ZetaTalk:Reminder Circles #2:注意を促すミステリー・サークルー#2
2004年7月29日ー著


(#2-1)「惑星Xが黄道を貫通する時、脈を打つような行動が起こる」と、私達は言明した。再び、Tan Hillのサークルに、私達はこの昆虫を見る。これは時計回りに指しているとげを持ち、★地球を刺す用意ができていて、掃き払いは反時計回りにそれに向かっている。惑星Xは太陽の周りを、反対回りに、すなわち時計回りに、回っている。*(Milkhill : June 26, 2004)
(#2-2)「周期的な「身震い」は、「ライブの地震記録計」で示されるように、地球と他の惑星に向かってやって来る、★惑星Xの衝撃によって引き起こされ、そして、個々の惑星の自転の★逆方向は、シフトに先立つ週に地球が停止に向けて遅れる因子である」、私達は言明した。この点がまさに始まろうとしていることが、最近のAveburyのサークル(Avebury : July 26, 2004)の説明図に示されている。*(Honey Street : Jun 16, 2004)
(#2-3) 「磁気的なトリメスター」は地球の1年の間に存在し、「磁気共鳴」が作られ、そして、内太陽系内の惑星Xの存在は、この共鳴にゆがみを作り出す」と、私達は言明した。このゆがみは、惑星の近くにひどい混雑をつくり出す。
 そして「それは、Strzyzawaのサークルに示されているように、バランスをとるために、黄道のもう1つの側では混雑は軽いというように、内太陽系の全部をかき乱す。惑星Xが退去する時の23度の角度は、★これの結果であり、この混雑を減少するより容易な経路である。*(Spain : June 26, 2004)(Tegdown :June 30, 2004) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以上 訳 T.K.
黄褐色の丘:2004年7月28日

Milkhill:2004年6月26日
>

Avebury:2004年7月26日

ハニー通り:2004年6月16日

Strzyzawa、ポーランド:7月7日、2004

スペイン:2004年6月26日

Tegdown:2004年6月30日