このページを友人にメールして下さい。

ZetaTalk: Lean to the Left:左への傾き:太陽と反対方向への傾き
2005年12月7日ー著


 これ(予言されている「闇の3日間(zeta163)」)に向けて、惑星Xは北極がもはやほとんど直接に太陽を指さず太陽から離れて別の方を指すようにその場で回転し、地球に向けて弧を描くように動くが、この変化は突然に起きず、それは次第に進行する。これに向けて、惑星Xがゆっくりと北極を時計回りの方向にぐるりと回るとき、地球はどうなるか?
ZetaTalk:飲んだくれのようなよろめき
2004年11月19日ー著
★地球の北極が西に押されていた状況から動き、東から出現してくる惑星Xの北極から遠ざかるように動くと、「西からの日の出」が起きる。・・・地球は横になろうとする。
ZetaTalk:地獄は放たれた
2005年1月2日ー著
(惑星Xの)北極が地球に向かって吊り下がり始めると、それは巨大な尾とその尾の中の瓦礫を、管を通して地球に向ける。
ZetaTalk:より大きく、より近くになる
2005年2月4日ー著
 惑星Xの北極は時計回りに振れる。その間惑星Xはその場に留まっている。そしてその間地球に磁気粒子の管を向け、地球の北極を押し、地球の北半球を一時的にその間遠ざけるように傾ける。私達はその回転をあの劇的な日々に先立つゆっくりとした過 程であると述べた。しかし、このゆっくりとした過程の間、多くの衛星の渦と巨大な塵の雲を伴った惑星Xの尾が、太陽の右側に(北半球で見られる場合)出現する。
ZetaTalk:尾部の戻り
2005年4月7日ー著

 私達は、惑星Xがその場で270度の回転を始める時、地球の天文学者が太陽系を視覚化する場合のように頭上から見て、時計まわりの方向に回転すると述べた。これは、惑星Xが反対回りで太陽を通過するのに合わせて、反対向き、すなわち時計回りに回転するからだ。
 私達はこの270°の回転はゆっくりした回転だと言及したが、この回転の始まりと終わりの時間枠を教えなかった。この回転の終わりには、悪名高い三日間の暗闇があり、それから速やかに地球の自転停止に向かって自転が遅くなりだし、避けることのできないポールシフトへ移行する。この遅い270°の回転の間の途中に多くの段階があるが、それらのいくつかは1年以上にわたり私達に予測された。

  1. 1.私達は、惑星Xは北極を右に振るので、地球は本質的に左の方に側面を倒して落ちる磁気粒子のこの管から遠ざかるように北極を傾けると述べた。これらの方向は、北半球からは昼間に見える方だ。

    この過程は始まったのか?
    夜空で見ると、北半球では、北極星と天の南極は通常、真北か真南にあるが、もし地球が側面に倒れると、それらはいよいよ中心から外れてあるように見える。この観察は、どこの場所であっても、増加している地球のぐらつきを考慮に入れねばならない。

    最近、このぐらつきの増加は気づかれたか?
  2. 地球は軌道で停止し、惑星Xの背後の太陽からやって来ている粒子流の渦のカップに捕らえられているが、磁石としての地球は、いくらかの融通性をもってこの渦のカップの内にいる。地球は、惑星Xの北極から来ている磁気粒子の管を逃れようとして、カップの遠い側へ移ろうとする。これにより惑星Xは太陽の右側に見えるようになる。

    最近、そのような観察がされたか?
  3. 気象のぐらつきは」が、増加している地球のぐらつき、世界中から集められたデータからナンシーがとても上手く実証した8の字のぐらつきに続く。地球のぐらつきの間、大気の覆いの下で地球が突然に向きを変えるので、大気の混ざり合いが増え、その結果、嵐が起き、季節外れに、真冬にハリケーンが発生し、吹雪の中で竜巻が起こり、★終わりが見えない!

    そのような不順な気象は始まったか?
  4. ぐらつきの増加は地球の地殻にストレスをかける。地殻はコアと同じく、惑星Xの存在に影響される。コアと地殻は異なる程度に違って影響される。それで地殻にとっては、コアから地殻への指令は惑星Xの指令との板ばさみとなる。この ように異なる方向に引かれると、地震は増加し、大西洋は引き離され、太平洋は圧縮され、伸張地帯は伸ばされ、地殻の下のマグマは渦巻いて火山活動を増加させる。

    最近、地震と火山活動でそのような増加が気づかれたか?
  5. 惑星Xの尾は、もはや太陽の方向を指さずに地球の方を指すように振れており、2003年に地球大気に漂った★破砕物と赤いチリを戻す。惑星Xの北極が太陽と地球に向けられたこのとき、接近している惑星Xから太陽と反対側にある地球は突風を受けた。

    この「破片と、再開される火球活動(zeta213)」は始まったか?

 これはどこに導くか?270°の回転は地球の北極を遠ざけて終わる。そのとき、北半球は「闇の3日間」になり、さらに回転して、イスラム教で予言されている「6日間の西からの日の出」を経験する。その後、惑星Xの逆立ちに続いて地球は逆立ちし、自転が遅くなり、自転が停止し、そしてシフトの時が来る。しかし、これらのことはこの回転の最後に起こるが、この回転はゆっくりした回転だ。人は、地球がますます側面に、左に倒れると想定することができる。私達は、この側面への倒れが「闇の3日」へと回転する前に、地球が、北から南へ、太陽の光の中で日なたぼっこをするという予測をすでに公言した。

私達が予測し、出現し始めた、この270°の回転の徴候以外に、他に何が起きるか?    惑星Xが2003年に太陽系へ到達し接近している間に地球が苦悩したことに対する言い訳は、地球温暖化や太陽からの放射物や小惑星群のごろつきであったが、地球が側面に倒れる時、この言い訳をどのように抗弁するか?

 かくして、このストレスの一つは、脆弱なカバーアップ(隠微)の上にあり、ブッシュ政権と、その召使いでありカバーアップの責任を担うNASAは、ますます軽蔑される。すでに限界まで壊れやすくなっており、経済は壊れ、銀行業務システムは、価格統制と暴動管制に加えて、きちんと護衛を置く。そして、破産は一面のニュースではなく、死亡記事欄に載せられるほどに一般的になる。

 私達が望むのは、カバーアップ(隠微)の言い訳では説明されないますます明らかな地球の変化によって、世界の主な宗教や正確さにおいて実績のある正当な予言からの「最期の時」の予測に関する議論が、★世界中の主なメディアに起きることだ。
 私達の意見では、これは、来たるべき苦境に大衆がしなければならないことを説明するのに平等な機会を提供するはずだ。生存のための情報は、ゼータトークとトラブル・タイムとナンシーの最近のBlogラジオ書庫が常に強調してきた。

以上 T.K.

時のサインー#1519
これらの写真は午後4時00分ごろに12月2日にウエストケンタッキーでとられた。ここには、まさに15分前に撮られた別のものがある

[[そして別の情報源から]この重なった太陽は惑星Xが太陽の上にいくらか現れた第二の太陽の別のタイプの写真だ。

3週前、私は雨の後に米国のルート42を南西に運転していた。雲はまだ暗かったけれども、壊れていた。
午後5時00分ごろに、私は、1つの雲の後ろで太陽が沈むのを見て、まさにほんの北西に別の物体があった;太陽の1/3のサイズで、太陽が塞がれたので見えた。私は、それが惑星Xであったと推測する。

時のサインー#1518
これは惑星Xか?
最初の写真(左)は日本の12月3日の午後4時12分、五色台。
2番目(センター)は東京、12月3日朝。
3番目(右)は、12月5日の4時37分pm、東京。


 [そして別の情報源から]朝と夕方の両方で、ますますの光の球が肉眼で見られたことは、太陽の右で捕らえられた。
 左の写真では太陽の右で撮られた。
 センターの写真では、それは太陽柱かもしれず、しかし暈は、太陽のまわりにどこにでも現れない。
 右の写真では尾部は、惑星Xの北極から吹くのが見れる。
 惑星Xが右へその北極を回すので、地球は逃れるために左に押されている、このように、太陽の右に見える。
 尾部が惑星Xの北極から吹き出されるので、このゴミはまた地球に向かってやって来るだろう・
 より多くの火球。
 最近の北極星の計測によると( 見なさいー時のサインー#1517)、地球がそのサイド側にわずかに低下している、北極が左へ、ゼータトークにより1年以上前に予測されていた。

 


 [そして別の情報源から]空での隕石のターンはWAで見られた[12月4日] http://www.sundaytimes.news.com.au/'日曜日は州を横切る有利な地点からショーを見た者たちからの電話が殺到した。
 動揺した目撃者は輝く光、家の揺れ、輝く色、隕石の降下の恐怖を話した。
 壮観なショーはパースからKalgoorlieで見られた、そして、北と同様に南オルバニーでも見えた。'

[注:その北極を右に揺り動かしている惑星Xの複数の証拠] 

時のサインー#1517
http://216.180.244.91/bbs/message.php?[11月27日]
時のサインー#1517
http://216.180.244.91/bbs/message.php?[11月27日]日の出と日没と変わる惑星は、私に、位置の整列が強打されていると告げ、それゆえ、地球は、ぐらぐらしている。 [そして別の情報源から]私は自身ぐらついているように見える。私は、私の後ろの庭の大きい木に対して北極星をマークしている、それはあちこちにぐらぐらしている。ある日は他の日よりひどい。

[そして別の情報源から] もしこれが結びついているか知らない、非常に大きい湖の監視条件で観察している;しばらくの間、現在、私は、私が、跳ね返す湖であると信じるかどうかを観察し、(私達はここで月の潮の効果を観察したけれども、これは異なる)そして、それは、もっと著しく成長するようである(水位の揺れは次第により大きくなっている)。

[そして別の情報源から]http://216.180.244.91/bbs/message.php?LA-NY間の飛行機旅行の証拠。午前6:30時での飛行で★第二の太陽の証拠。パイロットは、後でのコメントをしなかった、★「仕事をなくすので」と言った。

[そして別の情報源から]天文学界が手掛かりをもたないこと、又は慎重に静かであり続けることがまさに信じられない。人は北極星のより長いサイクルと同様に、夜ごとに北極星の動きに気づかないように盲目である必要がある 

11月28日]北極星が過去の個々の週に北西の近くに進み続ける。
 それは、現在、同じ計測地で夜ごとに、位置する所から離れているー★★約3度である、6ヶ月前、とまさに同じではない。私の推測は地球がシリアスな問題を持つということである。