ZetaTalk:11月の真実:November Reality
2004年11月16日ー著


 私達は先の7月に、ミステリー・サークルがタイムテーブル(時間線)の手掛かりを持っていると示唆した、そして、私達のコメントに基づいて使者ナンシーが、解明を試み、ミステリーサークルの警告している事柄が、まさに具体化しようとすることに対し、10月下旬から11月下旬にかけての日付けを提供した。

ほんの最近に、これらの予言を立証するものとして、何が出現したか?

 最初のヒントは、地球が反応する支配的な磁石として、太陽の影響に取り替わる惑星Xの影響が増加するということだった。
 ナンシーはこれを、惑星Xが地球と太陽の間に本質的に立ちに黄道に上昇するので、★11月23日までに90%に到達するまでのパーセントの増加であると解釈した。

これは起きたか?
 私達は、イタリアからの、長期間とり続けている写真家の写真を指摘する。彼の写真は、ちょうど合体した物体を捕え始めたが、その他の時では、分かれた物体として惑星Xの集合体のぼやけた球体を捕えた。

 2つ目のヒントは、惑星Xは★270度の回転をする間に、黄道で調節するが、その間に一時的に水平になり、地球が、★三日間の暗闇へと傾くが、★その時に水星が近くにあるいうことだった。
 水星は、ナンシーの解析によれば、軌道で停止している地球に対し、★11月8日頃に近くにある。

地球は今、増加するよろめきの間に、北極を太陽から遠ざけるようにすることを始めているのか?
最近の報告は何か?
「ぐらつき」は、★突然に増加した

* ハンガリー、11月14日:この日、太陽は北北西に沈んだ!ひょっとすると、地球のダンスが始まったのか?

* イタリア、11月16日:13時18分に私は太陽が西にひどく偏っているのに気付いた、次に、私はデジタルコンパスでチェックして驚いた、方位角は210度で、この時刻での本来の197度に対し、かなり大きい角度であった。(訳者ー注 )★13度の違い/EM>


* メリーランド州、11月13日:私はかつて太陽が南西に沈むのを見た記憶はない。まるで別の日のように思える、以前は真西のおよそ僅かに北であった。★45度以上の差

* オーストラリア、11月13日:南半球では昨日、太陽は5度南寄りに沈んだように見えた。これはしばしば、天の南極(SCP)の位置の最近の観察によって立証されることができる。午後9:00の夜空の観察では、天の南極は、私の計算によれば、目標の位置よりも、左に★約7度、地平線の方へ5度下にあった

3つ目のヒントは、太陽の中央部の回りを太陽に戻っている粒子流に関することであり、惑星Xは黄道を突き抜けて行こうと戦っているので、これで「もてあそばれる」ことの増加であった。ナンシーはこれをどのように扱えば良いのか知らなかったし、辿るための何のデータも持っていなかった。しかし、太陽活動極小期の現在の太陽フレアは、★これらの乱された粒子流を示している。粒子流は、惑星Xの周りを流れなくてはならず、障害物と空間をつくり出し、★太陽表面をかき乱している。

 4番目のヒントは、太陽の「吹き払う」腕によって引き起こされる規則的な乱打と、その結果、惑星Xの前でカップに入れられ、渦巻く粒子流の中に捕らえられた惑星間での鞭打ちとが、増加することを示唆した。
 ミステリーサークルの類推は、飛んでいる昆虫であった。反響音が、それらが途切れなくなるまで増加する。「吹き払い」によって引き起こされた乱打は、ちょうど今月に、この程度にまで増大しなかったか?


以上 訳T.K.