が、速いか人間の文化の間で言われる、斥力のため、太陽の回りで滑るようにキーイッと停まる。
反重力、そして太陽を入ったり、出たりする粒子でとても混む黄道を通ってその経路で穴をあけるように、発進する準備をする。
これは、人間が持たない知識の何かである。
多くの予言は、『星座を見なさい』と言う、そしてエノク書は、『星座は外れた位置>にある』と言う。 彼らは、これがこの時ではなく、速いプロセスになろうとしていないと知っていた。


翻訳BY T.K.

南アフリカでの2003年11月2日の写真