このページを友人にメールして下さい

ZetaTalk:Dragon's Claw :ドラゴンの鈎爪
2006年3月9日ー著


ZetaTalk:大変動のカバーアップ(隠微)1996年6月15日ー著
 海が暖められ地震が増加していることは、たとえ過去にそのような活動が太陽面暴 発と一切関係していなかったとしても、このように太陽フレアのせいにされます。コアが、表が経験したものを越えて、太陽フレアによって熱されることは、非論理的なので、一般人が完全には理解できないように、提示された代わりの説明は科学的なたわごとで装われます。
ZetaTalk:偽の警告1998年1月15日ー著
 太陽フレアについての警報は、誇張されている。(惑星Xの)通過の時が近づいて、★太陽フレアは増加する。そして地震の増加と同様に、その発生数は増加し、電子通信に障害をもたらすだろう。しかし、それは、海水や植物の成長時期や気象にほとんど影響を及ぼさない。カバーアップ(隠微)は他のことを言いだして、この原因は深い地震の増加や長期にわたるエルニーニョや磁気の拡散が原因であると断言するだろう。でも、そうではない。
ZetaTalk:ご都合主義の太陽への非難2003年10月30日
大衆は太陽に関連した出来事のニュースについての完璧な統制がいかに維持されているか気づくべきだ。 肉眼で見られるものの他、ほとんどいつもある程度はあって、時々現れる温度の低い暗い地域である黒点や、太陽が原因で起こる小さな小さい無線空電妨害や磁気流(磁束)といったデータ、これらはNASAの中央管制所から公表されず、大衆の手の内にデータは全くない。

ZetaTalk:太陽の最小期の活動なのに?2004年11月12日ー著
それでは、太陽はこの粒子嵐にどのように反応し、多数の粒子の内と外での定常状態はいつが標準か?

太陽の内に流入する粒子はブロックされ、黄道に沿った面で不均衡をつくる。太陽から流れ出る粒子は込み合い、その圧力を軽減するためにサイド側に渦巻く。
これらのこと全てが、太陽の最少活動期の間に、人の計算は時期外れで、太陽表面に波紋を引き起こす。」

一つして使われると警告した。地球温暖化はもう一つの重要な口実だが、地震と火山活動の増加がそれでは説明されないので、惑星Xの接近を示すこれらの兆候は太陽フレアにこれまで振り向けられてきたし、これからもそうだ。  それは太陽からの放射物であり、地球のコア(核)をかき乱す原因になっていて、それで、プレートは落ちつかなくなり、動き回り、火山が噴き出す。これらの地球の変化はこれまで一度も太陽の放射物が原因とされたことはなかったということは、カバーアップ(隠微)を組織化している者達にとって、切り札とならない。     彼らは一般市民を頭の回転が鈍くて簡単に誘導できると考えている。レトリック(巧みな表現)以上に、一般市民が見るものは、彼らのまわりの世界が変わりつつあるということであり、説明は無意味と思われる。IQの低い溝掘削者でさえ、「気象が極端になった」ことを感知できるし、さらに、支配者層は漠然とした説明だけをして、働いている家族への影響を気にかけていないように思われると分かる。そのメッセージは、たとえ何が起こっても、支配者層は庶民を助ける計画がないということだ。

★  ほとんどのあらゆる文化に、来たるべき変化について警告する民間伝承と予言がある。キリスト教徒はそれをEnd Time「終わりの時」と呼ぶ。  聖書は赤い塵と山が動くことを指摘している。イスラム教徒は太陽が西から昇ると思われる予言された6日を指摘している。そして、組織化された宗教とは全く別に、ほとんどあらゆる民族と僻地と連なった島には予言者がいる。彼らは捜すべきもの、空に見られる徴候を述べてきたし、これらの徴候が導くことを述べてきた。
    どのようにして太陽極大期が早く到来し、電気配電網と衛星系統に弊害をもたらすかというNASAの説明を、もしIQの低い溝掘削者が理解できないとしても、身内の人達や部族会や教団で議論されていることや、つるはしを持って働いている間に聞いたことと、地球の変化との間でつじつまが合っていると分かる。     支配者層は、企てられるカバーアップ(隠微)を予想して、この時の前に、予め決められていた来たるべき時についての広い知識から逃げない。このカバーアップ(隠微)は、一般市民を混乱させることがますますできないように運命づけられている。そして、実際、このカバーアップ(隠微)は、「一般市民に、支配者層が彼らを気にかけていない」ということを信じさせるだけだ。それは一つの思考力だ。

★太陽フレアと小惑星群は、惑星Xが見えるまでに接近し、もはや無視も否定もできない時のための説明として、長い間計画されてきた。その時、それは空に明るい球体として定期的に現れ、一般市民は通りに立ち、それを指差す。これを理論的に説明で きるかもしれないものとしてあるのは、その球体は太陽から切り離されたプラズマのフレアであり、  地球に到達してくる惑星Xの尾部の中の「瓦礫と赤い塵は、★不規則な小惑星の通過である」とする説明であるが、それには重要な要素が欠落している。

   一般市民はこの脅威について何をすればよくて、政府はこれに関して一般市民をどのように助けるの?

   IQの低い一般市民でさえ、侮辱され、捨てられ、嘘をつかれている時は、分かる。動物でさえ、人間が危害を加えようとするときを感知できる。それは話されている言葉を処理する能力とは全く別のものだ。

   これがもし本当に太陽から放たれたプラズマのフレアであれば、その先はどうなるのか?もしこれが本当に小惑星群であれば、政府はどのような防御策を計画するのか?

   一般市民が分かっているのは、カトリーナの後で無視されているニューオリンズのような災害だ。一方で、言葉では約束し続けている。一般市民が分かっているのは、戦争のドラムが果てしなく鳴っている間に切り捨てられた社会福祉事業の資金だ。一般市民が自ら結論を下すことができ ることは、支配者層はワゴンの周りを回っているということであり、それらのワゴンの内側の安全な地帯には、毎日一生懸命に働き税を払っている一般市民が含まれないということだ。

★それではIQの高い人達はどうか?

彼らは過去のことを研究できるし、プラズマのフレアが太陽から発射されて太陽のどちらかの側に何百万マイルも離れたところに見られることはないし、太陽の放射物が地震や火山噴火を起こさないと結論することができる。  これらの拡張された隠蔽の説明を信じることを選んだ人々は、自暴自棄から、現実を対処できないから、対処できないものを否定する必要から、そうしている。その他のこと全てについては、隠蔽は自ら死んでいくだろう。それ自身の手による死だ。   不合理な説明が、カバーアップ(隠微)が反証をあげることを望むことを、支配者層がエリート以外のだれにも気づいていて欲しくないと願っている内太陽系にひとつのものが存在するということを証明するからだ。もう一度、これらの策略はエンジニアや医者や教師といった一般市民を遠ざけることになる。

彼らが与えられる説明を信じないならば、そのときはどうか? どんな質問も尋ねられなくし、どんな真実も発表されないようにする ために、戒厳令か?

 私達が繰り返し述べたように、戒厳令は、自然災害を抗弁に使うとしても、2、3日間以上維持するのは簡単ではありません

 結局、軍隊を励ましているのは、一般市民だ!

   彼らの家族はどうか?基地の近くで生活している全ての扶養家族を世話するのに、政府にはどんな計画があるか?

   もう一度、カトリーナ被災後のニューオリンズになされた空約束のように、感情的なメッセージは真実として届く。事実がメッセージに反する時、事実は聞かれる。

★それでは、ドラゴンの爪が地球に到達し始め、隠蔽が引き裂かれる時、嘘をついている支配者層は、どこに置き去られるか?

 地獄は女性の嘲笑のように激怒しないという格言が真実ならば、そのとき一般市民の激怒が、それがやって来ていることについて嘘 をつかれていたと分かった時に、跳ね返ることはないだろう。
 ドラゴンの爪は地球や地球の大地や人々以上のものを引き裂く。隠蔽に加わった支配者層の者たちを、走っていくところも後ろに隠しておく資源もなく置き去りにし、ずたずたに引き裂く。     不合理な説明をでっちあげているNASAの者たち、隠蔽に協力した地球物理学者たち、ホワイトハウスや政治の館にいる者たちや協力している他国の権力者たち、報告する代わりに協力しているメディアにいる者達、これらの者全ては、ドラゴンの爪が虚偽を脇で引き裂き真実を明らかにし始める時、物笑いの種だ。
    市民の怒りを抑えるのに十分な警察や民兵はおらず、そのとき真実は明らかにされる。実際、★警察と民兵は暴徒に加わる。

   現在はどうか?早く塹壕に向かい、ドアをロックして、暴徒が去るのを望めば、ポールシフトがすぐに来るか?

私達が際限なく示唆してきたように、ひとつの選択肢がある。真実を話しなさい。民衆に知らせなさい。最後の時の徴候が明らかにな る時に民衆がしようとするように、民衆に各人の計画を立てさせなさい。
 これはもちろん、エリートに特権を放棄することを要求する。いずれにせよ彼らはそうしなければならない。しかし、彼らはそうするのが嫌で立ち往生する。そしてこのように、ドラゴンは爪で引き裂く!


訳By T.K.
時のサインー#1561
私はこの記事をたった今読んだところであるhttp://rian.ru/review/20060307/43994615.htmlそれは科学者の未来の太陽の嵐の予測についてである。しかし、よく写真を見なさい!

[そして別の情報源から]http://www.solcomhouse.com/ " 太陽の最少活動期と呼ばれる静かな時期に続く各11年ごとの太陽活動の最大期と呼ぶ時にある。太陽の多くの太陽黒点、太陽面フレアとコロナの大規模な放出がある。そして、その全ては地球で通信と天気に影響を及ぼすことができる。最も最近の(そして、進行中の)太陽の最大期は、★2000年中頃に最高でした。

[そして別の情報源から]計算してください!2000年に加えられる11年は、2011年(2012年でない)です。

それで、なぜ、NASAは終わりの時の有名なマヤのカレンダーの日付けの2012年を採用しようとしていますか?
 そして、なぜ、ロシアのウェブサイトは、本稿の付属物として、★太陽の隣の明らかな惑星Xを示しましたか?

 そして、特に、何故NASAは、2006年遅くに、2005年早期に太陽の最大期が来るやいなや最大期が来たと言おうと努めているのか! !
時のサインー#1560
http://sfgate.com/「莫大な太陽嵐は地球を襲う」との科学者の警告。次の黒点サイクルは電力、通信を混乱させるかもしれない。[3月7日]

『送電網を焼き、携帯電話を中断させることができて、地球に衛星を落とし、宇宙で宇宙飛行士を危険にさらすことができて、民間航空会社に彼らの無線通信を保護して、致命的な太陽輻射を避けるために彼らのルートを変えることを強制する11年の画期的な出来事、猛烈な太陽の嵐は、今秋と同じくらいすぐに始まる。
 サイクルが2012年にそのピークになる時、それは激しい放射線と直径何百万ものマイルの高速の亜原子粒子の雲で巨大な太陽の嵐を地球に投げつけます。

正確に新しいサイクルが、いつ始まるかという意見の相違があり、1人の重要な研究者は、「サイクルが2007年後半、又は2008年前半に始まる」と予測しました、そして、もう一つは、「それが今年遅く、または、2007年前半に始まることができる」と言いました。
   彼らは最も猛烈な嵐が数年の間、太陽の表面でポンと鳴り始めないことに同意しました、しかし、彼らがそうする時、彼らは巨大です。太陽の嵐は、11年の太陽サイクルの間、いつでも起こることができます。
しかし、断然、最悪の嵐は、略して、「太陽の最大限」または太陽の最大として知られている期間の間に最も起こりそうです。
最後の太陽の最大は、★2001年にありました。』
[Note: 、2年が正常に見える時に太陽の最大期が5年早いのか?何か、このNASA記事は悪臭を放つ!]