このページを友人にメールして下さい。

ZetaTalk:
2006年3月8日ー著


Q:これらの写真は2006年3月4日にフロリダのフォート・ローダーデールで撮った。彼女はKodakデジタルカメラCX7530 ー5.0MPを使った。


そして別の情報源から]2006年3月7日にイタリアの私のデジタルカメラREVIA KD-220Zをいつも使用する。集合体が太陽の左側に見え、前の写真より小さいようである

[そして別の情報源から]私は、これらが末部での月渦巻きであるかしらと思っているか

>

[そして別の情報源から] 惑星Xが2001年早期に天文台でボーとした霞にとして、又は2002年早期に赤外線 でとてもぼんやりとした星に、又は2002年の秋にCCD 撮影の間星の星座表になかった星として見えて来た時に、覆うチリの雲と惑星Xの尾部は素早く動く惑星の 後ろでのろのろ動くように見え後ろでのろのろ動くように見え、公表されなかった。
それが2003年の夏に太陽に到着して、ブレーキをかけた時は、尾部は当然太陽を越えて吹きつけ、停止した惑星Xを越えて漂った。
それは、また、2003年8月-9月に、多くの国で、電線網を破壊し、電圧の急激な変化と電圧低下させ、送電線網を妨げた。
そして、チリ雲は、それに粘着し、それがそれを回り、太陽の赤道部に向かったので太陽の南極に向いていた惑星Xの北極から外に吹きつけて定着した。
 従って、2003年12月から最近まで、尾部は太陽に向かって吹きつけられた。破砕物および赤いチリそして多くのドラマチックな明るい月の渦巻きダンスは証拠となるように多くなかった。
2004年と2005年は相対的に静かな時で、惑星Xが黄道に徐々に昇ったので、太陽を回る間、賢い尾部が、惑星Xの前で軌道で、捕まった地球に向かって外側に吹きはじめた。
 私達が述べたように、「太陽の北極でその南極を向け、そして太陽系を素早く通過する惑星Xは、太陽の黄道の上にあるように自身を置くために、遅い270度の回転をするにつれ、それは初めにその北極を太陽から離して揺れ動かさなければならない。」と 。

私達が述べたように、「太陽の北極でその南極を向け、そして太陽系を素早く通過する惑星Xは、太陽の黄道の上にあるように自身を置くために、 遅い270度の回転lをするにつれ、それは初めにその北極を太陽から離して揺れ動かさなければならない。」と。
 それは、逆に回るので後退する経路でなす、そして太陽を過ぎる間、逆の軌道にある。
北半球で見られるように、北極は右まわりに揺れ動くので、尾部はまた太陽の右に出現しはじめる。
 地球は、惑星X北極から来る磁気の粒子のホースを免れたいので、惑星Xの通過で捕まり、とらわれた粒子の流れの渦で出来るだけ離れて左に傾く、すみやかに動き、そしてそれが太陽を離れるにつれ、地球に容赦なく向かう。
従って、惑星X、2番目の太陽の集合体の目撃と写真は、最近撮られ、光を水の上に反射さえする。
 この遅い270度回転のプロセスの間に、惑星Xの巨大な、電荷された尾部は何を起こすか?
地球からずっと離れている時に、集合体の幾分後ろで一面、又は包囲して浮動し、尾部が集合体の付加物として出現する。
しかし、惑星Xが地球により近くに来るにつれ、そして尾部が向こう以上に地球に吹きつけられる、地球からの★尾部の見え方は変わる。
何度も私達が言及したように、尾部は、電荷され、これは、惑星Xにそれが固執し、巨大な惑星磁石の惑星Xに従う理由である。
尾部は、惑星の磁場である磁気の粒子流れの外向きの出発点である惑星Xの北極から離れて向こうに吹く。
しかし尾部の主要な成分である酸化鉄のチリのため電荷を帯びる、それは、惑星Xの磁場と並びたがる。従って、尾部は、惑星Xを取り囲んでいる磁場ラインに沿ってまわりに★惑星Xの南極に巻きつく。

これは人間にここ地球ですぐに尾部の影響が多くあるのを意味するのか?
 地球がこれを免れることができなくて、そして民俗伝承がこの事を告げる、しかしまさにこれらの猛攻撃のタイミングが何時であるとは、私達は告げないだろう、というのはイスタブリッシュメントが、彼らがこの怪物とその正確な通過について知っている事を大衆とまだ共有していないからである。